2018年02月17日

長谷寺の「だだおし」 見学記

長谷寺は西国33所観音霊場第八番(真言宗豊山派総本山)の寺で、毎年2月14日に追儺会(だだおし法要)が行われている。

「だだおし」とは「修二会」の最終日に行われる鬼追いの儀式。開山徳道上人が閻魔大王より授かったとされる「檀拏印」(だんだいん)を押印し、法力を宿した「牛玉札」(ごおうふだ)の力により大松明を持った赤鬼、青鬼、緑鬼を退散させる行事。(長谷寺ホームページより)

行事は午後3時頃から法要が行われ午後5時過ぎ頃まで行事が行われる。

今回は、2月の寒中にも係わらず小春日和で見学の方々は例年に比べて多く見受けられました。法要の行事のチャンスを捉えようと多くのカメラマンがひしめきあい、シャッターを一生懸命切っている姿が印象的でした。

20180217_01.jpg
<階段の上には立派な長谷寺の仁王門が建ちます>

20180217_02.jpg
<長谷寺を印象付ける石段の登廊の様子>

20180217_03.jpg
<法要行事のために焚かれた火>

20180217_04.jpg
<参拝者・法要見学の方々は次々とつめかける>

20180217_05.jpg
<法要の行事が始まり参拝者は手を合わし・合掌>

20180217_06.jpg
<最初は青鬼が登場。回廊を3周回ると次第に鬼は弱っていきます>

大松明は、長さ一丈五尺余り(約4.5m)重さ30貫7超(約120キロ)という巨大なもの。本堂の周囲に火の粉を散らして東の広場に出ると、暴れ回った鬼達は何処ともなく退散する。(長谷寺ホームページより)

20180217_07.jpg
<勢いよく燃え盛る大松明に圧倒される>

20180217_08.jpg
<多くのカメラマンが法要行事に殺到する> 

青鬼は左回り。緑鬼は右回り鬼の後には松明がついていきます。両者の青鬼と緑鬼はお互いに逆同士に回るので途中で交差します。本堂内では僧侶さんがお札で鬼を弱らせ、回廊では松明の炎で鬼達を弱らせます。

20180217_09.jpg
<クライマックス赤鬼の登場。他の鬼よりひときわ大きい顔の赤鬼。迫力十分>

鬼が登場する場所はロープで確保されています。回廊に飛び散った火の粉は寺の関係者が水で直ちに消し止める。

20180217_10.jpg

20180217_11.jpg
<午後5時過ぎごろには今年のだだおしも終了、本坊へ向かいます>

奈良には様々な伝統行事が多く残されています。ここ長谷寺にもこのだだおしが終われば、もうすぐ春の訪れも聞こえます。

2018年2月14日に行われた桜井市長谷寺のだだおし行事の見学記でした。


文・写真  保存継承グループ  橋詰 輝己
posted by 奈良まほろばソムリエ at 11:35| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

2018年1月1日「大神神社の繞道祭(御神火まつり)」見学記

(国内で歳始めの一番最初の祭り行事)

日本最古の神社である大神神社は、大物主命を祀る三輪山を御神体としている。平和の神・福の神・酒の神・薬の神として崇められており年間を通じて多くの参拝者が訪れる。

繞道祭(にょうどうさい)は、1年の始まりである1月1日午前1時から古式に従い執り行われる神事である。大和年中行事の諸本によれば、明和3年(1766年)の神事勤行日記に記されており、繞道祭とは御神火をもって境内諸社をめぐることから今では御神火まつりと言われ国家・御皇室の安泰と国民の幸福を祈って行われる。繞道祭に用いられる御神火は新年の始まりの午前零時より、拝殿の東方、禁足地内で宮司により切り出されて、拝殿大床の燈籠に移される。祭典では宮司祝詞の後、御神火を小松明に移され、拝殿前の斎庭で3本の大松明に火が継がれる。3本の大松明は先入道・後入道と称される(長さ3m)と少し小さめの神選松明の3本を氏子の若者が担ぎ、神職と共に山麓に鎮座する摂末社19社を巡拝する。(大神神社の繞道祭説明より)

20180106_01.jpg

拝殿前には3本の大松明が置かれている。(見た目は3m以上あるように思われる)。新しい年の戌干支も掲げられている。(午後11時ごろ)
氏子によると、1本長さ約3m、重さ160Kg、材料は松の薄板と竹とのこと。

20180106_02.jpg

午前零時をもって新年(2018年)の始まりです。早々新年の参拝が始まりました。(午前零時)

20180106_03.jpg

拝殿内では神事に大忙しの巫女さんたち(午前零時10分ごろ)

20180106_04.jpg

大松明の担ぎ手、氏子も宮司祝詞に耳を傾ける (午前1時45分ごろ)
 
20180106_05.jpg

重いので数人の氏子たちによって拝殿前の庭に降ろされる。(午前1時50分ごろ)

20180106_06.jpg

いよいよ大松明に御神火が移されている。(午前2時ごろ)

20180106_07.jpg

3本の大松明に移されこれから三輪山麓の摂社に巡拝に向かいます。この後我々一行は、摂社の一つである檜原神社に先回りしました。(午前2時15分ごろ)

20180106_08.jpg

最後の摂社檜原神社に大松明が入ってくる。折り返し地点の檜原神社に到着。(午前3時ごろ)

20180106_09.jpg

新しい大松明に後神火が受け継がれている。(午前3時30分ごろ)

20180106_10.jpg

氏子たちによって一路、後半の巡拝に向かう。(午前3時40分ごろ)

20180106_11.jpg

末社の富士神社・厳島神社で行われている神事。(午前4時10分ごろ)

20180106_12.jpg

厳かで神聖なる神事は未明まで執り行われる。遠くには大神神社の鳥居が見える。(午前4時ごろ)

ちなみに(繞)とは、(めぐる)という意味で、この御神火拝載所に移されると、待ちかねていた参拝者が持参の火縄やカイロに移しとりそれぞれ家に持ち帰るそうです。


(感想)今回初めての繞道祭でしたが、厳かで古来より受け継がれてきた伝統の重みをひしひしと感じ取ることができました。夜の神事でなおさらその趣きが強く印象に残る行事でした。会員の方々もぜひ一度は、見学をお勧めします。

今回の大神神社の繞道祭(御神火まつり)の見学は夜中の行事につき、地理的に弱い我々にとって地域に非常に詳しい奈良まほろばソムリエの会 地元桜井在住の東田理事さんのご案内のもと実施となりました。東田さんには同行、ご案内をいただきましてありがとうございました。

(文・写真)  保存継承グループ   橋詰 輝己

posted by 奈良まほろばソムリエ at 10:34| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

大神神社「醸造安全祈願祭(酒まつり)」(桜井市)見学記

<11/13大杉玉掛け替えと11/14酒まつりの様子>

大神神社では、毎年11月14日に全国にわたって美味しいお酒が醸造されるよう、合わせて酒造界の発展と繁栄を祈る「醸造安全祈願祭(酒まつり)」が斎行されます。

(1)2017年11月13日(月) 大杉玉掛け替えの様子
本番の前日11月13日には酒造りのシンボルとして拝殿につるされていた「大杉玉」が掛け替えられます。
午前9時から神社の8人の職員がワイヤで古い大杉玉を降ろし、鮮やかな新しい玉を拝殿に固定します。大杉玉の杉葉はご神体の三輪山から集められたものです。

20171118_01.jpg
<取り外された古い大杉玉は新年にお焚き上げされます>

20171118_02.jpg
<新しい大杉玉が拝殿に固定されます>

今年の大杉玉は、昨年よりも大きく直径約1.7m、重さは約250kgです。
その後、巫女により「三輪明神」「志るしの杉玉」と書かれた木札を吊り下げて、明日の本番の準備は完了です。

20171118_03.jpg
<巫女により大杉玉に木札が取り付けられます>

20171118_04.jpg
<11/14醸造業者に配布される小ぶりの杉玉>


(2)2017年11月14日(火)醸造安全祈願祭(酒まつり)の様子

20171118_05.jpg
<拝殿の神事に向かう宮司や神職一行1>

20171118_06.jpg
<拝殿の神事に向かう宮司や神職一行2>

当日は午前10時30分から拝殿において、新酒の仕込みに当たるこの季節、お祭りには灘や伏見などの酒どころや全国の酒蔵から社長さんや工場長、杜氏、さらに洋酒、お酢関係や大学の先生まで多彩な方々がお祭りに参列され醸造の安全を祈願します。あいにく拝殿には入れず境内からの眺めとなりました。
拝殿内のお祭りでは、宮司がおいしいお酒が醸されるよう、また参列の方々の発展と安全を祈って祝詞を奏上、続いてこのお祭りに特に奏される神楽「うま酒みわの舞」が奉納されています。

20171118_07.jpg
<醸造の安全祈願 境内からの眺め>

20171118_08.jpg
<酒祭りに参加された方々には、お神酒が配られ多くの参拝者が行列を作って並んでいました。私たちももちろん雨の中並びました>

20171118_09.jpg
<境内では樽酒の振る舞い酒をいただけます。升酒で各地方の酒を嗜むことができます。お酒を頂く方は絶対飲酒運転をしないように>

20171118_10.jpg
<北海道から沖縄まで奉献された全国の銘酒がずらりと並ぶ>

20171118_11.jpg
<献酒会社名リスト>

20171118_12.jpg
<次回はぜひ酒祭りに足を運んでください。おいしいお酒が頂けます>

厳粛な中にも、まさしく至福の一時を楽しむことができました。 
今年も全国で美味しいお酒がたくさん誕生することをお祈りしています。

(文:写真)  保存継承グループ・橋詰 輝己、亀田幸英
posted by 奈良まほろばソムリエ at 17:48| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

保存継承グループ 「うたの秋祭り」(宇陀市)見学記

(惣社水分神社から宇太水分神社への神輿(みこし)渡御(とぎょ)祭を中心に)

「うたの秋祭り」と言えば、毎年10月の第3日曜に、宇陀市の古市場にある宇太水分神社の境内で6台の大きな太鼓台が練り回す、あの賑やかな祭りかと想像される方が多いと思います。しかし、そこには連綿と伝わる神輿渡御祭がありました。

今回は惣社水分神社から宇太水分神社までの神輿渡御行列を追いかけてみました。
平成29年10月15日(日)は早朝から終日、本降りの雨で被写体には雨除けのカバーや雨具を付けていますので、写真の映りが悪いことをお断りしておきます。

(1)宇陀市の芳野川沿いの水分神社(上流から)は3社あります。
 ・惣社水分神社(上社):鎮座地 宇陀市菟田野上芳野(ほうの)698(鳳輦(ほうれん)神輿(みこし)は重文)
 ・宇太水分神社(中社):鎮座地 宇陀市菟田野古市場245(3本殿は国宝)
 ・宇太水分神社(下社):鎮座地 宇陀市榛原下井足水分山635
今回、お渡りを行うのは上社と中社間です。

(2)神輿渡御祭の由来
起源は平安時代まで遡ります。上芳野(芳野川の上流)に位置する、惣社水分神社(上芳野)の速秋津姫(はやあきつひめ)命が夫君である宇太水分神社(古市場)の祭神、速秋津彦(はやあきつひこ)命にお会いになるため、神輿に乗って往復12qの道のりを渡られるというロマンティックなお祭りです。
これがすなわち神輿渡御祭として今に伝わっているお祭りです。

(3)10月15日(日)の神輿渡御行列の行程
7:30 惣社水分神社には、上下姿の地元の役員がすでに集合しています。

20171025_01.jpg
(惣社水分神社前)

7:40 芳野地区の太鼓台(重さは約2トン)が惣社水分神社前に持ち込まれ、100人以上の人々が参加して出発式を行う。
8:00 惣社水分神社前から芳野地区の太鼓台が宇太水分神社に向けて出発。

20171025_02.jpg
(芳野地区の太鼓台)

8:30 速秋津姫命の乗られた鳳輦神輿(以下神輿という)が数十人の人々と共に惣社水分神社を宇太水分神社に向けて出発。(この神輿はレプリカを使用。重文の本物は収蔵庫)
行列には10本の毛槍(1本が1万石を表すそうです)、花笠、先箱、宝箱などが含まれ、江戸時代の大名行列の形式をとっています。

20171025_03.jpg
(10本の毛槍の先導)

20171025_04.jpg
(鳳輦神輿)

9:15 下芳野の藤村家住宅で休憩。途中、手振り槍振りを行う。藤村家住宅(所有者は藤村高史氏)は宝永年間からの大庄屋で約500年の歴史を誇る大和棟の立派な住宅。昔はこの家から長谷寺まで自分の土地を通って行けたそうです。

20171025_05.jpg
(宝永年間から500年続く藤村家で休憩)

20171025_05b.jpg
(同 案内板)

10:30 中間地点の菟田野東郷の勝林寺(しょうりんじ)前に到着し宇太水分神社の迎えを待ちます。
11:30 宇太水分神社の神職と氏子らは勝林寺前まで神輿の女神を迎えに行き、秘撰(特別なお供え)として化粧品と栗を神輿に供える。女神はそこでお化粧をするらしいです。

20171025_06.jpg
(宇太水分神社からのお迎え)

20171025_07.jpg
(秘撰(栗と化粧品)は鯛の手前)

12:00 勝林寺前を出発し、松井の天神社前で祭典と槍振を行う。
13:30 古市場の地蔵の辻前で槍振を行い、宇太水分神社に向かう。

(4)宇太水分神社境内
12:00〜14:00 勇壮な太鼓台(宮本、岩崎、松井、佐倉、宇賀志、芳野の6基)が順次境内に入り、練り回す。

20171025_08.jpg
(順次、境内に入った太鼓台が練り回す)

14:00 ごろに神輿渡御行列が芳野からの太鼓台に先導されながら到着。神社境内は最高潮の盛り上がりに。拝殿に神輿を奉納し前日までにそれぞれ例祭を行った各地区の郷社26社の御幣を本殿に奉る。各地区の氏神が揃ったことを示します。
その後、神輿著御の儀(惣社水分神社の女神様が宇太水分神社の男神様のところへお渡りになったことを告げる祭典)が行われる。まず、神輿を本殿の脇にある夫婦杉の根元に奉安し、その後当社宮司が本殿に向かって、惣社宮司が神輿に向かって、それぞれ同時に祝詞を奏上するという珍しい神事が行われます。

20171025_09.jpg
(神輿渡御行列が境内に入場)

20171025_10.jpg
(神輿を夫婦杉の根元に奉安する)

20171025_11.jpg
(惣社宮司が神輿に向かって祝詞奏上)

15:00ごろから還幸の儀(退出):芳野太鼓台→神輿渡御行列→佐倉太鼓台→宇賀志太鼓台→松井太鼓台→岩ア太鼓台→宮本太鼓台の順に各地域に帰っていき終了となります。

大雨の中、ずぶ濡れになりながらの力強い地元の人々の協動作業は、地域のつながりと、伝統を守り継承していこうとする熱い心意気を感じるお祭りでした。

保存継承グループ(文)亀田幸英、(写真)鈴木英一・亀田幸英
posted by 奈良まほろばソムリエ at 20:27| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

保存継承グループ 東安堵の六斎念仏(安堵町)見学記

(1)東安堵の六斎念仏とは
生駒郡安堵町東安堵に伝わる六斎念仏は融通念仏宗の檀家で組織する大宝寺六斎講により、盆行事と月毎の営み、葬式で唱えられる民間の念仏です。(奈良県指定無形民俗文化財に平成3年3月8日指定。県内には他に御所市東佐味、奈良市八島がある)
お盆の念仏は8月13日から15日にかけて行われますが、今回は8月14日の檀家を巡る鉦念仏を見学しました。(参加者2名。うち鈴木氏は念仏の音源を残すために録音を担当しました。)
因みに8/13は共同墓地(郷墓)の阿土墓で念仏。
8/15は御布施開き。
 
(2)8月14日は早朝から始まります
5:30頃から六斎講員は大宝寺に三々五々集合し始めます。

20170816_1.jpg
<大宝寺正門>

講員は10名おられますが、今回は8名で行うとのこと。全員揃いの黒衣に和袈裟姿で鉦を持参しています。

5:45から本尊の阿弥陀如来坐像の前に座し、シンバンドウ(新坂東)を約7分唱和します。
*シンバンドウとは「南無阿弥陀仏」の名号に様々な抑揚をつけて鉦で調子を取りながら繰り返し唱和するもので、9番まであり本堂ではすべて唱和します。

20170816_2.jpg

20170816_3.jpg
<8名の講員による本堂での念仏奉納の様子>

(3)講員による檀家回り
6:00から8人が4人ずつ2組に分かれて、町内の檀家約110件を内回りと外回りに訪問します。私どもは外回り組に許可を得て、同行しました。
6:05頃、1軒目は笹治様宅です。すでに同家では万全の準備で待機しておられました。
私どもの突然の見学にも快く応諾いただきました。
檀家の仏壇前ではシンバンドウを唱えますが、9番のうち3つで、約3分です。
なお、今年新盆を迎える檀家では9番のうち4つを唱和します。

20170816_4.jpg
<檀家の仏壇前での念仏の様子>

なお、室内の床の間には「南無阿弥陀仏」の掛け軸。
仏壇の荘厳は特徴があるとのことで、許可を得て撮影させていただきました。

20170816_5.jpg
<「南無阿弥陀仏」の掛け軸>

20170816_6.jpg
<特徴的な荘厳の仏壇>

お茶の接待を受け、1軒目終了しました。その間約5〜6分です。
今日はこの後50数件回るそうです。
私どもは一旦引き上げることにしました。

(4)8月14日の締めくくり
13:40過ぎ外回り組、内回り組がそれぞれ約50数軒の檀家を訪問した後、高塚にある観音堂前にゴザを敷いて座ります。

20170816_7.jpg
<高塚の観音堂>

20170816_8.jpg
<観音堂内の3体の石仏>

観音堂内には3体の石仏が安置され中央には聖徳太子像、両脇には観音像が配置されています。前面の道路は旧太子道なので聖徳太子が祀られているのでしょう。
高塚は古墳跡と言われています。

13:48 シンバンドウの念仏開始 13:55終了。
続いて、13:56 ユウズウエコウ(融通回向)の念仏開始 14:04終了。

20170816_9.jpg

20170816_a.jpg

*ユウズウエコウとは「光明遍照十方世界念仏衆生」から始まり念仏の功徳を説きます。

このようにして、午後2時過ぎに本日の行事は全て完了しました。
講の皆様、本日は早朝に始まり34度の猛暑の日中、昼食抜きでの檀家訪問大変お疲れ様でした。皆様のお顔は大業の使命感とその達成感に輝いていました。
皆様のご努力で六斎念仏が末永く継続されることをお祈りしています。

なお、東安堵の六斎念仏が平成3年に県指定無形民俗文化財に指定された際に、念仏は録音されて、残されているそうです。講の人たちの話では、その時の鉦の調子は「チャンカラ」と聞こえていたらしく、十数年前から現在の単調なリズムになったようです。難しいことでしょうが、元に戻すことも検討しているようです。

(写真・文) 保存継承グループ・亀田幸英

posted by 奈良まほろばソムリエ at 21:28| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする