2020年12月27日

日本書記・「禁断の恋!軽皇子と軽皇女」

実施日 2020年11月29日(日)

行程 近鉄橿原神宮前駅集合⇒橿原公苑⇒いもあらい地蔵尊⇒田中廃寺(田中宮跡)⇒馬立伊勢部田中神社⇒和田廃寺⇒甘樫丘休憩所(昼食)⇒剣池⇒石川精舎跡⇒軽寺跡⇒五条野丸山古墳⇒近鉄岡寺駅(解散)
(徒歩約6Km)

「歩く・見る・学ぶ!『日本書記』物語2020」シリーズの「橿原コース」編。日本書記が伝える軽皇子と軽皇女の悲恋物語は、主人公の名前に「軽」が付くことから、その舞台は「軽」の地であったと思われます。「軽」の地に点在する神社や寺跡を巡り、古代史の舞台に思いを馳せてみます。

秋が深まり紅葉が映える晴天の下、36名の参加者は7班に分かれて順次スタート。そのウォーキングの様子をご紹介します。

20201227_01.jpg
講演会場の橿原公苑で木村三彦さんの講演を聞きました。「禁断の恋!軽皇子と軽皇女」の悲恋物語や日本書記に登場する「軽」の表記がある地名などの説明があり、皆さんメモを取って熱心に聞いています。

20201227_02.jpg
いもあらい地蔵尊
“いも”は天然痘のこと、病気が入ってこないようにと地蔵が祀られました。また芋、或いは妹にも通じ、空を飛んでいた久米仙人が川で洗い物をしていた若い女性のふくら脛を見て心を乱し、飛行の神通力を失ってその女性の前に墜落したとか。

20201227_03.jpg
田中廃寺
田中宮は舒明天皇が飛鳥岡本宮の焼失後、百済宮に遷るまでの仮宮としてこの地に構えたといわれています。
その後、寺院(田中廃寺)が建立されました。

20201227_04.jpg
馬立伊勢部田中神社
もと飛鳥川近辺の字古宮の地に鎮座していたが慶長年間に飛島川の洪水の為も流されて現在の地に遷座したとのことです。

20201227_05.jpg
和田廃寺
田んぼの中にぽつんと土の高まりがあり、7世紀後半の寺院塔跡と分かりました。この寺院は、蘇我氏と密接な関係にあった葛木臣の氏寺という説があります。藤原京の朱雀大路がこの辺りまで伸びていたかも知れません。

20201227_06.jpg
剣池
白い杭の向こう側が剣池で、こちら側が石川池です。池の南側は孝元天皇陵です。

20201227_07.jpg
石川精舎跡
蘇我馬子が百済から貰った仏像を安置した仏殿との説明。でも古瓦も出土していないし確証はないらしいです。

20201227_08.jpg
軽寺跡
軽寺は飛鳥時代に建てられたと考えられています。悲劇の主人公・軽皇子や軽皇女はこの辺りに住んでいたのでしょう。

20201227_09.jpg
五條野丸山古墳
奈良県で最大の前方後円墳です。東側から眺めるとその大きさが実感できます。被葬者は欽明天皇とその妃・堅塩媛(きたしひめ)、或いは蘇我稲目という説があり、まだ決着が着いていないらしいです。その謎について参加者から多くの質問が出ました。

「日本書記」に登場する古代史の舞台を、また普段はめったに行かないところを巡り、皆さんご満足の様子でした。
posted by 奈良まほろばソムリエ at 21:37| Comment(0) | ガイドG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

三輪山伝説!大物主神と4人の妻

実施日2020年12月13日(日)

行程 エルト桜井(木村さんの講演)⇒海石榴(つばいち)⇒志貴御県坐神社(磯城瑞牆宮跡伝承地)⇒大神神社⇒茅原狐塚古墳⇒箸墓古墳⇒JR巻向駅 (約8q)

今日は、「歩く・見る・学ぶ!『日本書紀』物語2020」シリーズの最終回。『日本書紀』の舞台になった山の辺の道とその周辺に点在する仏教伝来の碑、大神神社(おおみわじんじゃ)、箸墓古墳などをめぐり、古代ロマンを存分に味わっていただこうと企画したものです。

20201223_01.jpg
木村三彦さんの講演
「三輪山伝説!大物主神と4人の妻」と題して、奈良まほろばソムリエの会顧問の木村三彦さんの講演を聴きました。
大神神社のご祭神である大物主神。倭迹迹日百襲姫(やまとととひももそひめ)、活玉依姫(いくたまよりひめ)など、『日本書紀』『古事記』に語られる大物主神に仕える巫女(妻)の話に、熱心に聞き入っていました。

20201223_02.jpg
海石榴市(つばいち)の説明図絵
海石榴市は古代からの交通の要衝として栄えたところです。遣隋使として隋に渡った小野妹子が裴世清(はいせいせい)を連れて帰国したとき、75頭の飾り馬で出迎えた様子が描かれています。広い河原で各班が説明しています。

20201223_03.jpg
仏教伝来の碑
対岸に仏教伝来の地の碑が立っています。大阪から大和川を遡ってくる船の終着点の一つで、『日本書紀』では、欽明天皇の時代に百済の聖明王から贈られた仏像や経典が到着したと記されています。
碑の傍らの万葉歌碑を解説しているところ。

20201223_04.jpg
磯城瑞籬宮(しきのみずがきのみや)跡伝承地
志貴御県坐神社の境内に磯城瑞籬宮跡伝承地の碑が立っており、『日本書紀』には第十代崇神天皇がこの地に宮を遷したと記されています。崇神天皇は大物主神と深い関わりを持つ天皇です。

20201223_05.jpg
昼食のにゅうめんセット
お昼は大神神社門前の福神堂でにゅうめんと柿の葉寿司のセット。温かい食事にホッと一息。静かに、静かに味わっておられました。

20201223_06.jpg
大神神社拝殿前
大物主神を祀る大神神社は三輪山をご神体としており、本殿を持たない神社です。拝殿の奥にある三ツ鳥居をとおして、三輪山を拝む古来の神祭りを受け継いでいます。
現在の拝殿は徳川四代将軍家綱が再建したもの。
 
20201223_07.jpg
神武天皇聖蹟(せいせき)顕彰碑
神武天皇聖蹟狭井河之上(さいかわのほとり)顕彰碑の裏面に「神武天皇伊須気余理比売(いすけよりひめ)の御家ありし狭井河之上に行幸あらせられたり。聖蹟はこの地付近なりと推せられる」と刻まれています。

20201223_08.jpg
神御前(かみのごぜん)神社
ご祭神は大物主神の妻の一人、倭迹迹日百襲姫。この地が『日本書紀』に記されている、崇神天皇が八十万の神(やそよろずのかみたち)を招いて占いをした神浅茅原(かむあさぢはら)と考えられています。神浅茅原は纏向川と初瀬川に挟まれた、いわゆる“瑞垣郷(みずがきごう)”と呼ばれた地域で、古代から聖域とされてきました。
正面の三輪山の美しい姿が印象的です。

20201223_09.jpg
茅原狐塚(ちはらきつねづか)古墳
築造時期は7世紀後半で、弁天社古墳と相前後して造られたと考えられています。17mもある桜井市内でも屈指の規模を誇る石室にナルホドー。

20201223_10.jpg
大市墓(おおいちぼ)拝所
箸墓古墳は宮内庁により、倭迹迹日百襲姫が祭る大市墓として管理されています。『日本書紀』では「昼は人が造り、夜は神が造った」と記され、また「大坂山の石を手渡しで運んだ」と記されています。

20201223_11.jpg
山茶花が美しい箸墓の道
拝所から周濠に向かう途中、山茶花が咲いていました。あまりの美しさに思わずパチリ。

20201223_12.jpg
普段は見られない箸墓古墳の裾
大池の水が引く冬には、周濠に箸墓古墳の裾が見えます。めったに見られない眺めに、皆さん食い入るように見ていました。

数々の『日本書紀』の舞台をめぐる楽しい1日でした。
posted by 奈良まほろばソムリエ at 21:33| Comment(0) | ガイドG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月05日

女性グループ(ソムリエンヌ)「室生の里で秋を感じましょう〜どこかで龍に出会えるかも」

2020年11月11日(水)
令和二年度の定例会を室生で行いました。参加者は、八名。

本年度「女人高野 室生寺」は、日本遺産に認定されました。
「女性とともに今に息づく女人高野〜時を超え、時にあわせて見守り続ける癒しの聖地〜」高野山は、近代まで「女人結界」が定められ、境内での女性たちの参拝は叶わなかった。そんな時代にあっても女性たちの、身内の冥福を祈る声、明日の安らぎを願う声を聴いていた、「女人高野」と呼ばれるお寺があった。優美な曲線を描くお堂の屋根、静かに願いを聴いている柔和なお顔の仏像、四季の移ろいを移す周囲の樹々、これらが調和した空間を「名所図会」は見事に実写し、表現した。そこに描かれた「女人高野」は時を超え、時に合わせ女性とともに今に息づき、訪れる女性達を癒し続ける。日本遺産とは、地域の歴史的魅力を通じてわが国の文化・伝統を語るストーリーを文化庁が認定するものです。(宇陀市のホームページより)

今回は、安産寺や室生寺で拝観や紅葉を楽しみ、昼食は、「メリメロ」でガレットを堪能。
吉祥龍穴で龍に会えるかもしれないと期待。神秘的な龍王ケ渕に感動するツアーでした。

<コース>
三本松駅出口→安産寺→室生寺→昼食(メリメロ)→吉祥龍穴→龍王ケ渕→榛原駅解散

20201205_01.jpg

1 近鉄三本松駅にAM9時40分集合。
コースとコロナ対策の準備などの説明をし、2台の車に分乗して、安産寺に向かいました。

20201205_02.jpg
安産寺の前で村の人たちと

2 安産寺  「子安地蔵」と呼ばれている地蔵菩薩立像
到着すると4人の村の方々が堂を開けて、待っていてくださいました。始めに地域の放送局が作成した安産寺の番組を視聴しました。歴史や村の人々がいかに大切にお守りされているかがわかりました。

20201205_03.jpg

そして、いよいよお地蔵様がお祀りされているお堂へ。そこで、お地蔵様のことを詳しく、説明していただきました。間近に見せて頂くお地蔵様は、高さ177,5cm、弧線状に流れる美しい衣紋、室生寺様式(漣波式衣紋)が見事でとても美しいです。照明があるときのお顔と消したときのお顔の表情が全く違い、びっくりしました。いつも仏様の眼は、お参りされる方を見守っておられると感じました。あたたかいおもてなしを受け、安産寺を後にしました。

20201205_04.jpg

20201205_05.jpg

3 室生寺
文化財の保護と分散を目的とした寶物殿が2020年9月5日に開館されました。中央に十一面観世音菩薩(国宝)・向かって右側に釈迦如来座像(国宝)・左側に地蔵菩薩立像(重文)が収蔵されていました。その前に十二神将立像の卯神、辰神、巳神、未神、酉神。
外気の寒暖差と湿度変化に、千年以上も耐えてこられました。

20201205_06.jpg

寶物殿を拝観後、室生寺の境内を弥勒堂・金堂・灌頂堂(コロナが早く収まるように祈りました)・五重塔とまわり、桂昌院様や織田信雄様のお墓をお参りして、鎧坂を下りました。お庭の紅葉も堪能し、室生川のせせらぎの音やフレッシュな空気を一杯吸って、室生の里の自然を満喫しました。
 
20201205_07.jpg

20201205_08.jpg

4 昼食(メリメロ)
お寺から車で7分程の所にメリメロさんがあります。昨年の3月に古民家を借りて、フランス人のシャボールさんと育さんご夫婦がガレット(そば粉)のお店を始められました。
一時頃に到着。普段は、営業日ではない日でしたが、特別に開けていただきました。
ガレットはとっても美味しく、地元のお野菜も、シャキシャキで、チーズやお肉もガレットとよくマッチしていました。皆さん、大満足。デザートにチョコクレープもいただきました。

20201205_09.jpg

20201205_10.jpg

5 妙吉祥龍穴(きっしょうりゅうけつ)
メリメロさんから車で10分、吉祥龍穴に到着。道から竜穴まで百段ほどの階段を降りると、遙拝所があり龍穴に向かって祈願します。吉祥龍穴は、龍穴神社のご神体で、古代から神聖な「磐境(いわさか)」とされ、昔から雨乞いの神事が行われてきたパワースポットです。そこに、龍が棲んでいるような穴があり、川の流れも清浄感がいっぱいです。身も心も洗われた気持ちになりました。室生では、「九穴八海」という伝説が伝えられ、九穴とは、三つの龍穴と六つの岩屋をいい、八海とは、五つの渕と三つの池をさしています。


20201205_11.JPG

20201205_12.jpg

6 龍王ケ渕
額井岳の近くの標高530mの山中にある自然池です。この日は、風もなく湖面に周囲の木々が映り込み、たいへん美しい景色で神秘的でした。池の周囲に遊歩道があり、一周回って、いろいろな角度からの渕を楽しみました。

「女人高野」は時を超え、時に合わせ女性とともに息づく 女性グループが祈念すべき年にこの地を訪れたことは、何か縁を感じます。安産寺での地区の人々の丁寧なおもてなしには、感銘しました。仏様や美しい景観が今後もずうっと守られるように私たちにも出来ることを考えていきたいと思います。

女性グループ(ソムリエンヌ)    文・写真 松浦 文子

posted by 奈良まほろばソムリエ at 19:47| Comment(0) | 女性G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

日本書紀・ミステリアス!飛鳥の宮跡をたどる」

実施日 2020年 10月24日 (土)

神武天皇以来、古代の天皇は代替わりごとに宮を移し、在位中にも遷宮を繰り返していました。飛鳥に点在する天皇の宮跡やその伝承地を訪ね、はるか昔に想いを馳せようというのが今回のテーマです。

行程
近鉄橿原神宮前駅集合⇒橿原公苑⇒豊浦宮跡→小墾(治)田宮跡→甘樫丘休憩所(昼食)→遠つ飛鳥宮跡→近つ飛鳥宮跡→飛鳥宮跡→川原宮跡→亀石→近鉄飛鳥駅解散 
(徒歩約6km)

爽やかな秋晴れの下、38名の方に参加を得て、スタッフ12名と共に、6班に分かれて上記コースを巡りました。以下にそのガイド風景をご紹介します。

20201205_01.jpg
橿原神宮前駅に到着した参加者を橿原公苑の講演会場に案内して、木村三彦講師による講演「宮殿について(飛鳥の宮跡をたどる)」を聞きました。歴代の天皇の宮の所在地や現状の詳細な説明を神妙な面持ちで聞いています。

20201205_02.jpg
気持ちの良い秋晴れの中を各班に分かれて順次出発です。途中の丈六の交差点では丈六の由来や中臣鎌足を供養した厩坂寺のいわれを紹介しながら、第八代孝元天皇の御陵のある剣池に到着です。

20201205_03.jpg
向原寺の境内下には推古天皇の豊浦宮跡、更にその下に日本で最初に仏像を祀ったといわれる蘇我稲目の屋敷跡が発掘されました。飛鳥では珍しい発掘された状態で見ることのできる貴重な遺跡です。

20201205_04.jpg
遣唐使の小野妹子が答礼使の裴世清を伴って帰国、聖徳太子が海拓榴市で出迎えられ、旧山田道を通って小墾田宮に入られたと伝わります。又、この道沿いにある小字ミカドの地が第19代允恭天皇の遠つ飛鳥宮とする説もあります。

20201205_05.jpg
第23代顕宗天皇の八釣宮跡にある弘計皇子神社。うっそうとした森の中の小さな祠で、数奇な運命をたどられた天皇が祀られています。祠の横を曲水の宴が開かれたと伝わる小川が流れています。


20201205_06.jpg
飛鳥宮跡
代毎に遷宮していた天皇の宮が初めて同じ場所に建てられた場所で、最近まで伝飛鳥板葺宮跡と呼ばれていました。
飛鳥岡本宮 第34代舒明天皇、飛鳥板葺宮 第35代皇極天皇、後飛鳥岡本宮 第37代斉明天皇、飛鳥浄御原宮 第40代天武天皇・第41代持統天皇と歴代の天皇の宮跡が地下に眠っています

20201205_07.jpg
川原寺
第37代斉明天皇は板葺宮で即位しましたが、火災の為一時的に川原宮に遷りました。天智天皇が母の斉明天皇を弔うために建立した川原寺の跡から、川原宮の石組が発掘されました。

20201205_08.jpg
飛鳥駅
全員無事に飛鳥駅に到着しました。皆様お疲れさまでした。
posted by 奈良まほろばソムリエ at 00:00| Comment(0) | ガイドG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

保存継承グループ 長岳寺(天理市)で美化奉仕活動

保存継承グループは11月14日、初めて主催する社寺美化奉仕活動を天理市柳本町の長岳寺(高野山真言宗)で行いました。グループから8名、ソムリエの会理事会メンバーから4名の計12名が紅葉の進む境内で雑草の刈り取りなどに汗を流しました。

20201128_01.JPG
<長岳寺境内。本堂(右)、鐘楼門(左)と放生池>

20201128_02.JPG
<長岳寺美化奉仕活動に参加した皆さん>

参加者のうち電車組は午前9時すぎにJR桜井線柳本駅前に集合。徒歩で長岳寺に向かう途中、同寺飛地境内にある傘堂形の五智堂(重文)を見学しました。
午前10時前に同寺駐車場横の大門(だいもん)前でマイカー組と合流し、同寺境内へ。作業は10時すぎから、放生池東側の池辺と旧地蔵院庫裏(重文)の庭園の2カ所に分かれてスタート。

20201128_03.JPG
<キイロショウブの葉などを刈り取る池辺グループ>

全員軍手をして、池辺グループは枯れたキイロショウブの葉などを鎌で刈り取り、庭園グループは植木の間に茂った雑草抜きなどをしました。前日までに北川慈照住職からうかがっていたスイセン、シダなど刈ってはいけないものに注意しながら作業し、1時間余りで集まった雑草は大型ゴミ袋6つ分になりました。

20201128_04.JPG
<植木の間の雑草などを取り除く庭園グループ>

作業前、同寺を創建した弘法大師の像を安置し、普段は非公開の大師堂(県指定)内部を北川住職の計らいで見学させていただきました。厨子内の弘法大師坐像の前で北川住職が行っておられる密教の修法についてお話をうかがった後、全員が順に手を合わせて拝観しました。
作業後に一旦解散し、午後に参加者の半数は本堂内で公開中の「大地獄絵」(県指定)前で行われた北川住職による六道にまつわる説法に他の参拝者と共に1時間半ほど聞き入りました。

美化活動はソムリエの会定款に盛り込まれており、これまでは任意団体「まほろば会」と共催で行ってきました。同会がメンバー高齢化のため昨年度末で活動を終え、今年度から保存継承グループが主催することになりました。
次回からはソムリエの会HPで会員に参加募集する予定で、関心のある方々のご参加をお待ちいたします。

文・写真  保存継承グル−プ 久門たつお

posted by 奈良まほろばソムリエ at 08:38| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする