2014年05月22日

記紀万葉サークル5月例会「山辺の道(その2)」

5月6日(火)参加者32名

ゴールデンウィーク最後の休日、「山辺の道−陵墓の謎と物部氏を考える」に参加。前日の雨に洗われた新緑が清々しい、大和青垣の西山麓を約10キロ歩いた。

JR柳本駅をスタート。「下ッ道」を横切り、黒塚古墳へ。近世には柳本藩陣屋の一部として使用されたというが、当初の姿を良好に残している全長約130mの前方後円墳だ。墳丘に登ると大和高原が一望でき、古墳の大きさが実感できる。隣接する黒塚古墳展示館では石室が復元されており、板石を用いた特殊な竪穴式石室の構造、出土された画文帯神獣鏡の位置や33枚の三角縁神獣鏡等の副葬品の配置がよくわかった。
国道169号線を渡り、崇神天皇陵に治定されている行燈山古墳の周濠を巡る。古墳のベースが東から西に大きく傾いているため、渡り土提により段階的に周濠を区切りながら水面を下げている構造を確認。今の周濠は江戸期に拡張されもので、東端の狭い箇所だけが築造当時の幅を残しているとか。詳細な説明を聞きながら歩いていると、240mの巨大な前方後円墳が異様な存在感で迫ってくる。
西に目をやると二上山の稜線が彼方に浮かぶ。古代葬送のエリアを歩いていると、かすかに見える古代信仰の山「二神山(ふたかみやま)」がほっと心をほぐしてくれる。
気分一新、満開のツツジに挟まれた参道を縫って長岳寺へ。境内はカキツバタをはじめ、初夏の花が咲き誇り、モミジの若葉が輝きを放つ。

20140522_1.jpg
(長岳寺の大石棺仏)

天理トレイルセンターで昼食をいただき、再び古墳巡り。中山大塚古墳から燈籠山古墳を経て西殿塚古墳へ。3世紀末と思われる巨大前方後円墳は手白香皇女衾田陵に治定されているが、年代的に隔たりがある。さらに北西300mほどに位置する西山塚古墳こそが、真の衾田陵ではないか?夫の継体天皇陵(高槻市・今城塚古墳)と同じ埴輪窯製の埴輪が出土しているという。田中リーダーの解説に聞き入りながら、古代王権のドラマを追った。

20140522_2.jpg
(衾田陵を行く参加者達)

萱生柿の畑を抜け、奈良県下で最も高所(標高110m)に位置する萱生環濠集落と竹之内環濠集落の跡を通り、天理市乙木町に鎮座する夜都伎神社に。もと春日社領の式内社というが、今にも崩れ落ちそうな茅葺きの拝殿が今も心に残る。
アップダウンが続く道をしばらく歩き、疲れた足で内山永久寺跡を巡り、ようやく石上神宮境内に。由緒の説明をする田中さんの声を、放し飼いされている鶏たちがけたたましい鳴き声で掻き消す。絶妙な掛け合いにみんな思わず笑ってしまった。禁足地に坐す布都御魂大神を拝させていただき、天理の町へと急いだ。
天理教本部を背景に全員で記念写真を撮り、ここで一旦解散した。

20140522_3.jpg
(天理教本部前にて)

ほとんどの人が杣之内古墳群の一部を巡るオプションに参加した。天理大学敷地内にある西山古墳は日本で最大の前方後方墳というが、下から眺めるだけではその形態がわからない。最後の元気を振り絞って一段高い東側墳頂にみんなで登り、西にのびる前方部を確認した。
天理高校敷地内にも巨大な横穴式石室が露出している古墳がある。石舞台古墳に匹敵するほどの大きな石室というのに、「塚穴山古墳」の名を示す立札はどこにもない。ツアーの最後はまさに知る人ぞ知る“穴場”に案内していただいたわけだ。
はじまりの大和をつぶさに巡る一日となった。

20140522_4.jpg
(塚穴山古墳の石室)


文  小倉つき子(交流グループ)
写真 田中昌弘(記紀万葉サークル)
posted by 奈良まほろばソムリエ at 14:11| Comment(0) | 交流G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

日本書紀にも登場する「世尊寺から吉野神宮まで」(史跡等探訪サークル)

5月10日(土)  参加者17名

 「史跡等探訪サークル」として、前回の「巨勢の道」に続き連続で晴天!!春になって、ツキが巡ってきたと、わがリーダーの独り言の声が大きくなってきた。

20140519_1.jpg
「吉野軽便鉄道の跡」

 この鉄道は、谷崎潤一郎の『吉野葛』の「妹背山」の冒頭に「ガタガタの軽便鉄道」と書かれている。軽便鉄道と言われますが、軌道幅は1067mmとJRの軌道幅と変わりないのに、軽便鉄道とは・・・設立が容易であることと、将来JRとの接続をめざしたのであろうとの説明をうけました。・・・ナルホド、ナルホド。ソムリエの経験は3年だか、鉄道は40年来のつきあいの小林誠一さんの資料はさすが秀作!!
 設立時には、吉野や下市、五条など和歌山との接続も考え、ローカルで終わらないつもりの、なかなか深い考えの軽便鉄道でもあったことがわかってきました。

20140519_2.jpg
「柳の渡し」

 『万葉集』では「六田の淀」(むだのよど)といわれ、白州正子さんは、「大峰とよばれるのは、この「柳の渡し」から熊野本宮に至る道中を言い。ここから、黄泉の世界へ向かう大峰行は「逆の峰」と言い、還ってくることを「順の峰」と言うのは、起死回生の蘇るための禊の淀であるからだ。」と書いています。万葉の時代からの「淀」で、大海人皇子が薄氷を踏むような気持ちでの吉野への隠棲や、義経と静の別れを前もって、それとなく知らしめる舞台でもあったと思われます。
 今は写真のごとく、明るく、交通量も多い場所ですが、ここから少し上ると、吉野川にせり出した棚のような一角がありました。そこに水難者の菩提を弔うための「身代わり地蔵」が祀ってあり、なんとなくそのお地蔵さんが、「吉野のこの淵で、古の思いに馳せるところですよ」と伝えているように思えるのです。

20140519_3.jpg
「世尊寺集合写真」

 私たちが世尊寺の着いたのは正午前、午後から、大淀町の学芸委員から遺跡の話があるということで、突然、ソムリエの会会員の富田良一さんとばったり!!そこで、富田さんにも入っていただき、記念写真。富田さんがいるせいか、わがリーダーの顔が輝いている。
 
「住職のお話から」
 比蘇寺・吉野寺・現光寺(げんこうじ)・栗天奉寺・世尊寺と移り変わっています。創建当時の伽藍は東西の搭を持つ薬師寺様式で、西搭は早くに消失し、鎌倉期に再建された東搭は(三重塔)は16世紀に豊臣秀吉が伏見城に移し、1601年に徳川家康が近江の園城寺に移建したという。住職から見せていただいた伽藍配置の絵巻では五重塔が描かれていました。

20140519_4.jpg
「オオヤマレンゲ」

 今回オオヤマレンゲが見られるとのことで、すごく楽しみでした。奈良検定のテキストでは、「大峰山の八経ヶ岳の周辺のシラビソ林の樹縁にオオヤマレンゲが群生する。」と、書いてあるので、頭のなかでは、草木のようで可憐な花だと思っていましたが、大木なのでビックリしました。また花も立派で、白木蓮を小ぶりにしたようです。そう云えばオオヤマレンゲはモクレン科でした。香りを嗅いでみましたが、上品な薄くあまい香りがしました。
 それ以外にメンバーから、世尊寺には「なんじゃもんじゃ」の木があると聞いていたので、境内をさがして見ましたが見当たりません。近くに、たまたま居られた大淀町の学芸員さんに聞きましたら、天台烏薬(テンダイウヤク)のことで、このお寺にはありませんとのことでした。テキストでは妹背山樹叢に見られるとあるので、かつて、このお寺で育てていたのでしょう。

20140519_5.jpg
「大峯奥駆道一之坂登り口」の碑

「イザ!!奥駆へ参るとの意気込みとともに!!」
 奥駆の気分を味わおうと、旧道の急坂をしばらく、キッツイですが、登ります。登りきると、絶景ポイント。吉野川を眼下に。先ほど訪ねた、世尊寺あたりまでの道筋が見渡せます。しばらく、杉林の道を登ります。木立が透けた先に、吉野川に架かるトラス橋とガーダー橋が混成する橋梁が見えました。「吉野川の清らかな川面に、単線上路プラットトラスを電車が走る姿が映るのは何とも格別である。」とテキストに書いてある。それ以上の説明は要らない。

20140519_6.jpg
「吉野神宮」

 鎌倉時代も終末になると、悪党が活発になる時代になってきます。悪党とは鎌倉幕府の公権力から、はずれた商人や流通・金融業業者のネットワークなども意味します。地頭・御家人の所領を基礎とする「農本主義」的な政治路線から、商業・金融業者に基礎を置いたいわゆる「非農本主義」の経済路線へと移っていきます。後醍醐天皇はまさにこのような商業・金融を基礎に専制独裁を望んだ特異な天皇でした。当時、為替手形が活発に流通する中で、結局実現しなかったのですが紙幣の発行を計画しています。(吉野神宮前で、休憩のときの伊藤和雄さんが少し話しされていました。)
 このような二つの政治路線が厳しく対立し、大騒乱が起こる結果となります。そして後醍醐の「建武の新政」はわずか2年あまりで命脈が尽きました。14世紀の末に足利義満の政治は、まさに、後醍醐がやろうとして失敗したことを、ほぼ実現することに成功するのです。これ以後、農本主義は背後に退き、しばらくは。商業・金融を肯定する風潮が表舞台に登場してきます。
 1976年に韓国全羅南道新案郡(朝鮮半島の南西部、黄海上に浮かぶ島々)沖の海中から発見された中世の沈没船の新案沈潜(しんあんちんせん)は、東福寺再建の費用を捻出するため1323年「元」の寧波(にんぽー)を出発して日本へ向かった唐船であると推測されます。この時代の背景を象徴している海洋遺跡です。
 京都を望んで北向きに建られた吉野神宮は、京都に帰り返りたくて北面して建立したというノスタルジックな感傷よりも、吉野の聖域からなら、もっと大きく国を憂える思いを、幕府にむけて望んでいると、解釈したい思いになります。


文   史跡等探訪サークル  加藤宣男 
写真  同史跡等探訪サークル 小林俊夫
posted by 奈良まほろばソムリエ at 22:40| Comment(0) | 交流G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

椿の花咲く「巨勢の道」を訪ねて (交流G 史跡等探訪サークル) 

4月12日(土)  参加者25名

週間予報では心配された天候も、実施日が近づくにつれて降水確率が下がり、歩くには最適のさわやかな気候で「巨勢の道」ウォークとなりました。近鉄橿原神宮前駅に9:30集合すると、通路やホームは溢れかえるほどの人・人。「そうだ、吉野はお花見真っ盛りだ」と気が付き、乗り込んだ電車は超満員。それでも何とか葛駅で降りて小林俊夫リーダーから本日の行程説明と資料配布のあとウォーキングスタート、最初に「新宮山古墳」を目指す。稲宿(いなやど)集落のはずれの尾根の先端に横穴式石室が開口している。低い羨道に頭をぶつけないように気を付けながら奥へ進むと立派な刳り抜型家形石棺、そのまた奥には、崩れた箱型石棺が。天井のコウモリに申し訳ないけれども懐中電灯をつけてじっくり見学する。その後、すぐ近くの安楽寺塔婆へ、二層目以上がなくなった三重塔の初層を見ながら、往時の堂々とした姿を想像する。

20140417_1.jpg
[新宮山(しんぐうやま)古墳]

20140417_2.jpg
[安楽寺塔婆]

御霊神社、(現在の)安楽寺に立ち寄り、巨勢寺跡へ、「巨勢山のつらつら椿・・・」はどんな具合かなと楽しみにしながら向かう。JR和歌山線と近鉄吉野線に挟まれた巨勢寺跡大日堂の脇にある椿の盛りは過ぎていたがまだまだ花も残り、誰が置いたか塔の心礎跡には、散った椿の花が添えられていた。

20140417_3.jpg
[糖塔の心礎跡には椿の花びら・・・]    

20140417_4.jpg
[阿吽寺  十一面観音像]

椿の前での集合写真の後「玉椿山 阿吽寺」へ、門前の「椿のトンネル」もやはり盛りを過ぎていたが、足元に広がる落花もまたいいもの。阿吽寺は現在、無住だが地元の方々によって大切に守られており、特別に本堂を開けていただき、ご本尊の木造十一面観音像などを拝観する。境内には犬養孝先生揮毫の上記「坂門人足」の万葉歌碑もある。

20140417_5.jpg
[当日参加のメンバー・・巨勢寺跡大日堂]

昼食の後、「水泥古墳」を目指す。この古墳を管理されている西尾様ご夫婦の案内で、まず「南古墳」へ、普段は鍵がかかっている門扉を開けていただき石室内部へ入る。他に例がないといわれる縄掛突起に刻まれた「蓮華紋」を間近に見ることができ、参加者全員が大興奮。ここにも、「新宮山古墳」と同様に2基の石棺がおさめられている。
次に、西尾邸の裏庭にある「北古墳」へ、こちらは石棺は現存しないが、羨道・石室は南古墳より大きく堂々とした作り、西尾家の「展示室」で古墳から出土した高杯などを拝見。冷たい飲み物のプレゼント、ご夫婦から詳細なお話をいただいた。

20140417_6.jpg
[水泥南古墳・・蓮華紋]       

20140417_7.jpg
[水泥北古墳・羨道石室]

駅に向かう途中「川合八幡神社」に立ち寄り、本日の見学予定はこれで終了。歩く距離も短く参加者全員元気で予定より早く2時30分に吉野口駅へ到着、解散しました。
花の盛りを狙った行事日程はなかなかぴったりとはいかないけれど、阿吽寺・水泥古墳など、地元を愛する巨勢谷の方々の温かさに触れることができたウォーキングでした。

[ 写真と文  史跡等探訪サークル  小林誠一 ]
posted by 奈良まほろばソムリエ at 21:32| Comment(1) | 交流G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

斑鳩三塔を巡る(公民館講座サークル&ガイドグループのコラボ企画)

4月6日開催
参加者29名+ガイド3名


日頃、公民館(中部・西部・若草)での座学に来られる皆さんに、教室を出て現地にてソムリエガイドの説明を聞いていただく企画です。(昨年秋の當麻路に続き2回目)

20140412_1.jpg
(大和小泉駅で、打ち合わせ中)

午前10時、JR大和小泉駅を出発。寒の戻りで手がかじかむ気温と時おり降る小雨の中、奈良街道をたどり庚申堂へ。ここは大和の庚申信仰総道場。寺名は金輪院(こんりんいん)だが、地元では庚申堂が通称。ヒョウキンな猿の丸瓦や算額に、興味津々。

続いて、家老屋敷を経て小泉神社へ。家老屋敷の裏手にある湧水が「小白水(しょうはくすい)」と呼ばれ、この白と水が合体して「小泉」という地名となった話などを聞く。小泉陣屋の表鬼門を慈光院が、裏鬼門を小泉神社が守る。春日造りの本殿が、室町時代の重文で、表門は陣屋の大手門を移したと云うのも興味深い。ここからの景色が良いのだが、曇り空が残念。

小泉墓地を過ぎると、法起寺の三重の塔が見える。田圃の畦道を行くと、足元にレンゲ草やツクシ。オオイヌノフグリも薄紫に咲いている。塔の横には満開の桜。美しいと思っていると、突然風雨が強まる。小泉神社に祀られている九頭(くず)神(雨、水の神)に失礼な事をしたのかな?・・・・ 急いでカッパを着込む。

三井の集落に入り、赤染めの井戸を見て法輪寺へ。三重の塔が落雷で焼けた際にできた金堂の柱の炭化した跡をみて、火災の激しさを知る。

斑鳩神社前を通り法隆寺へ到着すると、太子のご加護か晴れてきた。桜は散り初め花びらの舞う中、昼食休憩。

20140412_2.jpg
(昼食後の集合写真、日も差して桜も綺麗な法隆寺食堂(じきどう)前)


寺内を巡り西里を抜けて藤ノ木古墳へ。 「ずいぶん綺麗になったなー」と異口同音。

20140412_3.jpg
(整備が済んで随分たちますが、発掘当時とは全然違う)

文化財センターで出土品の精巧なレプリカを見学。何度見ても素晴らしい。学芸員の方を質問攻めにする。業平道を通り法隆寺南大門に戻り、ここでひとまず解散。終わる頃にはすっかり晴れでした。希望者は拝観へ。前半の寒さと雨にはまいりましたが、ガイドさんの詳しい説明で知識欲を満たし最後は皆さん笑顔でした。

20140412_4.jpg
(法隆寺南大門前、お疲れ様です。)

また秋には何処かへ出かけたいと思います。ガイドグループのみなさん宜しくお願い致します。 

公民館講座サークル リーダー  西川 誠
posted by 奈良まほろばソムリエ at 12:30| Comment(0) | 交流G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

記紀万葉サークル3月例会「平群谷を歩く」

2014年3月8日 参加者26名

参加者26名と、記紀万葉の会以外の多数のメンバーの参加もあり大変賑やかなイベントとなった。平群中央公園での食事時は少し寒かったが、天候にも恵まれ楽しい一日となった。案内されたコースも平群谷を網羅していて、今まで馴染みの薄いところであったが、伊藤さんの明快な案内で平群が大分理解出来たような気がする。

とりわけ面白かったのは古墳巡りで、平群谷の古墳時代後期・終末期の前方後円墳、円墳、方墳とバラエティーに富んだものを廻れた事である。実際に烏土塚古墳・柿塚古墳・西宮古墳の中に入って、それぞれの古墳の特徴を実感出来たのが良かった。中でも柿塚古墳の土砂に埋まった羨道を腹這って滑り込んで、懐中電灯に仄かに照らされた薄暗い玄室に立って、ドーム状の天井を見上げた時の格別な感動は忘れ得ぬものとなった。又、西宮古墳の一枚石の巨石で構成された、切石を用いた玄室は息をのむ美しさであり、その精美さは現代の建造物と見紛う程であるが、その重量感は現代の建造物を遥かに凌駕するもので、天井の一枚石には圧倒された。外に出て丸石が敷き詰められた三段造成の方墳を想像すると、まさに日本版小型ピラミッドと言われるのも頷ける。

20140322_1.JPG
(西宮古墳の石室と石棺)

石床神社旧社地の巨岩は古代の磐座信仰を彷彿とさせる。今日は岩に圧倒される一日となった。消渇神社の12個の土の団子の奉納は微笑ましかった。

三里古墳・紀氏神社に見る平群氏と紀氏との関わりも複雑である(吉野にも紀氏の影響下で造成された岡峰古墳と槇ヶ峰古墳の二基の著名な石棚古墳が存するが石棚の位置が違う)。また、長屋王・吉備内親王墓については治定に問題がありそうである。

20140322_2.JPG
(石床神社旧社地の巨石)

20140322_3.JPG
(三里古墳で)

城薬師塚の「五劫思惟阿弥陀仏」のような髪型と説明を受けた薬師石仏は珍しい長髪の髪型も然ることながら、人間智を超えた「五劫」と云う言葉を聞いた時は思はず絶句した。意外に見落としがちな中世の山城に案内され、そこに築かれたL字型薬研掘という山城独特の堀が見学出来たことも楽しかった。最後に訪れた駅前で、吉野修験道の役の行者ゆかりの、元山上・千光寺への「女人山上道」碑が女性による建碑であると知らされ、感銘を受けた。

興味の尽きない有意義な野外学習会であった。主催の田中さん始め関係者、案内の伊藤さんに感謝します。

20140322_4.JPG
(長屋王墓にて)


(文)交流グループ「記紀万葉サークル」富田良一
(写真)同    「   同    」田中昌弘
posted by 奈良まほろばソムリエ at 10:27| Comment(0) | 交流G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする