2022年08月07日

3年ぶりに「講師養成講座」を開催!

20220807_01.jpg
講師の柏尾信尚さん

日曜日(2022.7.31)、「講師養成講座」を開催しました。これまではほぼ毎年開催し講師候補者を34人育成してまいりましたが、コロナ禍でストップしていました。今年度は37人もの新入会員をお迎えしたこともあり、開催することといたしました。養成講座への出席者は20人(スタッフ6人を除く)、場所は奈良市生涯学習センターでした。

20220807_02.jpg
小野副理事長の開会挨拶

講師養成講座の講師は、当会会員の柏尾信尚さん。柏尾さんは奈良シニア大学など、県内外で講師を務めるベテランで、法隆寺や聖徳太子などの歴史ものをはじめ、大相撲や鉄道に関する講演もこなしておられます。ガイドもお上手で、ガイド名人を認定する「Nara 観光コンシェルジュアワード」で、優秀賞を受賞されています。

20220807_03.jpg

柏尾さんはこれまで当会が使用してきたパワポデータを使い、さらに追加画面も用意されて講座に臨まれました。約50分の持ち時間内にピタリと話を収められたのは、さすがでした。

20220807_04.jpg

20220807_05.jpg

当会は奈良シニア大学では年間60回、東京の奈良まほろば館でも年間12回の講演会を実施しています。最近はまたコロナ陽性者の数が増えていますが、講演の依頼は少しずつ増えています。

〈講演の3要素は「知識」「話術」「パワーポイント資料の制作技術」。話術の苦手な人は時間感覚に乏しい人。時間感覚を磨いてほしい〉〈講演の善し悪しは、事前準備の段階で「9割」方が決まる〉(職人さんの「段取り8分」と同じ)〈お客さんに背中を見せないよう、レーザーポインタの持ち方(右手か左手か)を工夫する〉。

20220807_06.jpg

〈その場の「思いつき」で話を挿入すると、失敗する〉〈習うより慣れろ〉〈自分の「得意分野」「話せるテーマ」をたくさん持つ〉〈お客さんが聞きたそうなテーマを探す〉〈著作権・肖像権には十分配慮を〉など、基本的な事項について説明がありました。

参考資料:齋藤孝著『頭のよさとは「説明力」だ』(詩想社新書)
https://blog.goo.ne.jp/tetsuda_n/e/2c715c194560badc9b4220c6e8b21046

皆さん熱心に聞いてくださり、質問もたくさんいただきまた。今回のご参加者全員が講師に立候補してくだされば、約50人もの講師リストが出来上がります。そうなれば、今まで以上に講演活動が円滑に進むことになります。

20220807_07.jpg
豊田理事長の閉会挨拶

講演活動は、ガイド、文化財調査と並ぶソムリエの会の3本柱の1つ。会員が協力し合いながら、講演活動に注力してまいります!

写真と文 鉄田憲男
posted by 奈良まほろばソムリエ at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月18日

第3回グルメサークル(奈良シニア大学)は、三輪そうめん流し(桜井市三輪)!

20220718_01.jpg

「グルメサークル」は、当会会員が講師を務める「奈良シニア大学」のクラブ(課外)活動で、講師は当会の鉄田憲男専務理事、アシスタントも当会会員が交代で務めます。

20220718_02.jpg
店頭の自販機では、クレープも!

このサークルは年間9回実施する計画で、5〜7月、9〜11月、1〜3月の各月1回の予定です。3回に2回は奈良市内の店、1回は奈良市以外の県内の店を訪ねます。

20220718_03.jpg

第3回(2022.7.11)は、初めて奈良市以外の店を訪ねることになりました。アシスタントは友松洋之子(ともまつ・よしこ)さん。我々スタッフ2人を入れて28人の大所帯となりました。『奈良まほろばソムリエ検定 公式テキストブック』(山と渓谷社刊)「素麺」には、

20220718_04.jpg

20220718_05.jpg

奈良時代に中国から伝えられた素麺は、中国後漢時代(25〜220)の記録にある索餅(さくべい)が原形だという。索餅は索麺(さくめん)や麦縄(むぎなわ)とも呼ばれ、奈良時代の貴族が食べる特別な一品だった。

素麺が作られるのは巻向川と初瀬川が流れる三輪山のふもと。かつて、巻向川にはいくつもの水車が回り、小麦をひいていた。夏の食品である素麺は極寒期に作られる。今でも寒風に晒される素麺は真冬の風物詩。

20220718_06.jpg
ご店主が三輪の神さまについて解説!

ご店主の加藤秀幸(ひでゆき)さんのことが南都銀行の観光サイト「ええ古都なら」に紹介されていました。

アパレル業界出身の加藤さんには「奈良でしか出店したくない!」という強いこだわりがある。「大阪ならお好み焼き、神戸は餃子、香川にはうどんがある。同じように、全国の人がわざわざ食べに来たくなる、奈良でしか食べられない三輪そうめんを出すお店にしたい」と語るとおり、そうめんは三輪で有名な乾製麺所のオリジナル麺「誉(ほまれ)」を使用。しっかりとコシがあり、プリプリの食感がたまらない。

20220718_07.jpg

20220718_08.jpg

この日の料理は流しそうめんと釜飯のセット。皆さん、ワイワイと語らいながら、そうめんと釜飯を楽しまれていました。乾製麺所のそうめん(乾麺)は店頭でも販売されているので、何人かがお土産用に買ってくださいました。

20220718_09.jpg

食後は、友松さんのガイドで大神神社、活日(いくひ)神社、狭井神社を参拝。狭井神社では、皆さん持参された空のペットボトルに、ご神水をいただきました。冷たくて、とても美味しいお水です。

20220718_10.jpg

こんなに楽しい「グルメサークル」ですが、8月は酷暑とお盆のためお休みとし、次回は9月となります。今、次回の訪問地を見つくろっているところです。皆さん、どうぞお楽しみに!

文 鉄田憲男 協力 友松洋之子
posted by 奈良まほろばソムリエ at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月18日

第2回グルメサークル(奈良シニア大学)は、「ホテルリガーレ春日野」(奈良市法蓮町)で古代食!

20220618_01.jpg

当会は6年前から毎年、奈良シニア大学(事務局=奈良市西大寺北町3丁目2-191)に講師を派遣して、授業を行っています(奈良校および橿原校)。2022年度(令和4年度)からは授業に加え、クラブ活動として「グルメサークル」を担当することとなりました。これは同年度からスタートした授業「暮らしと文化」(奈良歴史部)とリンクした活動として行うものです。

20220618_02.jpg
左のカメラマンは、毎日新聞奈良支局長

20220618_03.jpg

初回となった前回(2022.5.9)は「大和の野菜」をテーマとして、ならまちの「旬彩 ひより」(奈良市中新屋町26)を訪ねました。今回(6/13)は、「古代食」をテーマに、「ホテルリガーレ春日野」(奈良市法蓮町757-2)を訪ねました。講師は鉄田専務理事、アシスタントは当会会員の山ア愛子さんでした。参加した学生(受講生)さんは前回より9人増えて、27人(男性12人、女性15人)となりました。

20220618_04.jpg

このサークルの目的は、単に「おいしいものを食べる」のではなく、「奈良の奥深い食文化を知る」こと。今回は、「古都恋都(ことこと)ぐるめ」というプロジェクトで県と奈良女子大学がタッグを組んで開発した「あおによし奈良の都のワンプレートランチ」(要予約の特別料理)をいただきました。奈良時代の貴族などの食事を再現したものです。

20220618_05.jpg 

20220618_06.jpg

20220618_07.jpg

この活動を知った毎日新聞さんが取材してくださることとなり、同じ料理を食べ、食後のツアーにも参加してくださいました。早速それが翌日(6/14)、カラー写真3点の入った大きな記事にしてくださいました。

20220618_08.jpg

食後は山ア愛子さんのガイドで、佐保山周辺を案内。山アさんは奈良のガイド名人を決める「Nara観光コンシェルジュアワード」で優秀賞を獲得した当会の名物ガイドです。いつも明るく元気で声も大きく、「いいガイドさんですね」と、皆さんに喜んでいただきました。

20220618_09.jpg

20220618_10.jpg

天気は薄曇りで暑すぎず風もあり、コンディションは最高。道路上から興福院(こんぶいん)、長慶寺、佐保山茶論(さろん)などを眺めながら1kmほど歩き、楽しく健康的な1日となりました。ホテルリガーレ春日野さん、ありがとうございました。次回は7月の開催を予定しています。

文・鉄田憲男 協力・山ア愛子

posted by 奈良まほろばソムリエ at 11:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月04日

2022年度「入会説明会」を開催!

2022年5月29日(日)、当会は「第15回奈良まほろばソムリエ検定試験」(3月13日)で奈良まほろばソムリエに合格された43人を対象に、奈良市生涯学習センター(奈良市杉ヶ町23番地)で入会説明会を開催しました。

20220604_01.jpg
豊田理事長の冒頭挨拶

20220604_02.jpg
鉄田専務の当会概要説明

昨年は試験が実施されなかったため、2年ぶりの開催となりました。出席された合格者は31人、当会理事などスタッフを入れると全51人という大規模な説明会となりました。

20220604_03.jpg

冒頭、豊田理事長が挨拶。次に鉄田専務理事が当会の概要を説明。そのあと当会の各グループ・サークルのリーダーから、活動内容の紹介がありました。

20220604_04.jpg

20220604_05.jpg

最後は合格者による1分間スピーチで、ソムリエ受験の動機や、合格の喜びを語っていただきました。

20220604_06.jpg
合格者の1分間スピーチが始まった

驚きましたのは、何度も何度もチャレンジして、やっと合格にこぎ着けたという人や、70歳代半ばで受験して合格された人、東京や名古屋など遠方の人も多かったこと。皆さんの「奈良愛」が感じられて、とても嬉しく思いました。

20220604_07.jpg
第5回「Nara観光コンシェルジュアワード」で最優秀賞に輝いた松原純さん

皆さん。合格おめでとうございます。ぜひ当会にご入会いただき、ともに手を携えて奈良を盛り上げてまいりましょう!

写真と文:鉄田憲男 写真協力:松森重博

posted by 奈良まほろばソムリエ at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月22日

第1回「グルメサークル」(奈良シニア大学)は、奈良町の「旬彩ひより」へ

当会は6年前から毎年、奈良シニア大学(奈良校・橿原校)に講師を派遣して、授業を行っています。2022年度(令和4年度)からはこれに加え、クラブ活動として「グルメサークル」を担当することとなりました。これは同年度からスタートした「暮らしと文化」(奈良歴史部)の授業とリンクした活動として行うものです。

20220522_01.jpg

20220522_02.jpg

同サークルの初回は「野菜」をテーマとして5月9日(月)、奈良町の「旬彩ひより」(奈良市中新屋町26)で実施いたしました。講師は鉄田専務理事、アシスタントは当会の森屋美穂子さんでした。参加した学生(受講生)さんは18人(男性10人、女性8人)。

20220522_03.jpg

20220522_04.jpg

オーナーシェフの尾崎敦士さんは、「こんなにたくさんの方に来ていただいたのは、2年ぶりです」と歓迎してくださいました。この日のメニューは「野菜びより」(先付・大和の野菜いろいろ・古代米ご飯・香の物・天ぷら・自家製わらびもち)でした。自家菜園などで栽培された選りすぐりの新鮮野菜などをいただきました。

20220522_05.jpg

20220522_06.jpg

このサークルの目的は、単に「おいしいものを食べる」のではなく、「奈良の奥深い食文化を知る」こと。全員に配布した『奈良の「食」カタログ』(奈良県食と農の振興部制作)を参照しながら、大和丸なす」(奈良の伝統野菜)、「大和まな」(同)、「原木しいたけ」、「古代米」などをいただきました。

20220522_07.jpg

20220522_08.jpg

食後は鉄田専務理事のガイドで、お店周辺の奈良町を案内。元興寺、御霊神社、道祖神などを参拝し、楽しく健康的な1日となりました。次回は6月を予定しています。

20220522_09.jpg

20220522_10.jpg

文・鉄田憲男 協力・森屋美穂子
posted by 奈良まほろばソムリエ at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする