2022年11月26日

保存継承グループ  吉田寺(斑鳩町)で美化奉仕活動

保存継承グループは、11月20日(日)に社寺美化奉仕活動を斑鳩町の吉田寺(きちでんじ)で行いました。当初予定していた11月13日が雨天のため順延となったもので、当日は一時雨の予報を覆して晴れ間ものぞく天気となり、当グループから7名、ソムリエの会から5名の合計12名が参加しました。

吉田寺は通称「ぽっくり往生の寺」、略して「ぽっくり寺」と呼ばれ、平安時代(987年)に源信(恵心僧都)が開基したお寺です。本尊は、立たれたときのお身丈が一丈六尺(丈六、約4・8b)となる県内最大級の丈六阿弥陀如来坐像(重文)で、別名「大和のおおぼとけ」と呼ばれています。源信が母の三回忌追善で造立したとされます。境内には室町時代(1463年)創建の多宝塔(重文、高さ約12b)があり、塔内には源信が父の菩提追善のため造立したと伝えられる秘仏の大日如来坐像が安置されています。

20221126-3_01.jpg
<参加者は県内から9名、大阪から2名、愛知から1名。本堂前で>

参加者のうち、電車組は午前9時過ぎにJR法隆寺駅に集合し、徒歩で吉田寺に向かい、マイカー組と拝観受付所前で合流しました。10時ごろから各自、鎌やビニール袋を持って、参道、山門付近、奥の庭の3カ所に分かれて作業を始めました。

20221126-3_02.jpg
<境内に上っていく参道で、落ち葉かきを行う参加者>

晩秋のため落ち葉が多く、お寺から竹ほうき、集めた落ち葉を入れる箕(み)をお借りしました。時たま吹く風のために落ち葉かきをしてきれいになったところにまた落ち葉が降り積もり、「キリがないなぁ」とぼやきながらも作業を続けました。庭にはあちこちに苔も生えていて、踏んで傷めないように気をつけながらの作業となりました。

20221126-3_03.jpg
<駐車場から山門までの参道で、雑草を取る参加者>

20221126-3_04.jpg
<奥の庭で、雑草抜きや落ち葉集めを行う参加者>

1時間20分ほどで刈り取った草や集めた落ち葉で一杯となった大型ビニール袋は11個になりました。
 
20221126-3_05.jpg
<雑草や落ち葉で一杯となったビニール袋>

作業終了後、多宝塔の内部に安置されている大日如来像を特別に拝観させていただきました。その後、本堂に上がり、本尊の阿弥陀如来像の前で厳かな雰囲気の中、山中眞悦(しんえつ)住職から源信と「ぽっくり往生」のいわれについての法話をお聞きしました。最後に、「南無阿弥陀仏」と10回唱える称名念仏の後、千体仏の光背をもち上品上生印を結ぶ本尊の端正なお姿を間近で拝ませていただきました。作業の疲れも忘れてしまう貴重な時間となりました。

20221126-3_06.jpg
<多宝塔の大日如来坐像を特別に拝観する参加者>

保存継承グループが主催して実施する社寺美化奉仕活動は、NPO法人「奈良まほろばソムリエの会」の社会貢献活動の一環で行っています。次回開催時も会員の皆さんに参加募集する予定ですので、関心のある方々のご参加をお待ちしています。

文・写真   保存継承グループ  本井良明
 
posted by 奈良まほろばソムリエ at 10:27| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

墨坂神社「秋季大祭」/保存継承グループ祭礼見学記

11月3日、宇陀市榛原の墨坂神社で秋季大祭があり、見学に行ってきました。

保存継承グループのメンバーは11時40分に榛原駅北口に集合。集まったのは4人。祭礼見学にふさわしい秋晴れだったのに、残念な参加人数でした。北方の西峠の「お旅所」に歩いて向い、15分ほどで到着。13時から神事が始まりました。

秋季大祭は毎年11月2日から4日の3日間にわたって行われます。2日は19時に本殿にて式典の後、現在の社地から旧社地とされる西峠の「お旅所」へ神様をお遷しする渡御行列が行われます。そして3日には「御旅所」から現在の社地まで神様をお還りいただく渡御行列が行われます。
若宮神を夜中の0時に本殿からお遷しし、御旅所で神遊びを楽しんでいただいたあとその日の23時59分に本殿にお還りいただく「春日若宮おん祭り」を思い起こさせられる神事です。

古事記・日本書紀には崇神天皇9年春の事として国中に疫病が蔓延した時、神人が天皇の夢の中に立ち、「赤盾八枚・赤鉾八竿をもって墨坂の神を祀り、黒盾八枚・黒鉾八竿をもって大坂の神を祀れ」とのお告げがあり、天皇はその教えに従って祀られたところ、たちどころに疫病が平癒したと伝えられています。この墨坂の神、大坂の神がそれぞれ墨坂神社、大坂山口神社であり、古代大和への東西の重要な入口として疾病の侵入などを防ぐ神々とされています。

20221126_01.JPG 
[西峠からのお旅所神事]

13時半、神輿におられる神様にお還りいただく行列が、スタートします。
約1qの道のりを、猿田彦を先頭に武者、赤盾・赤鉾・太刀などもった還幸の時代行列が神輿とともに進みます。途中、伊勢本街道やあぶらや旅館の前を通ります。沿道の家々の方が表に出て手を合わせておられ、表まで出られないお年寄りが玄関の奥から見送っておられたのが印象的でした。

20221126_02.JPG
[渡御行列]

20221126_03.JPG
[渡御行列]           

宇陀川を渡り、14時10分ごろに社地に到着です。
宮司が神輿から神様をお遷しします、決して見てはいけない、見られてはいけないということで、装束に隠し警蹕(けいひつ)の声を掛けながら本殿にお帰り頂きました。

20221126_04.JPG
[本殿]

その後、本殿での神事がおこなわれ、15時半ころから、太鼓台の宮入りです。今年は3年振りの登場です。例年は4基ですが、宮本・東町稲荷(楽)・上之町の3基が順次パフォーマンスを行いました。もう一基ある福地の太鼓台は椋下神社に宮入するそうですが今年は不参加でした。
太鼓台は立派な彫り物や欄間が施され、高価そうです。太鼓をたたく人、音頭をとる人が乗っかっています。「まぁーだまだ」の掛け声と共に、何度も何度も肩に担いでいる太鼓台に両手を伸ばし高く支え上げる力強い表現は圧巻でした。最後に宮入した上之町は八人で担ぐパフォーマンスもありました。ちなみに太鼓台は1トン半前後もあるそうです。最後に集合した3基が、一斉に担ぎあげられました。
宮司により太鼓台と参加者全員に大祓えが行われ終了です。

20221126_05.JPG
[宮本太鼓台]

20221126_06.JPG
[楽太鼓台]

20221126_07.JPG
[上之町太鼓台]

その後、通常は御供まき(ごくまき)とよばれる紅白の餅まきが行われるのですが、コロナのため今年は手渡しでした。熱気に満ちた祭は、16時過ぎ終了。
翌朝は健康を願い、大祭の最後に手渡しでいただいた餅を朝食にしました。

20221126_08.JPG 
[大祭の終わりに手渡しでいただいたお餅]

追記:各自治会から出発した太鼓台は11時半頃に榛原駅前広場に集合し、練り合わせが行われます。

20221126_09.JPG
[榛原駅前広場練り合わせ]


文・写真 垣内博久

posted by 奈良まほろばソムリエ at 08:40| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月27日

保存継承グループ 御所市「東佐味(ひがしさび)の六斎念仏」見学記

 8月20日、御所市東佐味の弥勒寺で千本灯明(千灯供養)があり、その際に六斎念仏をあげるということで弥勒寺へ行ってきました。

20220827_01.jpg
〈御所市東佐味の弥勒寺〉

 六斎念仏とは、もとは月に六日ある斎日(さいじつ・いみび)に、行いを正すために唱える念仏のことでしたが、だんだんと六斎日と関係なくお盆や葬式の時に唱えられるようになりました。奈良県で現在も伝わっているのは、安堵町東安堵と奈良市八島町と、この御所市東佐味の三か所だけです。

 8月20日の夕方、弥勒寺に白装束の念仏講の方々がやって来られました。若い方が多いことに驚きました。実は東佐味の六斎念仏は昭和58年に県無形民俗文化財に指定されましたが、高齢化のため講員が一人になってしまい活動は休止状態だったとのこと。そこで行政や研究者など有志で六斎講の復興を試みて、ちょうど1年前の令和3年8月20日、弥勒寺千本灯明で30年ぶりに復活したということです。現在講員は10名ですが、8名が奈良県外の方で、民俗音楽の研究者等々専門的な方ばかりです。将来は地元東佐味の方に引き継ぐのを目標にしているとのことです。

20220827_02.jpg
〈奈良県指定無形民俗文化財 「東佐味の六斎念仏」指定記念碑と先覚者供養塔〉

 今年も最後の伝承者である田中さんの墓前で六斎念仏が唱えられました。復活元年にあたる昨年は洋服でのおつとめだったそうですが、今年は全員まっさらの白衣、白袴、白足袋の白装束です。片手にこれも新調された念仏鉦(ねんぶつがね)、もう片手に撞木(しゅもく)を持って鉦を打ちながら、唱える言葉は「南無阿弥陀仏」。曲の感じは・・・何となく明るい!これは意外でした。唱えている側と唱えてもらっている側が念仏を通してともに楽しい時間を過ごす、そんな印象を受けました。

20220827_03.jpg
〈復興した六斎念仏を墓前で唱える六斎講の方々〉

 午後7時、お盆の千本灯明が始まります。東佐味の檀家の方々が本堂前のろうそく台や境内の墓地に立てられたろうそくに火をともしていきます。私たち見学者も一緒にともしていきました。ろうそくは本当に千本あり「檀家の役員さんたちで、一本一本半紙を巻いて準備された」とご住職が話しておられました。

20220827_04.jpg
〈次々と火がともされる千本灯明〉

 ご住職と副住職がお経を唱えながら境内を3周されます。途中から檀家の方々もそのあとに続きます。千本の灯明の中を一行が誦経しながら進む様子は大変幻想的なものでした。

20220827_05.jpg
〈境内を誦経しながら進むご住職と副住職〉

20220827_06.jpg
〈ご住職たちに続く檀家の方々〉

 ご住職たちがお経を唱えて回っている途中で、心配していた雨が降り出してしまいました。その後本堂の中で、六斎念仏の一つであるハクマイが奉納されました。

20220827_07.jpg
〈お堂の中で六斎念仏を唱える六斎講の方々〉

 東佐味には六斎念仏の演目としてヘシン、バンド、ハクマイ、ソオロシ、シンバクマイ、シンコロの6曲が伝わっています。
奈良県指定無形民俗文化財パンフレット『東佐味の六斎念仏』に興味深い解説が載っていますので、一部を次に引用します。「かつては、御所市高天・伏見、五條市岡・近内・住川・居伝・小和・北山・久留野など、金剛山麓には多くの六斎念仏が伝承されていたが、昭和10年代から30年頃までの間に、ほぼ消滅した。この地域の六斎念仏は「高天念仏」であるといわれ、葛城修験の中心であった高天寺を拠点として、周辺に広まったと思われる。シンコロとよぶ曲をもつことが特徴のひとつで、そのほかは天野(和歌山県伊都郡かつらぎ町)をはじめとする高野山麓の六斎念仏と共通している。高野山麓での伝承が絶えた現在となっては、ほぼ完全に残る唯一の高野山系の六斎念仏である。」高野山麓では途絶えてしまったものが、奈良県の東佐味でほぼ完全に残っているなんて、今までよく伝えてこられたと頭が下がります。


六斎講では令和4年6月30日に『東佐味六斎ジャーナル』(年刊)の創刊号を発行し、フェイスブック「東佐味六斎」も立ち上げられたとのこと。そのフェイスブックに『東佐味六斎ジャーナル』や短い動画もアップするなどコロナ禍の中でも意欲的に発信しておられます。御所市の「奈良県無形文化遺産映像アーカイブ 『東佐味の六斎念仏』」でも音声動画を聞くことができます。
また2022年9月19日に奈良県立図書情報館で、奈良県の他の二か所で伝わる六斎念仏の方々とともに実演と講演が行われます。この応募はすでに締め切られましたが、YouTubeライブ配信があるようです。また同図書館で9月13日から25日の期間中、2階エントランスにて企画展も行われますので、こちらもどうぞ!

追記
 六斎念仏見学に先立ち、弥勒寺の裏山である峯山にある百体観音を参拝しました。いのしし除けの柵を開けて山中に入ると、参拝道に沿って、西国、秩父、坂東の観音霊場の計百体の観音様が赤い祠に祀られています。江戸時代に始まり、大正時代に整備されたもので、由緒はさらに遡るようです。速足で30分、ゆっくり歩いても1時間あれば参拝出来ます。お賽銭をあげると100円ずつでも10000円必要ですので念のため。

文・写真 西田裕美

posted by 奈良まほろばソムリエ at 12:11| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月02日

集会所の仏像が奈良市指定文化財に!

奈良市鹿野園(ろくやおん)町集会所奥の祭壇に祀られている木彫十一面観音菩薩立像が、平成4年(2022)3月25日に、奈良市文化財に指定されました。同町自治会では、この指定を祝して法要を営むことに。埃まみれだった祭壇を拭き、十一面観音像を中心に不動明王など他の仏像群を並べ替え、新しく法具や幕をそろえ、大慌てで準備しました。

20220702_01.jpg
鹿野園町集会所奥の十一面観音菩薩像を中心とする祭壇

20220702_02.jpg
奈良市指定文化財指定書

同像が市文化財の指定を受けることになったのは、拙著『廃寺のみ仏たちは、今』(2020年発行)の取材がきっかけでした。同著を出版しようと思い立ったのは、当会で私が所属している「保存継承グループ」の活動中でした。
同グループでは奈良県指定を受けている仏像や建造物などの現状を調査(素人の目線で見たり聞いたりしただけですが)をしていました。その折、村人たちに守られながらひっそりと祀られている数体の“廃寺の旧仏”に出合ったのです。
「様々な理由により多くの寺院が廃されていったが、ご本尊たちはどうされたのだろう」という思いがふとよぎり、すぐに廃寺旧仏の資料収集と取材に取り掛かりました。もちろん個人的な活動です。
取材も兼ねて、奈良国立博物館名誉館員の鈴木喜博先生の講演(2019年)を聴講した際、「鹿野園町の十一面観音像は、文化財に指定されるほどの名品である」とご教示いただきました。
拙著にも記していますが、同町に梵福寺という寺院がありました。高円山麓の旧岩淵寺の子院とも、鑑真和上の弟子が建立したとも伝わる古刹です。しかし江戸時代に無住寺になり、明治の廃仏毀釈のあおりで廃寺となり、諸仏が同町集会所に集められたとのことです。

20220702_03.jpg
『廃寺のみ仏たちは、今』文中に書かれた、廃梵福寺とその旧仏について

偶然にも私は鹿野園町の住民なので「あの取材した十一面観音さんが文化財に指定されるかもしれない」と知るや、自治会長に「教育委員会に申請しましょう」と持ち掛けました。自治会長も「よっしゃ、行ってくるわ!」と大喜びで奈良市へ。早速、同教育委員会の方や鈴木先生が集会所に来られて、仏像を厨子から出して綿密に写真を撮り、調査にかかってくださいました。

20220702_04.jpg
十一面観音像の正面(撮影:奈良市教育委員会)

20220702_05.jpg
十一面観音像の横からお姿(撮影:奈良市教育委員会)

調査報告によると、高さ約95pの、右手に錫杖を持つ長谷寺式の十一面観音像。頭上にいただく十面の配列は乱れているものの、後補は一面のみ。ヒノキ材の素木造りで清浄感を重んじた造像法とのこと。眉と目が大きく、頬骨が張った顔面、衣の縁が微妙にうねる質感の表現、少々胴長で厚みのある腰などの造像表現が、慈明寺(じみょうじ)(橿原市)安置の、椿井仏師舜慶(つばいぶっししゅんけい)作(室町時代)の十一面観音像と酷似する、貴重な仏像ということです。

20220702_06.jpg
十一面観音像のお顔(撮影:奈良市教育委員会)

5月28日午前、自治会主催で集会所にてお祝いの法要が営まれました。信貴山千手院高山別院の佐々木院主に導師をお願いし、千手院の後輩で弟子でもある私が脇僧を務め、読経しました。50人ほどの参列者も皆さん神妙な面持ちです。

20220702_07.jpg
法要に参列された方々

20220702_08.jpg
読経をする佐々木導師と小倉脇僧

翌々日、奈良新聞に法要の様子が掲載されました。町民の一部からは「防犯対策を考えなあかんな」と意見が交わされ、とりあえず防犯ベルを取り付けました。施錠は厳重ですが。

20220702_09.jpg
法要について掲載された、奈良新聞の記事

同集会所は「山の辺の道奈良道」の通過地点であることから、自治会では、今後は十一面観音像を日を決めて一般公開し、町の活性化と奈良観光に寄与していきたいとのことです。
高円山山麓の小さな町の大きな宝物として十一面観音さんは再び輝きを増しておられます。


文:保存継承グループ・小倉つき子
写真:奈良市教育委員会、鹿野園町自治会、小倉つき子
posted by 奈良まほろばソムリエ at 10:32| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月31日

保存継承グループ 五條市・念仏寺「陀々堂の鬼はしり」見学記

1月14日の朝から五條市では大雪注意報が発令され見学できるかどうか心配しておりましたが、午後から解除となり、昨年の新型コロナによる見学見送りから1年、念願の壮大な火祭り「鬼はしり」を午後9時から気温1度の寒さの中、見ることができました。

全国でも珍しい屋内での火祭りで、斧を持つ赤鬼(父)、捻木(ねじき)を持つ青鬼(母)、槌を持つ茶鬼(子)が重さ約60`の燃えさかる松の根の松明(たいまつ)を抱え、赤鬼が堂内から戸口の正面右側に現れ、次に青鬼、そして茶鬼が続き、三匹の鬼は正面中央、そして左側に順に移動した後、堂内に入り再び戸口に姿を現すことを3度繰り返します。

戸口に現れた鬼に松明を渡し、お堂の奥に移動する前に鬼から松明を受け取る佐(すけ)、松明を持つ鬼に桶から笹竹で水を振りかけて熱気を防ぐ一方、床に落ちた火をすかさず消す水天(かわせ)なども懸命に立ち動きます。

吼(ほ)えるような法螺貝、そして太鼓、鉦、棒打の強烈な音が響く中、松明が火の粉を撒き散らし、鬼が天を睨(にら)むようにお堂の正面に並ぶ姿は壮観の一言に尽き、寒さも忘れて見入りました。

特に本堂の内陣、須弥壇裏の松の板壁を長さ1bほどの樫の棒2本でリズムをつけて叩く「阿弥陀さんの肩叩き」と呼ばれる棒打の音が堂内に響きわたり、いやがおうでも祭りを盛り上げるものでした。

20220131_01.JPG
〈陀々堂正面に鬼が並び、松明からは火の粉が撒き散る圧巻の場面〉

ここで「鬼はしり」について触れておきましょう。

「鬼はしり」は、五條市大津町の念仏寺本堂の陀々堂で行われる修正会の結願行事で、五穀豊穣、厄除を祈り500年余りの伝統を誇ります。
本尊の阿弥陀如来に仕える三鬼が堂内を豪快に巡り住民の災いを払うもので、鬼が幸いをもたらす祭りは全国でも珍しいと言われています。平成7年(1995)に五條市で初めて国の重要無形民俗文化財の指定を受けています。

1月14日当日の修正会結願の流れは次の通りです。

13時〜 僧による大般若心経転読。
16時〜 昼の鬼はしり(無灯火)
16時半〜 福餅まき
*コロナ禍のため今年も昼の鬼はしり終了後に行われる「子ども鬼はしり」と福餅まきは中止されました。
19時〜 息災護摩供(堂内)
19時半〜 柴灯護摩供(境内)
21時〜 鬼はしり(たいまつ点火)

20220131_02.JPG
〈堂内で厳かに読経などが行なわれた息災護摩供〉

今回、保存継承グループを中心とする参加者7名は息災護摩供からの見学となりました。
息災護摩供に続く柴灯護摩供も見応えのある行事でした。金峯山寺蔵王堂(吉野町)からの行者が法螺貝と共に境内に入ってきます。結界を結ぶ呪文を数回唱えた後、厄除けのため弓矢を天空に向け引き絞って放つ所作を数回行います。境内に作られた山になったヒバ(ヒノキの生葉)に点火され、護摩木が次々と焼(く)べられ大きな炎の柱と煙が境内に立ち昇り、辺り一面にヒバの焼ける匂いが広がります。

20220131_03.JPG
〈柴灯護摩供の始まりで、弓矢を引き絞る所作をする行者〉

20220131_04.JPG
〈境内に煙が広がり、炎が高々と立ち昇る柴灯護摩供〉

「鬼はしり」の鬼面のことにも触れましょう。保存継承グループでは、県内の文化財の調査活動をしています。
この鬼面についても、2020年10月に奈良県指定有形民俗文化財の1つとして調査しました。現在「鬼はしり」で使用している三鬼の面は1960年に製作されたヒノキの一木作りの複製品です。室町時代の文明18年(1486年)の墨書銘があるオリジナルの三鬼の面はカヤの一木作りで現在、五條文化博物館に収蔵されています。

父鬼面と子鬼面は口を開いた阿行で2本角、母鬼面は逆の吽行で1本角で、優しげな表情です。もう1セットの複製品が五條文化博物館で常設展示されていますので、興味のある方は見に行かれればいかがでしょうか。

20220131_05.JPG
〈災いを払うとされる陀々堂の鬼。多くの見物人の目を引きつける〉

最後に「念仏寺鬼はしり保存会」前会長の岩阪雅由さんにお聞きした、地元の子供たちへの継承の取り組みをお伝えします。15年ほど前から、阪合部地区の小学4年・5年・6年生、中学1年生を中心に約20人の子供たちへの指導を行っているそうです。昨年、今年と「子ども鬼はしり」はコロナ禍のため中止となりましたが、例年は前年に祭具や着物を準備し、子供たちに鬼の所作や棒打の指導をしているそうです。やはり、少子化で子供の人数が少ない年もあると話しておられました。

お堂の前で「鬼はしり」を見る私の前には、お母さんらに連れられた地元の子供たちが三鬼の勇ましい姿を食い入るように見ていました。午後10時頃、壮大な火祭り「鬼はしり」の行事は終了。保存継承グループに身を置く者として、子供たちが500年余り続く伝統の「鬼はしり」を上手く継承していけるようにと、願いながら暗くなった陀々堂を後にしました。

20220131_06.JPG
〈陀々堂近くの民家玄関前に置かれた鬼はしりの行灯が雰囲気を盛り上げた〉

保存継承グループ  文:鶴田吉範、写真:橋詰輝己

      
posted by 奈良まほろばソムリエ at 20:41| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする