2012年03月23日

合格おめでとうございます

ソムリエ検定試験 晴れ合格おめでとうございます

奈良商工会議所は3月21日に 第6回ソムリエ検定試験の結果を発表されました。
それによりますと、最高位のソムリエの受験者は277名でその内合格者は63名でした。合格率は22,7%というこれまでの最難関であったようです。
今回見事に栄冠を勝ち取られた皆様に心からお喜び申し上げます。
またこの超難関を突破された皆様の日頃のたゆまないご努力に敬意を表します。

奈良まほろばソムリエ友の会はこれまで3年次に亘ってソムリエ試験に合格された皆様方により組織される団体であります。
現在会員数154名で構成し、ソムリエの持てる奈良に対する熱い思いと深い知識経験を生かし年間を通じて研鑽・交流・ボランティア活動などを行っています。

IMG_2009.jpg
歴史地理グループの研究風景

奈良まほろばソムリエ友の会では、すでにご案内の通り、新たにソムリエとなられた皆様方に本会へのご入会をお願いしています。
皆様の持てる力を発揮する場でもあり、多くの同じ思いを持った方々との活動の場でもある本会では皆様方のご活躍を大いにご期待いたします。
現在もうすでに数人の方々の入会を受け賜っています。是非この機会にご入会していただくよお願いいたします。

koryu06.jpg
100人以上の会員が集まる研修会

なお、入会に関してご不明な点などがございましたら当HPの「お問い合わせ」にてお願いいたします


奈良まほろばソムリエ友の会 会長 小北博孝
posted by 奈良まほろばソムリエ at 14:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

万葉集 東歌その2−小崎沼

  武蔵の小崎の沼の鴨を見て作る歌一首
埼玉(さきたま)の小崎(をざき)の沼に鴨ぞ翼(はね)きる 己(おの)が尾に降り置ける霜を掃ふとにあらし


[原文]前玉之 小崎乃沼尓 鴨曾翼霧 己尾尓 零置流霜乎 掃等尓有斯 (巻9・1744)

[大意]埼玉の小崎の沼で鴨が翼を強くふるってしぶきを立てている。自分の尾に降りた霜を払い落すということらしい。(『日本古典文学大系』)

   ――――― ・ ――――― ・ ―――――

今回は埼玉県行田市埼玉にある埼玉県指定旧跡 万葉遺跡「小崎沼」を紹介する。
国宝辛亥年銘鉄剣で有名な稲荷山古墳を含む埼玉古墳群から東へ約2.5qの田畑の中に小崎沼はある。

osakimor.jpg
小崎沼は田畑に囲まれた森の中にある。(2011年10月16日撮影)

現在は沼の北500mには旧忍川が流れているが、縄文海進の頃にはこのあたりまで東京湾が入り込んでいた。
周辺には最近まで大きな沼があり、万葉時代には沼の多い湿地帯であったと思われる。

埼玉古墳群は5世紀後半から7世紀初めごろまでに築造されたと考えられ、小崎沼の付近はこの地方の有力者の住む地域に隣接した場所であったと想像される。

osakinum.jpg
小崎沼は小さな池のような跡になり水も枯れていた。

写真中央には水神社が祀られている。左端の大きな石碑は小崎沼史跡保存碑(1925年建立)である。

osakinhi.jpg
武蔵小崎沼の碑。

宝暦三(1753)年に忍城主・阿部正因によって建立された。背面には「埼玉」が詠まれた万葉歌2首が刻まれている。1首は表題歌で、もう1首は次の歌である。
・埼玉の津に居る船の風をいたみ 綱は絶ゆとも言(こと)な絶えそね(巻14・3380)

地図には尾崎沼神社と表記があり、鳥居も立っている。隣接地には天祥神宮が祀られているが、これは近年に祭祀されたものという。

by 佐吉多万比古
posted by 奈良まほろばソムリエ at 01:22| Comment(0) | 他国便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

奈良県における「神武東征とその聖蹟」

古事記完成1300年の記念すべき年に、私たち有志は昨年の夏から古事記の読み下し文を輪読することで、古事記に少しばかり触れました。さらに今年になってから多くの有志で書紀における神武記をわずかながら学びました。しかし机上での学びだけでは物足りず、せめて神武東征の聖蹟を訪ねてみようと、それも奈良県と大阪府東大阪市に点在する聖蹟顕彰碑を訪ねることとしました。
もちろん記紀ゆかりの史跡は奈良県には数えきれないくらいあります。それらは機会あるごとに訪ねた方も多いと思いますが、この神武東征の聖蹟は意外と知られていないようです。今回これ等を訪ねることにより記紀に対しての新たな造詣が深まるのではないかと思います。
これから聖蹟を訪ねる方々に参考となる聖蹟の写真と周辺の関連情報をを提供します。とくに聖蹟碑の裏面に刻まれた考証文に注目していただきたいと思います。
なお、これらの聖蹟碑は神武天皇東征の聖蹟を顕彰するため紀元2600年(1940年、昭和15年)の奉祝の事業の一環として顕彰碑が建てられました。これは文部省における神武天皇聖跡調査委員会による推考に基づいて、大分県から奈良県に至る7府県に計19か所が選定されました。そのうち奈良県には7か所の聖蹟があります。

菟田穿邑顕彰碑
IMG_2467.JPG

IMG_2466.JPG

神武天皇戌午年頭八咫烏郷導(ヤタノカラスクニノミチビキ)ニ依リ道臣命ヲ皇軍ノ将トシテ菟田穿邑ニ至リ給ヘリ聖蹟ハ此ノ地方ナルヘシ

大伴氏の遠祖日臣命は功あり勅して名を道臣命と改める

宇賀神社 祭神は兄猾(兄宇迦斯)弟猾(弟宇迦斯)
IMG_2468.JPG

天皇 兄猾及び弟猾を徴さしむ 時に兄猾来ず 弟猾即ち詣至り 弟の密告により兄は殺される 流れる血は累々しくその地を名づけて「血原」という

青蓮寺
青連寺.JPG

宇賀神社から2キロほど山道を行くと中将姫伝説の日張山青蓮寺がある

IMG_2488.JPG

県道から急坂を300mほど登ったところに聖蹟碑がある

菟田高倉山顕彰碑
IMG_2491.JPG

神武天皇戌午九月菟田高倉山ノ嶺ニ登リ給ヒテ域ノ虜軍ノ形勢ヲ謄望シ給ヘリ 聖蹟ハ此ノ地ナリト傳ヘラレル

高倉山から国中を望むと 国見丘の上に八十梟師 磐余邑に兄磯城の軍があふれていた

IMG_2489.JPG

敵を降伏させるために、天皇は「天の香具山の社の中の土を取って平瓦と御神酒を入れる瓶を作って天神地祇をお祀りせよ」と天神のお告げの夢を見た

丹生川上顕彰碑
IMG_2486.JPG

神武天皇戌午年九月天下平定ノ為平瓫及厳瓮ヲ造リ給ヒ丹生川上ニ渉リテ天神地祇ヲ祭ラセラレ又丹生川に厳瓮ヲ沈メテ祈リ給ヘリ 聖蹟ハ此ノ付近ナリ

IMG_2484.JPG

天皇曰く「吾今まさに厳瓮を以って丹生川に沈めむ。もし魚が大小となく全部酔って流れるのが、例えば槙の葉の浮き流れるようであれば、吾必ず能く此の国を平定するだろう。」そして瓮を川に沈めた。しばらくすると魚は皆な浮き上がった。 
ちなみに浮き出た魚は魚編に占うと書く「鮎」である

丹生川上神社
IMG_2481.JPG
祭神は罔象女神(ミツハノメ)

天誅組吉村寅太郎の辞世の句碑
IMG_2478.JPG

東吉野村は天誅組終焉の地で義士の墓が点在する 来年は天誅組義挙の150年にあたる

磐余邑顕彰碑
IMG_2495.JPG

神武天皇戌午年十一月兄磯城ヲ討チ給ヒ皇軍ノ虜ヲ破ルヤ大軍集マリテ磐余邑ニ充満セリ聖蹟ハ此ノ地方ナリト推セラル

鳥見山中霊畤(トミノヤマナカマツリノニワ)顕彰碑
IMG_2493.JPG

神武天皇御東征の鴻業ヲ遂ゲサセ給ヒ橿原宮ニ御即位後四年二月鳥見山中ニ霊畤ヲ立テテ皇祖天神ヲ祭ラセラレ大孝ヲ由ベ給ヘリ聖蹟ハ此の地付近ト伝エラレル

鵄邑顕彰碑
IMG_2334.JPG

神武天皇戌午年十二月皇軍ヲ率イテ長髄彦ノ軍ヲ御討伐アラセラレタリ時ニ金鵄ノ瑞ヲ得サセ給ヒシニ因リ時人其ノ邑ヲ鵄邑トセリ聖蹟ハ此ノ地方ナルヘシ

皇師遂に長髄彦を撃つ。連に戦ひて勝つこと能はず。金色の霊しき鵄有て、飛び来りて皇弓のはずに止まれり。
長髄彦が軍卒皆迷ひ眩えて戦はず。長髄は是邑の本の號なり

IMG_2501.JPG

狭井河上上(サイガワノホトリ)
IMG_2497.JPG

IMG_2500.JPG
神武天皇伊須気余理比賣命ノ御家アリシ狭井河之上ニ行幸アラセラレタリ聖蹟ハ此ノ地付近ナリト推セラレル

天皇は富登多々良伊須須岐比賣命を皇后とした後、狭井河の上にある伊須気余理比賣の許に幸行でまして一宿御寝しましき、然して生まれしし御子の名は神沼河耳命即ち綏靖天皇

以上奈良県における7か所の聖蹟顕彰碑を紹介しました

奈良まほろばソムリエ友の会 小北博孝










posted by 奈良まほろばソムリエ at 13:08| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする