2018年08月30日

女性グループ(ソムリエンヌ)夏休み家族体験教室Part2「元興寺でオニに会おう!」

8月9日(木)女性グループ(ソムリエンヌ)と元興寺との共催で「夏休み家族体験教室 元興寺でオニに会おう!」が開かれました。
啓発グループの協力を得て、女性グループ14人、啓発グループ4人、計18人が協力し合って運営し、家族ら13組、計36名が、奈良町周辺に語り継がれる妖怪のお話や、奈良まほろばカルタで、奈良の歴史や文化に親しみました。


20180830_01.jpg

20180830_02.JPG

極楽堂で栂尾有道(とがのお ゆうどう)氏より、元興寺の歴史についての特別講座がありました。遣唐使や智光法師のお話は大人も勉強になる内容で、興味津々に聞き入っていました。

20180830_03.JPG
<小子坊にて奈良まほろばカルタとり大会>

啓発グループ担当者よりカルタ大会のルール説明のあと高学年、低学年の3グループに分かれて競い合います。

20180830_04.JPG

競技が進むにつれてどんどん前のめりの体勢になりながら、読み上げられる札を一生懸命に探していました。札を取れて喜んだり、お手付きをしてしまって悔しがったりと、盛り上がりました。

20180830_05.JPG

各グループの優勝者に奈良まほろばカルタが贈られました。カメラを向けられてちょっと緊張気味のようです。

20180830_06.JPG
<小子坊にて妖怪紙芝居>

ソムリエンヌ手作りの紙芝居を使って、奈良町周辺に潜む妖怪のお話をしました。
元興寺の鐘楼に夜な夜な現れる得体の知れない悪霊のオニと大格闘した童子の話や、興福寺の三重塔に棲み、おぶさって来るオウテクレばばの話などに子ども達はニコニコ、目をキラキラさせていました。

20180830_07.JPG
<境内の元興神>

最後は外に出て、境内の中に隠れている五匹のオニ、元興神(ガゴゼ)を探します。木の上には雷の子供もいます。境内をくまなく散策できるうえに、このオニ達がとても可愛くてフォトジェニック!さて誰が一番に全部見つけられるかな?

20180830_08.JPG

20180830_09.JPG

スタンプラリー形式で、見つかったオニの写真にシールを貼ってカードを完成させます。これがなかなか難しいのですが、皆さんとても優秀で「あっちにいたよ!」「すぐに見つけられたよ!」という声があちこちから聞こえて来ます。大人も子ども一緒にオニ探しを楽しみました。

20180830_10.JPG
<参加者全員で記念撮影>

「参加して良かった」「思い出に残る経験ができました」「初めて元興寺に来ました。楽しかったです」など、嬉しい声を寄せていただきました。元興寺での特別な体験は夏休みの思い出のひとつになったようです。

20180830_11.JPG
イベントを終えて。女性、啓発両グループのメンバーで記念撮影


文:道ア美幸(女性G) 写真:久門たつお(啓発G)
posted by 奈良まほろばソムリエ at 21:08| Comment(0) | 女性G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

女性グループ(ソムリエンヌ)夏休み家族体験教室PART1 「瓦であそぼう!」

8月5日(日)、昨年に引き続き歴史に憩う橿原市博物館にて「瓦であそぼう!」をテーマに瓦作り、湿拓体験、ソムリエンヌのクイズ出題、かるた大会を行いました。
家族参加者は19名。ソムリエンヌから6名、啓発グループから4名出席しました。

20180829_01.jpg
<開催のあいさつ>

同館学芸員松井氏より瓦についてお話しがありました。平瓦1枚の重さは約6kg。重ねながら葺くので一般の家でも大量の瓦が必要になります。絵を描きながら説明がありました。

20180829_02.jpg
<瓦についてのお話し>

その後はソムリエンヌが考えたクイズを4つ出しました。藤原宮に使用された瓦は何枚でしょう? 21万枚?200万枚?35億?簡単な問題、少し迷う問題に子供たちの積極的な反応で盛り上がりました。

20180829_03.jpg
<瓦クイズ>

いよいよ実体験です。藤原宮跡で出土した軒丸瓦のレプリカから型をとった紙粘土を事前に用意していました。その紙粘土にこねた粘土を押して型をとります。粘土量の配分が意外と難しくてまた押す力も要ります。

20180829_04.jpg
<瓦作り体験>

型取りが終わると次は湿拓体験です。レプリカの瓦の上に半紙を置きスプレーで水を吹きかけ綿で内から外に空気を抜いていきます。繊細な作業で大人も子供も真剣です。乾いたら絵具を含ませた「タンポ」を使って、トントントンとリズムよくたたきます。

20180829_05.jpg
<湿拓体験>

最後はかるた大会です。ピロティにブルーシートを敷き2つのグループに分かれました。目の前のかるたを覚えようと始まる前から熱気を感じました。

20180829_06.jpg
<かるた大会低学年グループ>

20180829_07.jpg
<かるた大会高学年グループ>

各グループで一番多く取った子供に賞品のかるたが贈呈されました。

20180829_08.jpg
<低学年グループかるた贈呈>

20180829_09.jpg
<高学年グループかるた贈呈>

アンケートには今後もこのような企画があれば参加したい。楽しい時間を過ごせた。など回答があり手応えを感じました。子供たちの元気な姿が印象的でした。


20180829_10.jpg
<大会を終えて>


文:寺田麻美(女性G) 写真:前川光正(啓発G)、寺田麻美
posted by 奈良まほろばソムリエ at 20:49| Comment(0) | 女性G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする