2018年07月14日

天理市:石上神宮「でんでん祭り」見学記

「でんでん祭り」の愛称で親しまれ、五穀豊穣を願う「神剣渡御祭(しんけんとぎょさい)」が平成30年6月30日(土)、天理市の石上神宮で行われました。神剣渡御祭は当神宮より境外末社の神田(こうだ)神社に御神剣を捧持して渡御する祭りで、渡御の行列が太鼓を「デンデン」と打ち鳴らしながら進むので、「でんでん祭り」とも呼ばれています。

流れを追い記載します。

20180714_01.jpg
<石上神宮の境内6/30:茅の輪の準備完了>

13:00 国宝の拝殿で神事が開始されました。(私たちは早い目に拝殿前に集まっていましたので、運よく拝殿の中に入って目の前で神事を拝観できました。ただし殿内の写真撮影は禁止。)

20180714_02.jpg
<拝殿(国宝)で神事が開始>

13:10 宮司が御簾をあげ献饌に始まり、祝詞奏上、玉串奉納、撤饌と厳かに神事が進みました。(撮影不可につき写真はありません)

13:45 神剣渡御行列開始。御神剣と共に宮司・祭員・花鉾・早乙女・作男など約40名が神田神社に進みました。

20180714_03.jpg
<神剣渡御行列の様子:太鼓をデンデンと叩きながら歩く>

14:00 神田神社で祭礼開始。斎田お払いに続き、祠が開扉され献饌に始まり祝詞奏上、玉串奉納、撤饌と厳かに神事が進みました。

20180714_04.jpg
<神田神社での神事>

14:35 斎田ではお田植神事の開始。砂を田に見立てた縦5m、横3mの四角い枠の中で、作男が@クワ入れA田おこし(牛との協働)B畔築きC大豆植え(穴あけと豆まき)D上に灰を振りかけるE土ならし(牛との協働)F早苗播きG早乙女3名によるお田植神事が、時にはユーモラスにかつ厳粛に執り行われました。

20180714_05.jpg
<お田植神事で使用する道具>  

20180714_06.jpg
<クワ入れの様子>

20180714_07.jpg
<田男と牛のユーモラスな掛け合いで田おこしが進む>

20180714_08.jpg
<3人の早乙女による田植の様子:地面の砂が熱そうでした>


15:00 宮司の挨拶があり、無事終了しました。なお、斎田の早苗は疫病を払うとされ、多くの参拝者が持ち帰りました。

20180714_09.jpg
<頂いた神事に用いた苗:1本だけ元気です。>

今年のお田植神事は宮司によると、3年ぶりに屋外で開催されたそうで、梅雨の最中の晴れ間で気温は34度にもなり、当事者のご苦労は大変であったと思います。

大和のお田植神事の最後を飾る石上神宮の「でんでん祭り」を末永く継続していって頂きたいと、切にお祈りしています。

(写真・文   保存継承グループ・亀田幸英・中西環)

posted by 奈良まほろばソムリエ at 19:36| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする