2016年09月25日

記紀万葉サークル9月例会「鳥屋町から新沢千塚を巡る」

9月10日(土)参加者19名

少し早い目に集合した人にはラッキーなハプニングがありました。橿原神宮前駅東口改札前集合となっていましたが、9時半頃には既に5,6人が集まっていました。この時、駅長さんと助役さんが、改札口から現れ、誰かを出迎える様子です。車から降りてきた人の中に若い女性が二人含まれていて、どこかで見た顔です。そうです、リオ五輪バドミントン女子Wで、金メタルを取った高橋さんと松友さんです。この日は橿原市主催で橿原神宮前駅から橿原神宮まで優勝パレードを行うことになっている日でした。彼女たちは我々の目の前を縫って改札口に向かったのです。思わず拍手をすると、にっこりと笑顔で返されました。思いがけないラッキーなハプニングに恵まれました。

7月9日に実施するはずであった記紀万葉サークルの7月例会「鳥屋町から新沢千塚を巡る」が雨のため中止となり、この日、9月10日に再チャレンジされました。出発前に今回初参加の6人が紹介され、総数19名でスタートしました。

・軽寺跡
橿原市大軽町の軽寺跡をまず尋ねました。現法輪寺と北側の春日神社辺りが軽寺の跡と言われています。現地には橿原市教育会により「応神天皇軽島豊明宮跡」と書かれた碑が建っていた。
・久米寺
聖徳太子の弟、来目皇子が創建したと伝えられる説、聖武天皇の世に活躍した久米仙人が開いたという伝説、久米一族の氏寺であるといわれるなど、多くの由来を持つ寺である。
・益田池堤跡
平安時代、高さ8m、幅30m、長さ200mの堤防を築き、高取川を堰き止めて、巨大な灌漑用の池が建築されたのが益田池である。その規模は橿原ニュータウン全域に相当し、貯水量は160万トン程であったとされる。その堤の一部分が残っている。橿原市の遺跡に指定されてはいるが、頂に登る道も見分けがつかないほど、夏草がぼうぼうと生えていた。藪蚊に悩まされながら、ここで昼食をとる。
この堤の北側あたりの地名が、橿原市西池尻町である。池尻という地名から、そこまで益田池が広がっていたようだ。

20160925_1.jpg
<益田池堤跡にて昼食>

・鳥坂神社、宣化天皇陵(鳥屋ミサンザイ古墳)、倭彦命墓(桝山古墳)
食後の行動は築坂邑と記された標識を見ながら鳥坂神社、宣化天皇陵(鳥屋ミサンザイ古墳)、倭彦命墓(桝山古墳)を順に巡り、本日のメインの新沢千塚古墳群を目指す。

20160925_2.jpg
<鳥屋町を歩くメンバー達>

・新沢千塚古墳群
橿原市南部の貝吹山の北西山麓に存在する約600基からなる古墳群をさすが、一般的には北西端に密集する350基程の古墳群が知られている。今回は北西部の一部分を歩く。30°Cを超える炎天下を歩いたことで、皆疲れ気味である。
代表的な126号墳をまず尋ねる。説明版には出土品が掲示されていた。それによると、耳飾り、指輪、盆、ガラスの椀・皿などともに非常に珍しいものとして熨斗(のし)(火を使うアイロン)などがあった。これらの出土品はすべて東京の国立博物館に展示されている。

20160925_3.jpg
<新沢千塚126号墳にて>

この出土品から被葬者の集団は、渡来系氏族と有力視されていたが、他の古墳からは、甲冑、武器、武具、馬具などが出土しているので、強大な武力集団の古墳とも考えられる。また、それらが共存していたのかもしれない。
・橿原市博物館
暑さに疲れた体には、冷房の効いた建物に入れただけで、ほっとした。
学芸員が丁寧に橿原市付近の歴史を説明して下さったがあまり記憶にない。せっかく新沢千塚古墳群の真っただ中にある博物館だからもう少しこの古墳群に関連した展示があっても良いと思う。

20160925_4.jpg
<126号墳出土品(複製)を見る>

帰りは橿原神宮前駅までバスを利用して帰る。歩いた距離は今回が最短であたかもしれないが、暑さに疲れた。我が橿原市を訪ねていただき、有難うございました。

文:前防道徳(記紀万葉サークル) 写真:田中昌弘(同)
 
posted by 奈良まほろばソムリエ at 21:13| Comment(0) | 探訪G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

保存継承グループ「大和の祭礼見学・8月」<ほうらんや火祭り>

(1)ほうらんや火祭りとは
橿原市東坊城町内の5地区(弓場・川端・大北・万田・出垣内)と隣接する古川町と合わせて6つの字から、春日神社(大松明4本、役松明2本)、八幡神社(大松明6本、役松明3本、8/14の宵松明1本)へ計16本の松明が奉納され、繰り出した大勢の男衆が火のついた大松明を担ぎ、両社の境内を練り歩く勇壮で賑やかな祭りである。
奈良県の無形民俗文化財に昭和57年3月に指定されている。

平成28年8月15日(月)、例年通り午後1時から春日神社で、午後3時から八幡神社で暑さ真っ盛りの中、「ほうらんや火祭り」は実施された。
当グループでは八幡神社(坊城駅から徒歩5分)の境内で実施された火祭りを7名の会員で見学した。

(2)坊城駅前の大松明にびっくり
午後2時過ぎ近鉄南大阪線の坊城駅南口に降り立つと、駅前に大松明がでんと鎮座していた。(万田区の大松明。早朝から作成された。)

20160828_1.jpg
<サイズは大きいので高さ約3m、直径約2m、重さは約450kgもあるらしい。ほどなく八幡神社に運び込まれる>

(3)八幡神社に次々と運び込まれる松明
午後2時35分ごろ1番目の大松明(大北区)が30人ほどの男衆によって八幡神社に運び込まれ、拝殿の前に奉納された後、大松明を運び込んだ男衆が並び、太鼓と鈴が打ち振られ、御祓いを受けた。この後、順次運び込みが続く。
     
20160828_2.jpg
<次々と運び込まれる大松明>

午後3過ぎに大松明6本と役松明(小さな松明)3本が全て奉納され、拝殿の前に整列された。なお、松明は割り竹をすだれ状に編み、これに小麦藁や菜種殻、竹笹を巻き込み、ずん胴状に締め付け、その腹部を3〜5箇所注連縄で巻き付け、最上部の注連縄に幣(しで)を取り付け、頭部正面には「えび」という注連縄を飾り付けてある。

(4)神事開始
 午後3時25分頃に神事開始のアナウンスがあり、この火祭りは(五穀豊穣)・(無病息災)を祈念して行われるとの説明があり祝詞奏上・玉串奉典に移った。

(5)大松明への点火と境内の練り歩き
午後3時45分頃から、まず拝殿の正面に奉納された大松明(大北区)を約30名の男衆がオーコと呼ばれる太いにない棒で担ぎ、火をつけないで境内を一周した後、正面で神前から採られた火をつけ、「ワッショイ、ワッショイ」と大きな掛け声と共に、境内を2周した後、正面に降ろされ燃えるままにしておく。
順次同様のことを残る5本についても実施された。
気温が36度を超えて暑い上に、大松明の火の熱気と男衆の力のこもった真剣な熱さが、見学者にもジンジンと伝わってくる。

20160828_3.jpg
<点火された大松明は時計回りに境内を2周する>

20160828_4.jpg
<気温36度と大松明の火力と男衆の熱気がすさまじい>

(6)祭事の終了
午後5時頃、燃やされた6本全ての大松明が拝殿の前に置かれ、最後に3つの役松明に点火される。祭事が終わると拝殿内から手打ちが起こり、これに呼応して氏子から手打ちが起こってお開きになった。

20160828_5.jpg
<3本の役松明に点火され最後の手打ち式で終了する>

(7)村島兵市氏へのインタビュー
後日、長年八幡神社宮総代を務められたことのある村島兵市氏に「ほうらんや火祭り」について、素朴な質問を通じて、貴重なお話と資料を拝見することができた。
@「ほうらんや」の意味
「ほうらんや」の意味・語源は不明。
Aなぜ男衆は浴衣なのか
浴衣・地下足袋が昔からの本来の伝統。
B神社と祭りの歴史は?(村島家で古文書を拝見した)
・八幡神社宮座が所有の古文書によると、八幡神社は元和元歳(1615)8月吉日の「宮座帳箱」や元和玖暦(1623)の奉加帳の記述、隣接する大日堂の仏画(奈良博へ寄託)からも創建は、室町時代まで遡ることができると見られる。
・祭りの歴史は、伝承では一説に300年ほど昔、八幡神社の一隅にあった豪族の墓地を移動させた折に、さ迷った亡霊を鎮め清めるために始められたと伝わる。
・祭りの記録資料としては唯一、村島家所蔵の万延元年(1860)の庄屋「村島吉助の日記」が残っており、多人数参加の神事が古法に則り、厳格に行われていたことが窺い知れる。
C保存継承についての問題点・課題等
・資材調達の問題、・作り手、担ぎ手の不足の問題、・技術伝承の問題等を指摘。
最後に、ほうらんや火祭りについては古来の神事として継続の決意を語られた。


(写真・文  保存継承グループ  亀田幸英)

posted by 奈良まほろばソムリエ at 09:41| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

忍性生誕800年 記念講演

平成28年7月16日、真言律宗般若寺住職・工藤良任師による講演会が、奈良市西大寺のサンワシティで行われた。主催は当会・保存継承グループ。
7月23日から奈良国立博物館にて開催される特別展「忍性―救済に捧げた生涯―」にさきがけての講演ということで、「忍性の生涯」をテーマにお話しいただいた。

忍性の奈良での活動の拠点といえば、般若寺。忍性菩薩顕彰に取り組んでいる当寺工藤師による講演ということもあり、50人の募集を大幅に超える60余人の聴講者で、当日は椅子を補充。満員の熱気に包まれながら、工藤師の穏やかな口調の講話が始まった。

20160721_1.jpg
(講演会の様子)

まずは、真言律宗についての、少々難解な仏教教義からの講義であった。
真言宗の僧が釈迦の戒律を重んじて修道生活をする「真言律」が、明治になって正式に宗派名となったのが「真言律宗」とのこと。なかでも叡尊師は菩薩行を基本とし戒律復興につとめ、鎌倉時代の西大寺を、唐招提寺や東大寺戒壇院などに次ぐ、律宗の代表寺院とした。
師の興正菩薩叡尊(大和郡山市白土出身)、弟子の忍性菩薩(三宅町屏風出身)、同じく弟子の慈真和尚(大和郡山市額安寺出身・後醍醐天皇の護持僧)が、「真言律宗の三祖」と称される。
しかし師叡尊は「慈悲の心が最も優れているのは忍性」と称賛したという。

20160721_2.jpg
(真言律宗般若寺住職・工藤良任師)

来年は興正菩薩叡尊の高弟・良観房忍性(1217−1303)が、健保5年(1217)7月16日に奈良県三宅町で誕生されてから800年という記念の年に当たる。(奇しくも当講演日は忍性のお誕生日!)
忍性は、母の逝去を機に額安寺に入って剃髪し、その後西大寺中興の祖・叡尊に師事し、奈良坂、般若寺近郊の北山宿(現北山十八間戸)などで文殊供養とハンセン氏病患者救済を実施した。

20160721_3.jpg
(北山十八間戸(奈良市・国史跡))

建長4年(1252)、東国布教のために関東に下向。文永4年(1267)、北条重時の召請により鎌倉極楽寺に入り、真言律寺院として民衆救済活動の拠点に発展させた。嘉元元年(1303)同寺にて87歳で入滅。墓所は極楽寺の他、奈良県の額安寺と竹林寺に分葬されている。

日本初の仏教通史『元亨釈書(げんこうしゃくしょ)』(1332年)におさめられた、忍性の慈悲を表す逸話の紹介では、「奈良坂に癩者たちがいた。手足がねじれており、町に物乞いに行こうにも歩くことができない。そこで西大寺にいた忍性が夜明け前に奈良坂に行き、癩者を背負って町に出、奈良坂北山宿で風呂に入れるなどの救済活動をして、西大寺に帰る。この施行を一日おきに数年間続けた(後略)」そうだ。
また、極楽寺では救済事業の諸施設の中に、「坂下馬病屋」という馬や牛の病院まで造った。文殊菩薩の化身と称される、忍性菩薩の慈悲の心は人間のみならず、牛馬にまで及んだという話に、聴講者たちはただ聞き入るばかりであった。

20160721_4.jpg
(鎌倉極楽寺本堂)

20160721_5.jpg
(忍性菩薩像(極楽寺蔵))

講話の終盤は、忍性の日本仏教における意義について、
「忍性は心の救済だけでなく、生活全体からの衆生済度を実行、戒律の根底にあるお釈迦様の衆生救済の心に忠実であろうとした。煩悩充満の穢土である娑婆世界で貧窮、孤独、苦悩を背負って生きる衆生を救いたいという、熱い慈悲の心に生きた菩薩であった」。
一方、死者の弔い、ご利益、観光に特化されがちな現在の日本の仏教界の現状をどう見るか?
「忍性生誕800年を機に、もう一度、仏教の存在を考えるべきでは」と、工藤師は結んだ。

写真・文 小倉つき子

posted by 奈良まほろばソムリエ at 21:00| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

安産寺の子安地蔵菩薩を訪ねて

7月2日(土)9時40分集合で、三重県と奈良県の県境に近い三本松駅に降り立った。
山あいに佇む駅の前は宇陀川が流れ、宇陀の趣を醸し出している。梅雨というのに、まぶしいほどの太陽が参加者19名を迎えてくれた。

20160709_1.jpg
(三本松駅)

三本松の地名は、鎌倉幕府第5代執権・北条時頼が行脚のおり、この地に植えたと伝わる大樹に因んでいる。

最初に、本日の目玉である安産寺へ向かう。
三本松駅から程なくして、安産寺に到着。子安地蔵菩薩とよばれる平安時代の一木造りの地蔵菩薩立像(国重文)が安置されていることで有名である。とはいえ、一人では、なかなかに訪ね難いところである。今日は、史跡等探訪サークル世話役のご尽力で、地元の安産寺保存会の人々に寺院を案内していただいた。

20160709_2.jpg
(安産寺でのお話)

ここの子安地蔵菩薩は、その昔、豪雨で宇陀川が増水したとき、上流より流されてこの地に流れ着いたと伝わる。また、室生寺金堂の本尊・釈迦如来立像の様式と極めて似ている点や、金堂の地蔵菩薩像に不釣り合いの板光背が、ここの子安地蔵菩薩とぴったり一致すること等から、近世に室生寺金堂から移安されたとも伝わる。今日の最後は、室生寺で金堂の仏さま方にお目にかかることとなっており、その時に、地蔵菩薩像の光背をしっかりと拝見してみたい。

次に長命寺・琴引峠へ向かう。
ここも訪ねてみたかったところである。琴引峠の名は、源義経や北条時頼の伝承に由来する。この琴引峠は、伊賀から大和に入って越える最初の峠であり、本居宣長や松尾芭蕉もここを通ったことでも有名である。しかし、近鉄の線路を通すために峠が削られ、残念ではあるが、往時を偲ぶのはかなり困難な状況である。

20160709_3.jpg
(長命寺)

20160709_4.jpg
(琴引峠跡碑)

続いて海神社。ここに安産寺の子安地蔵菩薩が流れついたと伝わる。ご祭神は豊玉姫命。海のない奈良に海神社は四社あり、その中の一社である。本殿から正面の鳥居越しに宇陀川、伊勢街道、鎌倉山、それに安産寺も望める。

20160709_5.jpg
(海神社)

20160709_6.jpg
(海神社付近から鎌倉山)

海神社から滝谷花しょうぶ園の横を通り、さらに進むと「大師の道」に突き当たる。「大師の道」は、三本松から山越えで室生寺へ向かう古道で、なかなかに趣のある名前である。ちょっと楽しみ。

20160709_7.jpg
(花しょうぶ園への道のアジサイ)

20160709_8.jpg
(大師の道の入口)

しかし、甘かった。(笑)この暑さ。室生寺に着く頃には、少々、疲れた。
道中、なかなかの見所もあり、時候の良い頃にもう一度歩いてみたいコースである。

20160709_9.jpg
(大師の道)

20160709_a.jpg
(峠の茶屋跡)

最後は、室生寺。
なにはともあれ、金堂の仏さま方を、拝観。確かに、お地蔵さんの光背は、不釣り合いに大きい。安産寺の子安地蔵様がぴったり。安産寺で見せてもらった合成写真に納得である。

20160709_b.jpg
(室生寺金堂)

帰りは、室生寺から室生口大野駅までバス。

暑かったけど、普段、訪ね難いコースで大変有意義な例会でした。世話役の皆さん、ありがとうございました。

写真 小林誠一  文 秋山博隆
posted by 奈良まほろばソムリエ at 20:52| Comment(0) | 探訪G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

百万本のツツジが見頃を迎える大和葛城山を訪ねて

5月21日、史跡等探訪サークルの今回の活動は大和葛城山登山。
9時過ぎ、近鉄御所駅に参加者11名が集合しました。

20160609_1.jpg
【加藤さんの指導で準備体操】

御所駅からバスでロープウェイ葛城登山口駅前に到着。準備運動をしっかりとし、9時50分に登山開始。約3kmの「櫛羅(くじら)の滝コース」を行きます。

20160609_2.jpg
【櫛羅の滝】

10分ほどで櫛羅の滝に到着。説明板によると弘法大師が天竺のクジラの滝に似ているために供尸羅(くじら)と名付けましたが、「供尸」は「供に屍」と書くため良くないと、その時の領主が「櫛」の字に改めたといいます。

20160609_3.jpg
【石畳の登山道】

そこからは長い登り、約30分に1回休憩を取りながらのペースで進んで行きます。特に前半の急な階段が続くところはきつく、かなり体力を消耗しました。登山の本やテレビでよく目にするように、なるべく小股でゆっくりと登ることを心がけました。

20160609_4.jpg
【落石で崩れた歩道】

この櫛羅の滝コースはよく整備され道標や目標位置の番号表示も完備していますが、過去何度か台風による崩落で通行止めになった事があるようで、途中その爪痕をいくつか目にしました。
コースも半分を過ぎると、体が慣れたのか少し楽になってきました。
「大阪開通講」という岩場を過ぎると、登りも終盤です。
11時50分、広い舗装路に出ました。山頂まではもう少しあるようですが、とりあえず登りの一区切り。そこからすぐの所に「葛城天神社」が鎮座していました。

20160609_5.jpg
【葛城天神社】

ご祭神は国常立命。この境内は「天神の森」と呼ばれてきたそうです。天つ神を祀る天神社は県内他にも数カ所あるようで、例えば耳成山にも昔天神社があり、天神山と称されていた時があったそうです。
また、この葛城天神社は加茂(鴨)氏の祖・加茂建角身命の神跡と伝わることから「鴨山」とも呼ばれてきたそうです。
神社から歩いてすぐロープウェイの葛城山上駅に到着。登山口駅から約2時間かけてここまで登って来ましたが、ロープウェイを使用すればたったの6分で着いてしまうそうです。

20160609_6.jpg
【展望台から奈良盆地を望む】

駅舎の上が展望台になっており、上がってみると大和三山や吉野の山々をのぞむことが出来ました。
そこから舗装路の坂道を登っていくと食堂などが現れ、観光地らしい雰囲気になっていきます。展望の良いベンチで昼食休憩となりました。

20160609_7.jpg
【山頂】

昼食後少しだけ登り、12時50分、ついに葛城山頂に到着です。標高959.7m。こちらで集合写真を撮りました。山頂は高原のように広くなだらかでした。

20160609_8.jpg
【ツツジ(当日の写真)】

山頂南斜面に有名なツツジ園が広がっていました。今年は花期が早かったようで見頃は残念ながら終わっていましたが、「一目百万本」と言われる壮大な光景は圧巻でした。これらは全て自生するヤマツツジだということです。

20160609_9.jpg
【ツツジ(最盛期の写真 2012年5月13日)】

20160609_a.jpg
【金剛山】

お隣には金剛山の雄姿。古くは葛城山・金剛山を総称して「葛城山」と呼んだそうです。

下山すべく舗装路の道を降りていくと右手に「婿洗いの池」への表示がありました。この池には行きませんでしたが何とも珍しい名前です。昔、村人たちが雨を降らせるため竜神を怒らせようと、竜神の祠を壊して池に投げ込み、新しく村に来た婿養子も一緒に投げ込んで荒縄でごしごし洗い、半死半生の目に遭わせたという不思議な伝説があるそうです。

13時20分、下山開始です。「自然研究路」から「北尾根コース」を通ってもとのロープウェイ葛城登山口駅に戻るコース。
自然研究路はその名のとおり葛城山の自然に関する説明板がところどころに現れます。基本的に歩きやすい道で、「カタクリの花」群生地もあるようでした。
4月頃に薄紫の美しい花を咲かせるそうです。
その後の北尾根コースは急な下り坂が続きます。道は乾いているものの大変滑りやすく、大きな段差も何か所かあり慎重に降りて行きました。
そして15時、登山口駅に全員怪我もなく無事に戻ってくることが出来ました。

登山後はいつもそうですが、登り下りの苦しかったことは忘れて大きな達成感と爽快感だけが残ります。これまで県内各地のいろいろな地点から「あれが葛城山だ」と眺め、憧れていた山に登る事が出来た喜びは大きいものでした。当サークルの普段のウォーキング活動に比べると随分ハードでしたが、時にはこういう登山活動も良いものだと思いました。
下見と当日のお世話をしてくださった大村さん、小林(誠一)さん、豊田さん、ありがとうございました。そして加藤さん、最初から最後までの先導役、本当におつかれさまでした。

写真 小林誠一  文 藤原麻子
posted by 奈良まほろばソムリエ at 20:51| Comment(0) | 探訪G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする