2017年03月25日

第一回ふれあい交流会

平成29年3月18日(土)午後、南都銀行西大寺銀行クラブで「第一回ふれあい交流会」が開催されました。

奈良まほろばソムリエの会では、さまざまなグループが積極的に活動していますが、グループに属していない会員も多くいます。さらに、グループの枠を超えて交流を図りたいとの希望もあります。こうしたことから、気軽に交流・親睦を深める場として「ふれあい交流会」が設けられました。

当日は、講演会には34名、交流会には29名の参加がありました。遠く東は東京、西は九州から参加された方もいます。

開会挨拶では、鈴木浩理事長から、開催の趣旨や地域再生大賞「優秀賞」受賞の紹介などがありました。

20170325_1.jpg
【鈴木理事長の開会挨拶】

講演の部では、講師の桜井市纏向学研究センター主任研究員の橋本輝彦氏から、「纏向遺跡における調査・研究への取り組みとその成果」に関して1時間半にわたり話がありました。「纏向学研究センターが目指すもの」では単に纏向遺跡の研究に留まらず日本国の成り立ちや文化の原像を解明する学際的総合研究を進めるのが纏向学だと説かれ、纏向学研究センターの体制や活動に関する総論的説明がありました。

20170325_2.jpg
【橋本主任研究員の講演「纏向学研究センター」】

続いて、発掘現場での発見に対する調査・研究に関して、具体的な事例に基づき、豊富な画像を使って詳しい説明がありました(「纏向遺跡第61次太田・李田地区の花粉分析調査」「纏向遺跡第65次尾崎花地区の巾着状絹製品の総合調査」「纏向・大福・脇本遺跡出土破砕銅鐸の調査」「纏向・大福遺跡出土木製仮面・仮面状木製品の調査」「桜井市等彌神社所蔵遺物の調査」「吉野郡大淀町佐名伝 某家所蔵銅鐸の調査」)。橋本さんの調査研究手法に関して、裏話も交えて具体的な説明を聞けたのですから、実に貴重な機会でした。

20170325_3.jpg
【橋本主任研究員の講演「花粉分析調査」】

懇談の部では、参加者が一分間の自己紹介をしました。各人が奈良に対する熱い思いを語り、“「日本のはじまりの地」である奈良は素晴らしい”と言う点で一致しました。また、理事からは、担当するグループの活動紹介や勧誘があり、どのグループで活動しようか迷われた方も多かったと思います。

次回の開催は、9月頃を予定しています。ふれあい交流会への参加を希望される会員の方は、池内まで電子メールで連絡をお願いします(ikeuchi@leto.eonet.ne.jp)。

文 池内 力  写真 鉄田 憲男

posted by 奈良まほろばソムリエ at 14:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

保存継承グループ 調田坐一事尼古神社おんだ祭り見学記

3月6日、葛城市(旧新庄町)疋田の調田坐一事尼古(つくだにますひとことねこ)神社のおんだ祭りを見学させていただきました。

近鉄南大阪線尺土駅から南へ、大田川に沿って10分程歩きます。ほぼ正方形の境界線をもつ疋田の集落の中ほどに位置しています。すぐ隣には公民館もあり、集落の人々の中心的な場であることがうかがえます。

20170312_1.jpg
〈一の鳥居から参道を見る〉

古く『延喜式』神名帳に載せる式内大社で、神護景雲4年(770)には封戸を与えられ、貞観元年(859)には従五位上を与えられた、由緒ある神社です。
時を経て無住となっていましたが、今の宮司様の3代前からは常住されています。
御祭神は一事尼古大神と事代主大神です。前者は一言主神と同神で、「尼古」とは高貴な男神を示す語だそうです。

おんだ祭に先立ち、祈年祭が執り行われました。
本殿前の拝殿内には、20名ほどの氏子代表の方々が参列されていました。

20170312_2.jpg
〈神官や氏子が手水で身を清める〉

20170312_3.jpg
〈拝殿前〉

20170312_4.jpg
〈祈年祭 奥が本殿〉

拝殿の中には、文久元年(1861)の大きな絵馬をはじめとして、現代のものまでたくさんの絵馬が奉納されています。
祈年祭の最後に、御神楽「浦安の舞」が奉納されます。
小学校5年生の女の子が巫女を務めることになっています。

20170312_5.jpg
〈御神楽「浦安の舞」(上に掲げられているのが文久元年の絵馬)〉

祈年祭に続いておんだ祭(御田植え祭)が行われます。
言うまでもなく、春先の農作業の開始前に、五穀豊穣を祈念して、農作業を模擬的に演じる予祝儀礼です。
神社境内に、結界をめぐらした模擬田が作られています。
模擬田の中で、改めて祝詞奏上などを行ったあと、いよいよ牛の登場です。

20170312_6.jpg
〈牛の登場(中に青年2人が入っています)〉

牛は唐犂と馬鍬を引いて、何度も模擬田の中を回ります。田の縁を氏子が、木製の鍬と鋤で耕す所作をします。
そのあと、牛は田をとび出して、境内を歩き回ります。

20170312_7.jpg
〈唐犂・馬鍬・鍬・鋤〉

現在使われている牛面は昭和36年に奉納されたものですが、神社には明治31年に奉納された牛面も残されており、この頃から今のおんだ祭りの形ができあがったのではないかということでした。

20170312_8.jpg
〈左:明治31年に奉納された牛面〉
〈右:昭和36年に奉納された牛面〉

牛が耕したあとは、田植えです。
松葉でできた模造の稲苗を、神官や氏子が模擬田に並べていきます。
杉葉でできた稲苗は、神官によって周りに投げられます。
この模造の稲苗は持ち帰られて、苗代作りの際に水路の水口に供えられ、水路を通じて疫神が入り込まないよう、結界する役割を果たします。

20170312_9.jpg
〈模擬田に並べた松葉の稲苗〉

20170312_a.jpg
〈右が松葉、左が杉葉の稲苗〉

最後がお待ちかねの餅まきです。
境内はビニール袋を手にした人々でいっぱいになります。子供たちもたくさん来ていました。

20170312_b.jpg
〈餅まき〉

もち米2石3斗(約345s)をついて、薄い円盤状の紅白の福餅にしています。作業に8時間ほどかかったとのこと。
櫓の上から休みなく大量の餅がまかれました。その間約15分。
筆者も控えめに(?)後ろのほうにいたのですが、たくさんいただくことができました。

20170312_c.jpg
〈紅白の福餅〉

神社関係者の皆様、お話を聞かせて頂いた上にお餅までいただき、ありがとうございました!

最後にひとこと。最初は「調田」と書いて「つくだ」と読むとは?と思いましたが、「調」は「みつぎ」「みつき」なので、「みつぎだ」「みつきだ」から転じたのではないでしょうか。

PDF形式のレポート → <ここをクリック>

文 保存継承グループ 岡村幸子  写真 岡村幸子・亀田幸英
posted by 奈良まほろばソムリエ at 10:25| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

歴史探訪グループ例会「大和小泉でブラソムリエ」

法隆寺と郡山の間に位置する「大和小泉」。観光客は少なく、ソムリエでもあまり訪れない地味なウォーキングに参加者はなんと31人。さすがソムリエはマニアックな人が多いと感じながら、穏やかな日和の2月26日(日)10時、JR大和小泉駅をスタート。街道沿いの古い街並みや、「太神宮」の灯篭などを見ながらまず「小泉神社」へ。

20170308_1.jpg
小泉の街並み

素戔嗚尊と誉田別命を祀る重文の春日造の本殿を軽妙な話し方の神職の案内で見学。神像の写真も見せていただきました。神社の境内には葉の裏側に文字が書け、葉書の始まりと言われる「タラヨウ」の木も見られます。

20170308_2.jpg
小泉神社本殿

神社を後に北へ向かうと小泉城の堀跡のナギナタ池の向こうに片桐氏二代目の貞昌を祖とする石州流茶道宗家「高林庵」が見えてきます。漆喰の白壁や鯱が乗る屋根が、往時の小泉城を忍ばせます。

20170308_3.jpg
高林庵

高林庵を一回りし「小泉城址」へ、地侍の小泉氏が築城し、江戸時代には片桐氏が治めた小泉城の石碑は高台の縁にありますが、そこには何も残っていません。

20170308_4.jpg
小泉城址

城址から階段を下り、堀跡を見て、「庚申(こうしん)堂」へ。ここは「一国一宇庚申」とされ、大和の庚申信仰の中心です。

20170308_5.jpg
庚申堂で記念撮影

庚申(かのえさる)の夜、三尸(さんし)という虫が人の罪を天帝に告げると早死にするという庚申信仰の身代わりとするため、軒先には、奈良町と同じ赤い「身代わり申(さる)」がぶら下がります。

20170308_6.jpg
軒に下がる身代わり申

庚申堂の本堂の軒丸瓦には猿が描かれ、梵鐘には「見ざる聞かざる言わざる」が鋳出されています。

20170308_7.jpg
庚申堂軒丸瓦の猿

20170308_8.jpg
梵鐘の三猿

その後、弘法大師が掘り、小泉の地名の由来になったともされる「小白水」(”白”・”水”を縦に重ねると”泉”になる)を経て、「小泉大塚古墳」「六道山古墳」へ。

20170308_9.jpg
小白水

どちらの古墳も元は前方後円墳でしたが、前方部分が削平され円墳の様に見えます。また最近樹木が完全に伐採され丸裸の状態。今後の成り行きが気になります。

20170308_a.jpg
小泉大塚古墳

20170308_b.jpg
六道山古墳

全員での本日のコースはここまで慈光院下で解散。希望者で慈光院を参拝し、お庭を眺めながら抹茶をいただきました。

20170308_c.jpg
慈光院

20170308_d.jpg
慈光院の梅
posted by 奈良まほろばソムリエ at 20:05| Comment(0) | 探訪G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

保存継承グループ 菅原天満宮「おんだ祭り」見学記

2月25日午後2時から、盆梅展真っ最中の菅原天満宮(奈良市菅原町)にて、「おんだ祭り」の奉納。本殿斜め前の一角に設けられた結界内の模擬田で、農作業の模倣が演じられた。

20170305_1.jpg

20170305_2.jpg

おんだ祭り(御田植祭)とは、農作業が始まる春先に、豊作を予め祝うという祭礼。牛役や田主役が登場して砂の田んぼを耕したり、松葉で作った模造の苗で田植えをしたり、模擬的な農作業を各神社が趣向を凝らして演じている。
菅原天満宮の伝承では、確証はないが、奈良時代から菅原地区の氏神として豊作祈願をしていたという。「おんだ祭り」として形式が確立されたのは明治時代からだろうとのこと。第二次世界大戦中と戦後しばらくは中断していたのだが、昭和50年から再興され今に続く。古老によると「戦前も今の形式だった」という。
同神社のおんだ祭りは、ポピュラーな形式ながら、芸達者(?)な田主役と、子供の牛役との駆け引きが参拝者を大いに笑わせる、ほのぼのとした祭礼である。

20170305_3.jpg
神官による神様への祝詞のあと、田主役が結界内に入り、奏上を述べる。

20170305_4.jpg
以下、田主が模擬的な農作業を演じていく。
まずは鍬による田おこしから始まる。

20170305_5.jpg
次に田主と牛が登場すると、小学生が扮した牛が暴れだし、田主は振り回されながら模擬田を一周。すると参拝者から「おひねり」(中は小豆らしい)がたくさん投げ入れられ、大いに盛り上がる。牛役が子供というのは珍しいとか。可愛い暴れ牛である。

20170305_6.jpg

20170305_7.jpg
一連の農作業が続く中、今では見かけなくなった「肥桶」を担いで田主が登場。汚い肥が手につかぬよう、コミカルなしぐさを交えながら田に肥料をまいていく。なかなか芸が細かく参拝者の笑いを誘う。

20170305_8.jpg

20170305_9.jpg
準備が終わった苗代に籾を蒔く(参拝者にもまかれる)。
そのあと、苗が成長してきたのだろうか、雑草を抜く所作も。

20170305_a.jpg
最後は四方に向かって五穀豊穣を祈願。
現在の機械化された米作りではほとんど見られなくなった苗代作りの作業が昔のままの状態で再現された。

20170305_b.jpg
松などの端を藁で縛った模造の苗で、田植えの所作を行う神社が多いが、同神社では田植えをせずに参拝者に配られた。

20170305_c.jpg
約1時間に及ぶ御田植神事を一人で演じた田主さん。お疲れ様でした!

20170305_d.jpg
菅原天満宮は、天穂日命、野見宿禰、菅原道真をご祭神とする、延喜式内社。社伝によると、菅家発祥、道真生誕の地で、最古の天満宮と伝わる。
大和朝廷時代から平城宮近くにあった菅原村が、都ができるというので西大寺の南の方(現菅原町)に集落ごと移転させられた。この菅原の地に住んでいたのが土師氏で、佐紀盾列古墳群の古墳築造や土器作りをし、王家の葬儀に関わっていた。
しかしながら「土師」という名は、葬儀や凶事と関係していたため、イメージが悪いということで、土師古人や道長という当時の土師一族が、地名をとって「菅原」姓に改めたいと朝廷に願い出、781年に承諾された。この古人が、道真公の曽祖父なのだ。
さらに先祖を遡ると、力持ちの當麻蹴速を打ち負かした勇者・野見宿禰がいる。埴輪を最初に考案したとも伝えられる人物だが、王家の陵墓築造を司る「土師部」という豪族である。

20170305_e.jpg
さて、菅原道真が産湯に使ったと伝えられる池が、菅原神社から北東100mほどのところにある。道真の母が京都からこの菅原の地に里帰りをして出産した菅原院の跡地で、「天神堀・御誕生池」として整備保存されている。
「おんだ祭り」で頂いた松苗を片手に、道真公の伝承地に立ち寄り、西大寺までの帰路を楽しんだ。

写真・文  小倉つき子(保存継承グループ)
posted by 奈良まほろばソムリエ at 12:10| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

女性グループ(ソムリエンヌ)活動報告「早春の生駒高山の里」

節分を過ぎたころ、茶筌の里で有名な高山地区を訪れた。学研北生駒駅から富雄川に沿って北に行き高山大橋を過ぎて少し行くと、右手に高山竹林園がある。

20170212_1.jpg
【ソムリエンヌ集合】

付近の刈り取られた田んぼの中に、数十本ずつ直径4,5センチ、長さ130センチ余りに揃えられた竹干しがあちらこちらに見て取れた。淡竹と呼ばれ、甘く柔らかいため、育てるのも難しくそのうえ油抜きから始まり数年かけての干し、寝かす作業は細かで繊細な作業と言われている。

20170212_2.jpg
【竹の天日干し】

竹林園の中は資料館や茶室があり、隔週の日曜日には茶筌の実演を見ることができる。
茶筌師の味削りの見事な手さばきに見とれるばかりであるが、小刀にも少し工夫があると聞いた。以前から気になっていた、茶筅と茶筌のちがいを久保氏に尋ねると、この高山では茶筌というそうだ、“竹を全うする”作り手の心が伝わる言葉に感心した。

20170212_3.jpg
【茶筅制作実演】

高山茶筌は全国シェア90%を占めこの地を納めていた高山氏が村田珠光から茶の指導を受け15世紀には高山の竹を使い考案したものと言われている。没落ののち家臣たちが製法の秘伝を伝え続け現在につなげている。ちなみに東大寺再建の公慶上人はこの高山の最後の当主の第7子だと言われていて、竹林園内の円楽寺跡には公慶上人の御父母の五輪塔が残っている。

20170212_4.jpg
【円楽寺五輪塔見学】

20170212_5.jpg
【案内風景】

竹林園から少し富雄川沿いを南に下るとこんもりとした森が左手に見えてくる、8世紀半ば宇佐八幡宮から入京の途中に頓宮と伝えられる高山八幡宮がこの地に鎮座される。
本殿三間社流造、檜皮葺、重要文化財に指定されている。本殿前には拝殿、その前には18世紀の棟札を持つ舞台もある。前庭の東西には無足人座をはじめ7座の建物が建つ。

この高山八幡宮と深く結びつきがあるのが、富雄川をはさんで向かいにある東大寺別院法楽寺である。古く奈良時代に奈良盆地西北の要として聖武天皇が行基によって開創されたと伝えられる。ご本尊の薬師如来は秘仏で(お正月1週間だけ開帳される)平安時代漆箔の寄木造、像高86.2pのお姿で、再々の火災にもご無事であるところから「火除けの薬師]として霊験あらたかと言われ今も人々の信仰を集めている。
明治の初めごろまで高山八幡宮の御神像であった、木造僧形八幡神座像と神功皇后座像の二体がこの法楽寺に所蔵されていて、鎮守社との深いつながりを感じさせる。
前を流れる富雄川は南に流れ大和川に合流しているが、高山地区は都の西北の守り、重要な場所として奈良から京都への物や人の流通は、今の,交野、枚方を通り淀川へと、北に流れ込む天野川が利用されていたと言い、京都側の沼地を迂回せざるを得ない古の人々の、大切な船の道としてこの辺りも栄えていたであろうとご住職に教えていただく。
今現在の法楽寺は約2年前、棟札銘から1633年に再建された本堂を、約20m下の場所から建物ごと少しずつ持ち上げ、現在の場所へ移動させる大工事であった。以前の場所は日当たりも悪く縁の下の柱は腐りかけ雨漏りもあったそうだ。お寺の伽藍は歴史の受難もあり、1333年兵火で伽藍が消失、そして大仏殿焼き討ちの際にも消失するも、当地の高山氏により再興されたと伝わる。 今現在に至るまで、ご本尊共々伝統建造物を守るため、人々の見えない地道な努力が日々続けられていることを改めて知ることができた。

20170212_6.jpg
【法楽寺本堂】

お寺を後に参道を下りふと振り返ると、ご住職がまだ寒い中立っておられ、春まだ早い富雄川の川面の風も心なしかそよ風に感じられ、ぜひ来年のお正月はお参りさせていただきたく帰路に就いた。

20170212_7.jpg
【法楽寺ご住職】

文 関 美耶子  写真 道崎 美幸
posted by 奈良まほろばソムリエ at 19:01| Comment(0) | 女性G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする