2017年05月25日

記紀万葉サークル5月例会「蘇我氏ゆかりの地を巡る」

5月13日(土) 参加者24名

5月13日、夜半からの雨が残る中、2月に行われる予定だった例会が催行されました。雨をものともしない熱心な参加者が24名、橿原神宮前駅東口に集合されていました。案内をしていただいたのは、いつもエネルギッシュな富田良一さんです。
今回は、表題の通り、蘇我氏に関連する場所を尋ねるのですが、蘇我氏4代の家だけでも、稲目が「小墾田の家,向原の家、軽の曲殿」馬子が「石川の邸宅,槻曲の家、嶋の家」蝦夷が「豊浦の家、畝傍の家、甘樫の丘・上の宮門」入鹿が「甘樫の丘・谷の宮門」など日本書紀に記載されているだけでも、すごい数です。
集合場所がすでに橿原遺跡・丈六遺跡に含まれていて、蘇我氏の領域の真っただ中に足を踏み入れた感がします。
先ず向かったのは、厩坂宮・厩坂寺伝承地です。コンビニの脇の細いあぜ道を進むと大きな土壇が残されており、ここに大寺が建っていたのかと納得。
厩坂寺は興福寺の前身寺院ですが、馬子の娘の「法提郎娘媛」を妃にしていた34代舒明天皇が半年ほど宮として滞在し、後に寺としたということです。

20170525_1.jpg
<厩坂寺伝承地>

次は、「本明寺」という大軽町の集落の中にひっそりとたたずむ小さなお寺を尋ねました。稲目の「軽の曲殿」また馬子が仏殿を造り、<仏法の始まり>と言われる「石川の邸宅」の跡の伝承地です。
それからまた迷子になりそうな、集落の細い道を進み、着いた所は「法綸寺」と、隣接する「春日神社」です。
ここが、「軽寺」の跡地と考えられています。日本書紀に「檜隈寺、軽寺、大窪寺それぞれに30年を期限として寄進する」との記事が見え相当の大寺であったことがうかがえます。また、境内には15代応神天皇の「軽島豊明宮跡」の伝承地であるという石碑が建っていました。古市古墳群の中にある、応神天皇陵とされる巨大古墳のことが思い起こされ、ひっそりと建つ石碑が対照的に思えました。

20170525_2.jpg
<軽寺跡>

次に案内されたのは、最後の巨大前方後円墳と言われる「五条野丸山古墳」です。
墳長310メートルは、もちろん奈良県1位、全国6位の大きさです。
被葬者は「蘇我稲目」、「稲目の娘であり、欽明天皇の妃の堅塩媛」、「欽明天皇」等が有力視されています。
前方部から東の方角にある、推古天皇と竹田皇子の墓といわれる「植山古墳」を遠望しました。近く公園として公開される予定だそうです。二つの石室があり、家型石棺が置かれていたものと思われます。推古天皇は後に太子町の磯長谷に改葬されました。推古天皇は欽明天皇と堅塩媛の娘で稲目の孫にあたります。

20170525_3.jpg
<丸山古墳後円部へ>

そして、蘇我氏の祖先ともいうべき「竹内宿祢の祖父」とされる、彦太忍信命(ひこふつおしのみこと)の父である8代孝元天皇の陵(剣池嶋上陵)を尋ねました。
陵そのものは文久の修陵時に3つの古墳を一つにしたものです。
竹内宿祢の後裔として、古代地方豪族の、蘇我氏、巨勢氏、平群氏などの名が挙げられています。
剣池を過ぎ、和田廃寺を目指します。丸いこんもりとした、何の変哲もない
塚がそれです。はじめは馬子が建立した寺の塔跡と思われていましたが出土した軒丸瓦が7世紀後半のもので、時代が合わず馬子建立の寺ではないことがわかりました。塚も1辺12.2メートルの基壇の塔跡で「葛城寺」とみる説が有力になっています。「聖徳太子伝暦」に「賜蘇我葛木臣」の記述があり蘇我氏の一族に葛木氏がおり、その氏寺ではないかと考えられています。
次に向かうのは、「古宮土壇」です。当初は小墾田宮跡伝承地とされていましたが、雷丘東方遺跡で「小治田宮」と書かれた墨書土器が出土したことで、小墾田宮ではないことが明らかになっています。発掘調査の際には飛鳥時代前半の掘立柱建物や庭園の跡が見つかり、蘇我氏の邸宅跡ではないかと考えられるようになっています。土壇も調査で中世のものと判明しています。

20170525_4.jpg
<古宮土壇で説明する富田さん>

いよいよ飛鳥の中心部に入っていきます。稲目が「向原の家」を仏堂とし、592年には、推古天皇の宮となり、ここに即位をしました。そののち、603年に推古天皇が小墾田宮に移り、豊浦寺になったと思われます。現在、向原寺が法灯をつないでおり、飛鳥時代の遺構を見ることができます。また、蝦夷は「豊浦大臣(とゆらのおおおみ)」と呼ばれており、このあたりに邸宅を構えていたのではないかと思われています。
そして、古代の裁判である「盟神探湯(くがたち)」神事が行われる甘樫坐神社に立ち寄り、今日の昼食場所の甘樫丘休憩所に到着です。

20170525_5.jpg
<豊浦寺石敷と豊浦宮遺構(下層部分)>

さて、午後からは甘樫丘の遊歩道を展望台まで登ります。雨も上がり、雨に濡れた木々がしっとりと新緑に輝いて本当に美しく、爽やかな空気を思い切り吸って、次の目的地に向かいます。
展望台からは東の足下に飛鳥寺、入鹿の首塚、右に視線を向けると、飛鳥京跡、さらに奥には島庄遺跡、石舞台古墳、都塚古墳、などなど蘇我氏の遺跡の中でも最も有名な場所がずらりと並んでいますが、今回は遠望するのみでした。
甘樫丘の尾根を歩いて向かうのは甘樫丘東麓遺跡です。ここは日本書紀に書かれている蝦夷の「上の宮門」、入鹿の「谷の宮門」と呼ばれた、それぞれの邸宅があった場所とされています。
乙巳の変の際、蝦夷はこの邸宅に火を放って死んだといわれており、焼土の堆積や、7世紀前半の大規模な整地や石垣の存在、7世紀半ばには再び大規模な整地が行われ、7世紀後半にかけて、建物を建て替えながら継続的に使用された跡がうかがえます。ただ建物の規模が小さく、今後も調査され、全容が解明されるのはまだ先のことかも知れません。

20170525_6.jpg
<甘樫丘へ>

さて、次は2015年1月に発見された小山田古墳に到着。最近では一番大きな話題を呼びました。1辺が約50メートルの方墳で、舒明天皇の初葬墓である「滑谷岡陵」ではないかとされましたが、別の研究者は、蝦夷・入鹿親子が生前に造ったといわれている『今来の双墓』の蘇我蝦夷の「大陵」で、すぐ西にある、菖蒲池古墳が入鹿の「小陵」にあたるという考えをしています。
ところが今年(2017年1月)に別のところを調査したところ、横穴式の羨道部が見つかり、1辺70メートルという全国でも最大級の巨大方墳と判明しました。橿原考古学研究所は「舒明天皇の初葬墓の可能性がさらに高まった」としています。築造年代も640年ごろと分かり、舒明天皇の崩御の時期(641年)に合うこともわかりました。
そして、すぐ西側の菖蒲池古墳の見学をしました。明治時代は、石室が露出した状態でしたが、今は覆屋があり、竜山石製のくりぬき式家型石棺が2基南北に並んでいます。被葬者についてもいろいろな説がありますが、現在は小山田遺跡との関連が取りざたされています。謎の多い古墳ですね。
次に宮ケ原1・2号墳の話を道端で聞きました。というのも宅地の造成で今は住宅が建っており、完全に地下に埋もれてしまったもので、2基の石室が東西に並んで構築されていました。
これもまた蝦夷と入鹿の「今来の双墓」の可能性も・・・・。
さらに古代の古墳の中で被葬者が確定されている数少ない古墳である「天武・持統合葬陵」を通り、精緻な切石で造られていることが分かっている金塚古墳(平田岩屋古墳)を過ぎ、欽明天皇陵と言われている、「梅山古墳」に到着。ここの周濠も文久の修陵時に造られており、明日香では最大の前方後円墳です。被葬者も欽明天皇、蘇我稲目が挙げられており、葺石が見事だったそうです。
「稲目さんもあちこち言われて忙しいなあ」と富田さん。全くです。
皆さん、大笑い!
次いで、すぐ横の「吉備姫王墓」に行きました。猿石が4体おかれています。これも飛鳥を代表するミステリーストーンの一つです。
「吉備姫王」は天智、天武天皇の祖母で、この方の墓も飛鳥駅のすぐ西にある「岩屋山古墳」が候補に挙げられています。
これにて、今回の「蘇我氏ゆかりの地を巡る」ツアーは終了しました。
盛りだくさんで、よく歩きました!歩数計は2万歩を超えていました。
まだまだ謎の多い明日香、これからどんな大発見があるのでしょう!?
いつもわくわくさせてくれるところです。楽しかった!
                         
20170525_7.jpg


文 西口つねみ  写真 田中昌弘

posted by 奈良まほろばソムリエ at 20:56| Comment(0) | 探訪G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

女性グループ(ソムリエンヌ)活動報告「万葉の植物ウォッチング・奈良公園〜白毫寺」

5月のソムリエンヌの活動は、万葉集に詠まれた植物を観察しながら奈良公園周辺のハイキングです。万葉集には約4500種の歌が収められていますが、そのうちの3分の1に花や植物が詠まれています。ゴールデンウィーク真只中の奈良公園は予想通り観光客で溢れていました。

【行程】
猿沢池―興福寺南円堂―興福寺本坊―江戸三―鷺池―志賀直哉旧居―新薬師寺―昼食「花」―白毫寺―飛鳥中学校前―ささやきの小径―飛火野―雪消の沢解散(歩行距離約10キロ)

20170517_01.jpg
【采女神社にて自己紹介】

5月3日、猿沢池前の采女神社前に集合です。案内は森林インストラクターとしても活躍されている木村洋子さんです。今年ソムリエンヌに入会された大谷さんも参加してくださいました。自己紹介を終えたあと三条通りから興福寺南円堂に通じる参道の階段を登り、南都八景の一つ、南円堂の藤や橘を見学した後、興福寺本坊へと向かいます。

20170517_02.jpg
【興福寺本坊付近にてマツの説明】

0141:磐白の浜松が枝を引き結び ま幸くあらばまた帰り見む
マツは種類が多く、クロマツ(オマツ)とアカマツ(メマツ)が代表的なもので、クロマツの松ぼっくりは成熟するのに2年半かかるそうですが、アカマツは1年半で成熟するとのこと。アカマツとクロマツの簡単な見分け方は樹皮の色を見るか、わかりにくい場合は松葉に触って鋭くて痛いのがクロマツ、柔らかいのがアカマツだそうです。マツはどこに行っても当たり前のように出会うので、このふたつの違いが判るだけでマツに愛着がわきました。

20170517_03.jpg
【江戸三の庭園にて】

人混みを逃れて奈良公園内にある江戸三から浮見堂のある鷺池へと移動します。終わりに近づいていましたが奈良の八重桜が咲いていました。花びらの数が多いのが特徴で、チアガールが持っているボンボンのよう。桜の花の塩漬けに使われるのが八重桜だそうです。奈良の九重桜と花の様子がよく似ていますが、萼(ガク)の数で見分けられるそうです。八重桜は5枚、九重桜は10枚。ちなみにエドヒガン桜(薄墨桜)はガクの下が壺型に丸くなっているのが特徴とか。桜は馴染みの深い花ですが、こんな豆知識を教えてもらいながらウォーキングは盛り上がります。

20170517_04.jpg
【土塀のテイカカズラ】

1046:岩綱のまた変若ちかへりあをによし 奈良の都をまたも見むかも
「岩綱」とはテイカカズラのことで、初夏に良い香りのする白い花を咲かせます。藤原定家が亡くなった後に植物となり、式子内親王の墓に巻きついたのが名前の由来という伝説があるそうです。

20170517_05.jpg
【鷺池の椎の木】

0142:家にあれば笥に盛る飯を草枕 旅にしあれば椎の葉に盛る
歌のように葉に飯を盛ったなら、もっと大きな葉を想像するのですが、椎の葉は長さ8〜9cm、幅4〜5cmです。飛鳥時代、有間皇子が旅の途中に心情を詠んだのでしょう。椎の木の果実はいわゆるドングリですが、このドングリは食べられるそうです。アクが強く食べられないのはコナラやクヌギのドングリで、椎の木のドングリは皮を剥いて生でもOK。フライパンで炒っても美味しいそうです。ちなみに奈良公園から春日山遊歩道にかけてドングリのなる木が10種類以上も確認されているそうです。

20170517_06.jpg
【志賀直哉旧居近くにて】

ハウチワカエデ。葉の形が団扇に似ているのが名前の由来です。

20170517_07.jpg
【高畑、小道で小休憩】

柚子味噌田楽の美味しいお店で休憩です。ご年配のお母さんがおられて、とても親切。お話し好きな方で気持ちを和ませてくれます。

20170517_08.jpg
【モッコウバラ】

見事なモッコウバラに思わず立ち止まります。このバラは八重咲きのトゲのないバラで江戸時代に中国から入って来たようですが、秋篠宮真子様のお印に決められてから有名になったそうです。育てやすいバラなので、家の庭先などでよく見かけます。

20170517_09.jpg
【オドリコソウ】

笠をかぶった踊り子が輪になって踊っているように見えることから名付けられた可憐な花です。道中、珍しい草花や樹木に時おり足を止めながら、新薬師寺から南東へ、能登川の小さな橋を渡って昼食場所の「花」に向かいます。

20170517_10.jpg
【野菜と雑穀、糀の店、花にて記念撮影】

人気メニューの花盆ランチは月替わりで料理のテーマが変わるそうです。酵素補給でモヤモヤした体をスッキリさせてくれる健康ランチを頂きました。彩りもきれいで楽しい食事タイムでした。さて、食事を終えウォーキングの再開です。白毫寺の東、寺山霊園祖霊堂から飛鳥中学校前までの静かな里の道を歩きます。

20170517_11.jpg
【ニガイチゴ】

別名山帰来(サンキライ)は茎には鋭いトゲがあり、猿の体に引っかかり嫌うためこのような名前が付いたそうですが、この若葉で柏餅のカシワの代わりに用いる地域もあるそうです。

20170517_12.jpg
【イラクサ・カワラフジ】

3855:かわらふじに延ひおほとれる屎葛 絶ゆることなく宮仕へせむ
かわらふじはジャケツイバラの事だろうと言われています。茎にトゲのある植物ですが、そのかわらふじにまとい付いて延びるヘクソカズラのように、したたかに絶える事無く宮仕えをしようという意味。これは現代にも通用する歌ですね。

20170517_13.jpg
【ウツギ・空木】

枝を折ってみると中が空洞になっています。名前の由来がわかると難しい植物の名前も覚えやすいです。

20170517_14.jpg
【マルミノヤマゴボウ】

ヤマゴボウといえば食べられそうですが、マルミノヤマゴボウは根の部分に毒性があります。山菜として売られているヤマゴボウはアザミの仲間だそうです。ゴボウといえど色々種類があることに驚きでした。高畑まで戻って来たところで、ささやきの小径(下の禰宜道)と呼ばれる馬酔木の原生林のトンネルを抜けて鹿園を目指します。途中鬱蒼とした森の中を歩き、小さな沢をいくつか渡ります。本当にこんな道で大丈夫?と不安になったところで急に視界がパッと開けた場所にたどり着きました。

20170517_15.jpg
【飛火野】

20170517_16.jpg
【飛火野のフジ】

0330:藤波の花は盛りになりにけり 奈良の都を思ほすや君
かつて春日大社の切り畑があった場所に到着です。ここは奈良公園でも観光客とは無縁の穴場中の穴場です。見事な藤が見頃を迎えていました。藤はノダフジとヤマフジ(フジ)の2種類のみで、山にあるからヤマフジ、藤棚にあるからフジというわけではないそうです。一般的にフジと呼ばれるのはノダフジのこと。ノダフジの花が長く垂れ下がるのに対して、ヤマフジの花は短めでコロンとした感じです。またツルの巻く向きも違っており、真上から見るとノダフジは右巻き、ヤマフジは左巻きだそうです。顔を近づけるとほのかに甘い香りがしました。藤に別れを告げ、鹿園を経て解散場所の雪消の沢へと向かいます。

20170517_17.jpg
【雪消の沢古跡】

本日のウォーキングも無事終了です。充実した春の一日を過ごすことができました。普段なにげなく見ている草花の名前や特徴を知ることで、これからの散策が何倍も楽しくなりそうです。木村さんありがとうございました。


文 女性グループ(ソムリエンヌ)道崎美幸
写真 道崎美幸・寺田麻美
posted by 奈良まほろばソムリエ at 21:48| Comment(0) | 女性G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

現地勉強会「目から鱗の古建築」(啓発G、歴史探訪G共催)

啓発グループ、歴史探訪グループが共催する現地勉強会「目から鱗の古建築」が5月7日、東大寺、春日大社、興福寺などを巡回するコースで開かれました。長年、講演会講師や社寺ガイドに取り組まれてきた京都産業大上席研究員の中江好喜さんが講師を務め、奈良まほろばソムリエの会の29人、一般から2人の計31人が社寺建築を見る際の”ツボ”に耳を傾けました。

昨年10月〜12月に3回にわたって啓発グループが中江さんを講師に古建築の基礎を学ぶ勉強会を開催。しかし座学では分かりづらい面もあり、手近にある世界遺産の建築を見ることで理解を深めようと両グループの初のコラボ企画となりました。

当日はゴールデンウィーク最終日で青空が広がる好天。午後1時すぎ、外国人を含め多くの観光客でにぎわう東大寺から講習がスタートし、手向山八幡宮、春日大社、興福寺の順に巡りました。

中江さんは東大寺の南大門(国宝)の前で「これが大仏様、別名天竺様の門です。全国的に数が少ない」と話し、天井板を張らない腰屋根構造、高さ25b余りで重量のある屋根を支える六手先の挿肘木が特徴と指摘。「重源さんが中国から導入し、建てられて七百年もっている。ニューヨークなどの高層ビルではとても無理」と中江さん。

20170513_1.jpg
<東大寺の南大門前で大仏様の特徴を説明する中江さん(左奥)>

すぐ北の中門(ちゅうもん、重文)前では「これは入母屋式で本瓦葺き、五間三戸の和様の楼門。尾垂木の断面は長方形で、唐様、別名禅宗様の五角形と異なる」と、中江さんは配布した資料の「和様・大仏様・禅宗様の比較」を示しながら解説しました。

20170513_2.jpg
<東大寺中門前は鮮やかな新緑。青空の下、開かれた古建築の現地勉強会>

続く手向山八幡宮の鳥居では笠木、貫、木鼻などパーツの名称を説明した後、柱の形に触れました。「これは下に向かって角度が開いているので明神(みょうじん)鳥居。真っすぐなのは神明(しんめい)鳥居です」。同八幡宮の和様の楼門(県指定文化財)では左右の屋根に付けられたハトの像について「八幡宮の神の使いとされています。日吉大社ではサル、平野神社ではリス、もちろん春日大社はシカですよね」と中江さん。

参加者は春日大社に続く新緑の木立の中の道でさわやかな風をほおに受け、若草山のふもとではシカの群れをよけながら歩を進めました。中江さんも雑談で「今年2月で75歳になり、後期高齢者ですわ」と言いながらも、登りの階段でも歩くスピードは鈍ることもなく元気いっぱい。春日大社では本殿への入口建物について「上部にある唐破風の下に付けられたものを兎毛通と言います。後ろの柱を隠す懸魚の一種です」と中江さん。参加者の中には各建物で次々に登場する専門用語に、つい「なかなか覚えきれへんなぁ」。

最後に訪れた興福寺で中江さんは五重塔、三重塔(ともに国宝)のそれぞれ前で解説。「一階の組物は五重塔で三手先、三重塔では一手先になっている。塔の規模の違いもあるが、三重塔は軸部(左右の幅)が大きいので一手先が可能になっています」などと述べました。

20170513_3.jpg
<興福寺の五重塔前で1階軒下組物の三手先などについて語る中江さん(中央奥)>

20170513_4.jpg
<現地勉強会の参加者の目を楽しませた興福寺南円堂前で咲き誇るフジ>

20170513_5.jpg
<興福寺三重塔前から近くの南円堂の垂木に関する中江さん(中央)の説明に耳を傾ける参加者たち>

移動時間を含め3時間余りにわたった現地勉強会。最後の解説場所の北円堂(国宝)近くで中江さんは「きょう話させてもらったことを、今後、皆さんが社寺を訪ねられる時の参考にしていただければ。資料の読み返しもお忘れなく」と締めくくりました。企画した啓発グループの大山恵功理事、歴史探訪グループの大村隆清理事は「やはり現物を目にして話を聞くと違いますね」と声をそろえていました。

今回の現地勉強会「目から鱗の古建築」。応募者が多く、追加で第2回が6月11日、第3回が7月2日に中江さんを講師に第1回と同じコースで開かれます。定員に達している日もあり、問い合わせ・申し込みは大村理事omukun@mopera.netまで。

文  啓発グループ・保存継承グループ 久門たつお
写真 専務理事 鉄田憲男
posted by 奈良まほろばソムリエ at 11:31| Comment(0) | 啓発G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

保存継承グループ「大峯山戸開式」見学記

平成29年5月2日〜3日にかけて天川村の山上ヶ岳頂上にある大峯山寺(世界遺産登録名:大峰山寺)に、松田度(大淀町教育委員会)氏と当グループの鈴木英一氏、私亀田の合計3名で、山開きにあたる「大峯山戸開式」を見学してきました。
この3名は平成26年12月21日の当会主催の納会における研究発表(大峯奥駈道を歩くがテーマ)と講演会(大峯奥駈の歴史と現状がテーマ:松田氏)のメンバーです。
3人が会ったときに「大峯山戸開式」を見学しておかないと大峯奥駈道を語る資格はないと意見が一致し、今年さっそく実行しました。


@平成29年5月2日(火)の行程

午前中に桜が満開の天川村洞川(標高約800m)に入り、女人結界門から登山開始。

20170507_1.jpg
(登山口への標識)

20170507_2.jpg
(清浄大橋そばのいかめしい女人結界門)

途中、平成26年9月に奥駈けをした時に果たせなかった表行場「鐘掛岩」を近くにおられた大先達の方の助言に基づき無事通過でき、リベンジが果たせました。

20170507_3.jpg
(鐘掛岩(かねかけいわ)標高1620m :下方が私)

午後3時過ぎに山上ヶ岳山頂(標高1719m)にある「大峯山寺」に到着。
さすがに戸開前の大峯山寺の前はひっそりしています。

20170507_4.jpg
(門柱と8役講の提灯)

20170507_5.jpg
(ひっそりとした大峯山寺本堂)

この日は、龍泉寺宿坊で1泊し翌朝未明の「戸開式」に備えます。宿坊は満室です。

20170507_6.jpg
(宿坊の精進料理の夕食)


A平成29年5月3日(水)の戸開式ハイライト

起床:
午前2時宿坊は講の信者達がもう起きだして、ざわついています。私たちも起床して、大峯山寺に出かける用意にかかりました。

戸開式:
戸開式には大峯山の護寺院(龍泉寺・竹林院・桜本坊・喜蔵院・東南院)と信者の代表としての8役講に洞川区及び吉野山の代表者並びに信徒総代が参列し、山伏装束や羽織袴の正装で多数の信者の見守る中伝統の儀式が開始されます。
午前3時に本堂そばの事務所で大峯山寺の当番寺院住職から、一尺余りの3つの入口の鍵が年番役講の代表者へ渡され、鍵を受け取った信者達は一旦参篭所に戻り、人馬を組んで鍵持ちを乗せ、松明を手にワッショイワッショイの掛け声とともに本堂前の急坂をかけ登ってきます。
午前3時30分から3つの入口の当番の護寺院住職も自坊参篭所から同様に人馬に乗って境内に到着すると、人馬が練りまわり鍵を奪い合う各役講の人馬が入り混じって最高潮に達します。

20170507_7.jpg

20170507_8.jpg
(練り歩く各講の人馬で熱気が最高潮に達する)

本堂の扉が開かれると、信者たちが堂内になだれ込み、御本尊(蔵王権現像)及び役行者尊の前で般若心経を唱え、信仰の法悦に浸ります。

20170507_9.jpg
(開かれた正面入口から信者がなだれ込む)

私たちも少し遅れて堂内に入り、戸開式と戸閉式の儀式の間のみ特別御開帳の「秘仏 秘密行者尊」(役行者像と前鬼・後鬼像)を、般若心経の大合唱の中で拝観し、厳粛かつ熱気のある独特の雰囲気を存分に味わう、貴重な体験をさせていただきました。
<残念ですが当然、堂内の場面の写真は不可ですので悪しからず>

その後本堂わきの護摩道場で大護摩供が厳修され、国家安寧・五穀豊穣・世界平和の祈願がされる頃、夜明けを迎えました。お山は9月23日の戸閉式までにぎわいます。

20170507_a.jpg
(いつ見ても神々しい夜明け)

文・写真  保存継承グループ 亀田幸英
posted by 奈良まほろばソムリエ at 02:00| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

歴史探訪グループ例会「春爛漫の生駒山麓を訪ねて」

4月9日(日)、直前まで降り続いていた雨が、スタートの9時40分には止み、29人の心がけのいい人たちが近鉄「一分駅」をスタート。まずは「往馬(いこま)大社」を目指します。

20170506_1.jpg
<一分駅での説明>

満開の桜を眺めながら、10分足らずで到着。石段を上り本殿にお参りしていると神職の方が観音堂を開けてくださり、社伝で運慶作と伝わる「十一面観音像」と「生駒曼荼羅」を拝観できました。

20170506_2.jpg
<往馬大社観音堂>

北に向かい、行基の墓がある「竹林寺」へ、本堂でお寺を守る女性の案内で文殊菩薩などを見せていただきました。

20170506_3.jpg
<竹林寺の入口>

20170506_4.jpg
<行基墓>

少し歩いて「円福寺」へ、鎌倉時代の宝篋印塔2基と本堂が重要文化財に指定されており、ここでも本堂の扉を開けていただき。ご本尊の塑像「阿弥陀如来像」を拝しました。

20170506_5.jpg
<円福寺本堂>

20170506_6.jpg
<円福寺篋印塔>

住宅地を抜けて「往生院」へ。ここは行基が火葬されたといわれ、無住の境内には県内最古の銘がある宝篋印塔や行基の墓塔と言われる五輪塔があります。

20170506_7.jpg
<往生院本堂>

桜が満開の住宅地内の公園で昼食。

20170506_8.jpg
<桜と生駒山をバックに集合写真>

その後「美努岡萬墓」(みののおかまろのはか)を経て、「宝幢寺」(ほうどうじ)で重文の本堂を見学。なだらかなウォークもここまで。

20170506_9.jpg
<宝幢寺本堂>

ここからは沢沿いの道を上り「千光寺」を目指します。山門直前の心臓破りの急坂を上りきりようやく千光寺到着。役小角が大峰山に入る前に修行し「元山上」と言われる境内には、法螺貝が響いていました。

20170506_a.jpg
<千光寺の役小角像>

千光寺からの帰りは清滝石仏群を見ながら歩きやすい道を快調に下り、住宅地に入ってゴールも近い、と思った目の前に「生駒山口神社」の階段が立ちはだかります。みんなで最後の気力を振り絞って登り参拝しました。

20170506_b.jpg
<清滝石仏>

最後に元山上口駅周辺の椣原(しではら)の勧請綱・金勝寺に立ち寄った後、駅に戻り解散。行基の足跡にたっぷり触れた一日でした。

20170506_c.jpg
<元山上口駅前の碑>

20170506_d.jpg
<椣原の勧請綱>
posted by 奈良まほろばソムリエ at 10:06| Comment(0) | 探訪G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする