2017年05月25日

記紀万葉サークル5月例会「蘇我氏ゆかりの地を巡る」

5月13日(土) 参加者24名

5月13日、夜半からの雨が残る中、2月に行われる予定だった例会が催行されました。雨をものともしない熱心な参加者が24名、橿原神宮前駅東口に集合されていました。案内をしていただいたのは、いつもエネルギッシュな富田良一さんです。
今回は、表題の通り、蘇我氏に関連する場所を尋ねるのですが、蘇我氏4代の家だけでも、稲目が「小墾田の家,向原の家、軽の曲殿」馬子が「石川の邸宅,槻曲の家、嶋の家」蝦夷が「豊浦の家、畝傍の家、甘樫の丘・上の宮門」入鹿が「甘樫の丘・谷の宮門」など日本書紀に記載されているだけでも、すごい数です。
集合場所がすでに橿原遺跡・丈六遺跡に含まれていて、蘇我氏の領域の真っただ中に足を踏み入れた感がします。
先ず向かったのは、厩坂宮・厩坂寺伝承地です。コンビニの脇の細いあぜ道を進むと大きな土壇が残されており、ここに大寺が建っていたのかと納得。
厩坂寺は興福寺の前身寺院ですが、馬子の娘の「法提郎娘媛」を妃にしていた34代舒明天皇が半年ほど宮として滞在し、後に寺としたということです。

20170525_1.jpg
<厩坂寺伝承地>

次は、「本明寺」という大軽町の集落の中にひっそりとたたずむ小さなお寺を尋ねました。稲目の「軽の曲殿」また馬子が仏殿を造り、<仏法の始まり>と言われる「石川の邸宅」の跡の伝承地です。
それからまた迷子になりそうな、集落の細い道を進み、着いた所は「法綸寺」と、隣接する「春日神社」です。
ここが、「軽寺」の跡地と考えられています。日本書紀に「檜隈寺、軽寺、大窪寺それぞれに30年を期限として寄進する」との記事が見え相当の大寺であったことがうかがえます。また、境内には15代応神天皇の「軽島豊明宮跡」の伝承地であるという石碑が建っていました。古市古墳群の中にある、応神天皇陵とされる巨大古墳のことが思い起こされ、ひっそりと建つ石碑が対照的に思えました。

20170525_2.jpg
<軽寺跡>

次に案内されたのは、最後の巨大前方後円墳と言われる「五条野丸山古墳」です。
墳長310メートルは、もちろん奈良県1位、全国6位の大きさです。
被葬者は「蘇我稲目」、「稲目の娘であり、欽明天皇の妃の堅塩媛」、「欽明天皇」等が有力視されています。
前方部から東の方角にある、推古天皇と竹田皇子の墓といわれる「植山古墳」を遠望しました。近く公園として公開される予定だそうです。二つの石室があり、家型石棺が置かれていたものと思われます。推古天皇は後に太子町の磯長谷に改葬されました。推古天皇は欽明天皇と堅塩媛の娘で稲目の孫にあたります。

20170525_3.jpg
<丸山古墳後円部へ>

そして、蘇我氏の祖先ともいうべき「竹内宿祢の祖父」とされる、彦太忍信命(ひこふつおしのみこと)の父である8代孝元天皇の陵(剣池嶋上陵)を尋ねました。
陵そのものは文久の修陵時に3つの古墳を一つにしたものです。
竹内宿祢の後裔として、古代地方豪族の、蘇我氏、巨勢氏、平群氏などの名が挙げられています。
剣池を過ぎ、和田廃寺を目指します。丸いこんもりとした、何の変哲もない
塚がそれです。はじめは馬子が建立した寺の塔跡と思われていましたが出土した軒丸瓦が7世紀後半のもので、時代が合わず馬子建立の寺ではないことがわかりました。塚も1辺12.2メートルの基壇の塔跡で「葛城寺」とみる説が有力になっています。「聖徳太子伝暦」に「賜蘇我葛木臣」の記述があり蘇我氏の一族に葛木氏がおり、その氏寺ではないかと考えられています。
次に向かうのは、「古宮土壇」です。当初は小墾田宮跡伝承地とされていましたが、雷丘東方遺跡で「小治田宮」と書かれた墨書土器が出土したことで、小墾田宮ではないことが明らかになっています。発掘調査の際には飛鳥時代前半の掘立柱建物や庭園の跡が見つかり、蘇我氏の邸宅跡ではないかと考えられるようになっています。土壇も調査で中世のものと判明しています。

20170525_4.jpg
<古宮土壇で説明する富田さん>

いよいよ飛鳥の中心部に入っていきます。稲目が「向原の家」を仏堂とし、592年には、推古天皇の宮となり、ここに即位をしました。そののち、603年に推古天皇が小墾田宮に移り、豊浦寺になったと思われます。現在、向原寺が法灯をつないでおり、飛鳥時代の遺構を見ることができます。また、蝦夷は「豊浦大臣(とゆらのおおおみ)」と呼ばれており、このあたりに邸宅を構えていたのではないかと思われています。
そして、古代の裁判である「盟神探湯(くがたち)」神事が行われる甘樫坐神社に立ち寄り、今日の昼食場所の甘樫丘休憩所に到着です。

20170525_5.jpg
<豊浦寺石敷と豊浦宮遺構(下層部分)>

さて、午後からは甘樫丘の遊歩道を展望台まで登ります。雨も上がり、雨に濡れた木々がしっとりと新緑に輝いて本当に美しく、爽やかな空気を思い切り吸って、次の目的地に向かいます。
展望台からは東の足下に飛鳥寺、入鹿の首塚、右に視線を向けると、飛鳥京跡、さらに奥には島庄遺跡、石舞台古墳、都塚古墳、などなど蘇我氏の遺跡の中でも最も有名な場所がずらりと並んでいますが、今回は遠望するのみでした。
甘樫丘の尾根を歩いて向かうのは甘樫丘東麓遺跡です。ここは日本書紀に書かれている蝦夷の「上の宮門」、入鹿の「谷の宮門」と呼ばれた、それぞれの邸宅があった場所とされています。
乙巳の変の際、蝦夷はこの邸宅に火を放って死んだといわれており、焼土の堆積や、7世紀前半の大規模な整地や石垣の存在、7世紀半ばには再び大規模な整地が行われ、7世紀後半にかけて、建物を建て替えながら継続的に使用された跡がうかがえます。ただ建物の規模が小さく、今後も調査され、全容が解明されるのはまだ先のことかも知れません。

20170525_6.jpg
<甘樫丘へ>

さて、次は2015年1月に発見された小山田古墳に到着。最近では一番大きな話題を呼びました。1辺が約50メートルの方墳で、舒明天皇の初葬墓である「滑谷岡陵」ではないかとされましたが、別の研究者は、蝦夷・入鹿親子が生前に造ったといわれている『今来の双墓』の蘇我蝦夷の「大陵」で、すぐ西にある、菖蒲池古墳が入鹿の「小陵」にあたるという考えをしています。
ところが今年(2017年1月)に別のところを調査したところ、横穴式の羨道部が見つかり、1辺70メートルという全国でも最大級の巨大方墳と判明しました。橿原考古学研究所は「舒明天皇の初葬墓の可能性がさらに高まった」としています。築造年代も640年ごろと分かり、舒明天皇の崩御の時期(641年)に合うこともわかりました。
そして、すぐ西側の菖蒲池古墳の見学をしました。明治時代は、石室が露出した状態でしたが、今は覆屋があり、竜山石製のくりぬき式家型石棺が2基南北に並んでいます。被葬者についてもいろいろな説がありますが、現在は小山田遺跡との関連が取りざたされています。謎の多い古墳ですね。
次に宮ケ原1・2号墳の話を道端で聞きました。というのも宅地の造成で今は住宅が建っており、完全に地下に埋もれてしまったもので、2基の石室が東西に並んで構築されていました。
これもまた蝦夷と入鹿の「今来の双墓」の可能性も・・・・。
さらに古代の古墳の中で被葬者が確定されている数少ない古墳である「天武・持統合葬陵」を通り、精緻な切石で造られていることが分かっている金塚古墳(平田岩屋古墳)を過ぎ、欽明天皇陵と言われている、「梅山古墳」に到着。ここの周濠も文久の修陵時に造られており、明日香では最大の前方後円墳です。被葬者も欽明天皇、蘇我稲目が挙げられており、葺石が見事だったそうです。
「稲目さんもあちこち言われて忙しいなあ」と富田さん。全くです。
皆さん、大笑い!
次いで、すぐ横の「吉備姫王墓」に行きました。猿石が4体おかれています。これも飛鳥を代表するミステリーストーンの一つです。
「吉備姫王」は天智、天武天皇の祖母で、この方の墓も飛鳥駅のすぐ西にある「岩屋山古墳」が候補に挙げられています。
これにて、今回の「蘇我氏ゆかりの地を巡る」ツアーは終了しました。
盛りだくさんで、よく歩きました!歩数計は2万歩を超えていました。
まだまだ謎の多い明日香、これからどんな大発見があるのでしょう!?
いつもわくわくさせてくれるところです。楽しかった!
                         
20170525_7.jpg


文 西口つねみ  写真 田中昌弘

posted by 奈良まほろばソムリエ at 20:56| Comment(0) | 探訪G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

歴史探訪グループ例会「春爛漫の生駒山麓を訪ねて」

4月9日(日)、直前まで降り続いていた雨が、スタートの9時40分には止み、29人の心がけのいい人たちが近鉄「一分駅」をスタート。まずは「往馬(いこま)大社」を目指します。

20170506_1.jpg
<一分駅での説明>

満開の桜を眺めながら、10分足らずで到着。石段を上り本殿にお参りしていると神職の方が観音堂を開けてくださり、社伝で運慶作と伝わる「十一面観音像」と「生駒曼荼羅」を拝観できました。

20170506_2.jpg
<往馬大社観音堂>

北に向かい、行基の墓がある「竹林寺」へ、本堂でお寺を守る女性の案内で文殊菩薩などを見せていただきました。

20170506_3.jpg
<竹林寺の入口>

20170506_4.jpg
<行基墓>

少し歩いて「円福寺」へ、鎌倉時代の宝篋印塔2基と本堂が重要文化財に指定されており、ここでも本堂の扉を開けていただき。ご本尊の塑像「阿弥陀如来像」を拝しました。

20170506_5.jpg
<円福寺本堂>

20170506_6.jpg
<円福寺篋印塔>

住宅地を抜けて「往生院」へ。ここは行基が火葬されたといわれ、無住の境内には県内最古の銘がある宝篋印塔や行基の墓塔と言われる五輪塔があります。

20170506_7.jpg
<往生院本堂>

桜が満開の住宅地内の公園で昼食。

20170506_8.jpg
<桜と生駒山をバックに集合写真>

その後「美努岡萬墓」(みののおかまろのはか)を経て、「宝幢寺」(ほうどうじ)で重文の本堂を見学。なだらかなウォークもここまで。

20170506_9.jpg
<宝幢寺本堂>

ここからは沢沿いの道を上り「千光寺」を目指します。山門直前の心臓破りの急坂を上りきりようやく千光寺到着。役小角が大峰山に入る前に修行し「元山上」と言われる境内には、法螺貝が響いていました。

20170506_a.jpg
<千光寺の役小角像>

千光寺からの帰りは清滝石仏群を見ながら歩きやすい道を快調に下り、住宅地に入ってゴールも近い、と思った目の前に「生駒山口神社」の階段が立ちはだかります。みんなで最後の気力を振り絞って登り参拝しました。

20170506_b.jpg
<清滝石仏>

最後に元山上口駅周辺の椣原(しではら)の勧請綱・金勝寺に立ち寄った後、駅に戻り解散。行基の足跡にたっぷり触れた一日でした。

20170506_c.jpg
<元山上口駅前の碑>

20170506_d.jpg
<椣原の勧請綱>
posted by 奈良まほろばソムリエ at 10:06| Comment(0) | 探訪G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

歴史探訪グループ例会「大和小泉でブラソムリエ」

法隆寺と郡山の間に位置する「大和小泉」。観光客は少なく、ソムリエでもあまり訪れない地味なウォーキングに参加者はなんと31人。さすがソムリエはマニアックな人が多いと感じながら、穏やかな日和の2月26日(日)10時、JR大和小泉駅をスタート。街道沿いの古い街並みや、「太神宮」の灯篭などを見ながらまず「小泉神社」へ。

20170308_1.jpg
小泉の街並み

素戔嗚尊と誉田別命を祀る重文の春日造の本殿を軽妙な話し方の神職の案内で見学。神像の写真も見せていただきました。神社の境内には葉の裏側に文字が書け、葉書の始まりと言われる「タラヨウ」の木も見られます。

20170308_2.jpg
小泉神社本殿

神社を後に北へ向かうと小泉城の堀跡のナギナタ池の向こうに片桐氏二代目の貞昌を祖とする石州流茶道宗家「高林庵」が見えてきます。漆喰の白壁や鯱が乗る屋根が、往時の小泉城を忍ばせます。

20170308_3.jpg
高林庵

高林庵を一回りし「小泉城址」へ、地侍の小泉氏が築城し、江戸時代には片桐氏が治めた小泉城の石碑は高台の縁にありますが、そこには何も残っていません。

20170308_4.jpg
小泉城址

城址から階段を下り、堀跡を見て、「庚申(こうしん)堂」へ。ここは「一国一宇庚申」とされ、大和の庚申信仰の中心です。

20170308_5.jpg
庚申堂で記念撮影

庚申(かのえさる)の夜、三尸(さんし)という虫が人の罪を天帝に告げると早死にするという庚申信仰の身代わりとするため、軒先には、奈良町と同じ赤い「身代わり申(さる)」がぶら下がります。

20170308_6.jpg
軒に下がる身代わり申

庚申堂の本堂の軒丸瓦には猿が描かれ、梵鐘には「見ざる聞かざる言わざる」が鋳出されています。

20170308_7.jpg
庚申堂軒丸瓦の猿

20170308_8.jpg
梵鐘の三猿

その後、弘法大師が掘り、小泉の地名の由来になったともされる「小白水」(”白”・”水”を縦に重ねると”泉”になる)を経て、「小泉大塚古墳」「六道山古墳」へ。

20170308_9.jpg
小白水

どちらの古墳も元は前方後円墳でしたが、前方部分が削平され円墳の様に見えます。また最近樹木が完全に伐採され丸裸の状態。今後の成り行きが気になります。

20170308_a.jpg
小泉大塚古墳

20170308_b.jpg
六道山古墳

全員での本日のコースはここまで慈光院下で解散。希望者で慈光院を参拝し、お庭を眺めながら抹茶をいただきました。

20170308_c.jpg
慈光院

20170308_d.jpg
慈光院の梅
posted by 奈良まほろばソムリエ at 20:05| Comment(0) | 探訪G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

記紀万葉サークル12月例会「天理教本部施設とその周辺を探訪」

12月10日(土)実施 参加者18名

【行程】近鉄天理駅→三島神社→山辺御県坐神社→天理教教祖墓地→記念建物→天理教教会本部→お茶所→峯塚古墳→西山古墳→塚穴山古墳→天理図書館→若江の家→天理参考館→天理本通り→近鉄天理駅(解散)

当日は肌寒いものの好天に恵まれ、絶好のウォーキング日和となりました。9時40分に近鉄天理駅前を出発し、先ずは天理駅前広場の東北隅で万葉歌碑を見学。「石上 布留の高橋 高々に 妹が待つらむ 夜そ更けにける」。天理市内に設置されている12か所の万葉歌碑の1つで、平成15年に建碑されました。
万葉歌碑を見学後、天理市内を北東へ向かい、ほどなく三島神社へ到着。三島神社は、三島町一帯の産土神社で、伊豆国一宮の三嶋大社や伊予国一宮の大三島の大山祇 [おおやまつみ] 神社と同系統です。祭神は大山祇命・布留御魂神・天児屋根命。本殿は流造で、亀が台座の石燈籠や日露戦争の戦利品の砲弾もあります。
三島神社を後にして、山辺御県坐神社へ。途中、山辺御県坐神社の西北に別所大塚古墳が望まれました。
山辺御県坐神社は、大和国の六御県(志貴・十市・高市・山辺・曾布・葛木)に置かれた御県坐神社の1社で、本殿背後に磐座があります。
山辺御県坐神社から東へ歩を少し進めると、天理教教祖墓地へ到着。墓地には、天皇陵並みの風格を備えた教祖の中山みきの墓をはじめとして、代々の真柱 [しんばしら] (教祖没後の天理教の統括者)や縁者・信者たちの墓が立ち並んでおります。この墓地は高台にあり、眼下の天理市内はもとより、周辺の山々も一望できて、遠くには葛城山や金剛山も望まれました。
 
20161224_1.jpg
<真柱代々の墓所>           

20161224_2.jpg
<教祖墓所>

墓地から天理市内を南下して、記念建物へ。天理教本部の北にある記念建物は、江戸末期から明治にかけて建てられた4棟からなる教祖の居宅や祭場などを移築したもので、教祖の中山みきはここで亡くなっております。元は、現在の教会本部の神殿の辺りにありました。
記念建物の見学後は、いよいよ教会本部の見学です。本部は布留遺跡の中心に位置しており、神殿、教祖殿、祖霊殿などの総檜造の建物群からなり、各々の建物は1周約800mの回廊で結ばれております。回廊内の中庭の広さが、甲子園のグラウンドの広さに匹敵とは驚きです。
神殿内は、1,170畳の広々とした大空間の中心に甘露台と呼ばれる簡素な6角形の祭壇が置かれ、四方から礼拝ができるようになっておりました。記紀万葉サークルのメンバーも天理教の参拝方法に則り、1礼4拝1礼4拝1礼で参拝いたしました。神殿から回廊を教祖殿、祖霊殿へと進み、祖霊殿を過ぎた辺りから甘露台上の吹き抜け穴が見えました。

20161224_3.jpg
<天理教本部教会前を行く>

教会本部の見学を終えた頃にはお昼となり、お茶所と呼ばれる無料の湯茶接待所で昼食タイム。室内にあるお茶所は暖かくて、冷え切った身にはありがたい所でした。
昼食後は、石上神宮外苑公園の万葉歌碑の前を通って、峯塚古墳へと向かいました。猪防止柵の奥にあり、例会の下見時には見つけにくかったそうです。杣之内古墳群にある峯塚古墳は、古墳時代終末期の円墳で、石室は岩屋山式の横穴式石室です。石室の切石は岩屋山古墳ほど精緻ではないものの、玄室の西側壁の2段目は1枚岩となっておりました。なお、玄室内に石棺は見当たりませんでした。

20161224_4.jpg
<峯塚古墳開口部>

峯塚古墳見学後は、大和国14か所に置かれた山口神社の1つの都祁山口神社を参拝して、西山古墳へと向かいました。
日本最大の前方後方墳の西山古墳は、私としては前回の記紀万葉サークルの例会で訪れて以来です。今回は初冬に訪れたために、古墳を覆っている草も冬枯れていて、前回訪問時と異なった雰囲気を醸し出しておりました。墳丘に登りましたが、風が強くて寒く、早々に降りて、塚穴山古墳に向かいました。

20161224_5.jpg
<西山古墳後方(円)部より西方を望む>

塚穴山古墳は杣之内古墳群中の大型円墳で、全長17mの横穴式石室は石舞台古墳に次ぐ規模です。現在は墳丘と天井石を失って巨大な石室が露出しております。

20161224_6.jpg
<塚穴山古墳の石室>

塚穴山古墳からは東へと向かい、天理図書館を目指しました。この図書館は、曜日による休館日が無くて、一般に公開されております。一度ゆっくりと訪ねてみたいと思います。
図書館の次は、若江の家を訪ねました。ここは、天理大学の前身の天理外国語学校を創設した中山正善 [しょうぜん] の記念館。2代目真柱の正善が大阪で学んでいた頃に建てられた瀟洒な洋館で、大阪の若江岩田から移築されております。
    
20161224_7.jpg
<天理図書館前にて>

若江の家からは、本日最後の目的地の天理参考館へと向かいました。
天理参考館は、海外に渡り、天理教を広めようとする人々が、諸外国の生活習慣や歴史などの知識を深めるため、中山正善によって、昭和5年に創設されました。ここも久方ぶりの再訪で、またじっくりと見学してみたいところです。なお、今回は館内で簡単なクイズを実施しており、素敵なクリアファイルがお土産となりました。
天理参考館を後にして、天理本通りを解散場所の近鉄天理駅へと向かいました。予定の16時に無事到着。
案内役の小林淳一さん、前防道徳さん、どうもありがとうございました。お陰様で、充実した初冬の一日を過ごすことができました。

大村隆清(記紀万葉サークル) 写真:田中昌弘(同) 
posted by 奈良まほろばソムリエ at 10:42| Comment(0) | 探訪G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

歴史探訪グループ例会「お葉つき銀杏が色づく音羽山観音寺を訪ねて」

11月19日(土)参加者10名

【日程】9:30桜井駅―バス―下居(おりい)停留所―急坂の参詣道―音羽山観音寺(お葉つき銀杏・本堂拝観・ご住職様の法話拝聴・お昼ご飯)―万葉展望台―音羽山山頂(有志)―音羽山観音寺(小休憩・コーヒーをいただく)―下山―崇峻天皇倉梯岡陵―下居神社―聖林寺停留所―バス―16:15桜井駅にて解散

雨の予報に空模様を気にしながらの集合となりました。桜井駅9時45分発の談山神社行きバスに乗り、下居(おりい)停留所で降車。寺川にかかる橋を渡り、音羽山観音寺までの約1.8kmの参詣道を登り始めます。お天気も何とか大丈夫そうです。

20161206_1.jpg
<観音寺への道>

途中の少し広い所で恒例の加藤さんによるストレッチ体操を行い、体をほぐしました。

20161206_2.jpg
<恒例の体操>

何度も折り返す急な長い坂道。

20161206_3.jpg
<急な長い坂道>

郵便配達の方は観音寺までこの道をバイクで行き来するというのですから驚きです。ところどころにある「ちょっといっぷく」「お寺でみんなが待ってるよ」などの可愛いイラスト付き看板にほっと一息つきながら登り続けます。

20161206_4.jpg
<ちょっといっぷく>

そして登り始めから50分、ついに観音寺に到着。秋色に染まった美しい境内に疲れも吹き飛ぶようでした。

20161206_5.jpg
<色づき始めた境内>

石段を登ると本堂の階段に座ったご住職さん達3名の「人形」が我々を迎えてくれました。坂道で見た手作り看板やこちらの人形さん達、ユーモアと優しさにあふれていて皆さんも思わずにっこり。

20161206_6.jpg
<出迎えの人形>

境内でひときわ目を引く大きな「お葉つき銀杏」の木。鮮やかな黄色に色づきまさに今が見頃という感じでしたが、しばらくして落葉すれば今度は地面に黄色の絨毯が広がりまた違う美しさを見せてくれるのでしょう。

20161206_7.jpg
<イチョウ全景>

「お葉つき銀杏」はその名のとおりギンナンと葉が一体となっており、稀にしか見ることが出来ません。皆さんで探してみるとただお一人、廣岡さんが発見されました。お見事!
私も実物を目にするのは初めてのことで貴重な機会となりました。

20161206_8.jpg
<お葉つき銀杏>

続いて本堂を拝観。ご本尊は千手千眼十一面観音像で20年ほど前に平成の大修理を終えられ、金色に輝いていました。そしてご住職の法話を拝聴します。笑顔の素敵なこちらのご住職は女性の方で、廃寺同然になっていたこのお寺を修理し守り続けて来られました。当寺は寺伝によれば談山妙楽寺の鬼門除けのお寺として藤原鎌足公自作の梅の木の観音像を祀ったのが始まりとされているそうです。(創建についてはその他にも諸説あり。)往時には「音羽百坊」と称されるほどの規模でしたが、貞観18年(876)の山津波(音羽流れ)によって堂宇は崩落してしまったそうです。現在は融通念仏宗のお寺として、また眼病平癒に霊験あらたかな観音様として山中に静かに佇むお寺です。

20161206_9.jpg
<優しいご住職>

京都清水寺の貫主を務められ107歳の大往生を遂げた大西良慶和上はここ音羽山で幼少期を過ごされたのだそうです。94歳の時に里帰りされ、籠に乗ってここ観音寺まで登って来られた時の写真が本堂に掲げられていました。
拝観を終え靴を履いていたその時、本堂の壁がガタガタと大きな音を立てて揺れました。なんと地震!震源は和歌山だったようです。奈良のウォーキング活動の時に体に感じるほどの地震を経験したのは初めてのことで驚きました。
その後、お部屋を用意していただきゆっくりとお昼ご飯。温かいお味噌汁をいただきました。肌寒かったので大変有難く、持参していたお弁当も一層美味しく感じました。

20161206_a.jpg
<食事をさせていただいた部屋>

昼食後はさらに高い所にある「万葉展望台」を目指します。斜面を登って行くと、後方には絶景が!近くには御破裂山もよく見えていました。この付近は「奈良県景観資産」にも登録されているそうです。展望台までたどり着くと金剛・葛城山をはじめ二上山や畝傍山が一望。快晴で見通しがきく時は大阪のビル群や明石海峡まで望めるそうですが、この日のように霞がかった眺望もそれはそれで良かったです。

20161206_b.jpg
<展望所からの風景>

予定ではこの絶景地までで下山することになっていましたが、ここまで来たら頂上はあと少し。有志で登ることになりました。20分ほどの急登の末、13時に無事登頂。眺望はありませんでしたが、登頂したという達成感は何にも代え難いものがありました。山頂からさらに経ケ塚山、熊ケ岳へと縦走するコースがあるそうです。

20161206_c.jpg
<音羽山山頂>

下りは違うルートを取り、30分ほどで観音寺へ戻って来ました。
お昼休みと同じお部屋で休憩。今度はホットコーヒーをいただきました。温かいおもてなしに感謝しきりです。14時過ぎ、大変お世話になった観音寺を辞して下山しました。

20161206_d.jpg
<本堂前で集合写真>

15時過ぎ、「崇峻天皇倉梯岡陵」に到着。木々も色づき、大変静かで落ち着いた雰囲気です。すぐ横に金福寺というお寺があり、倉梯柴垣宮のあった場所と考えられています。崇峻天皇の本当の陵は赤坂天王山古墳、藤ノ木古墳など諸説あるそうですが、『日本書紀』には崩御の当日に葬られたことが、『延喜諸陵式』には陵地、陵戸がないことが記されており、謎が多いです。

20161206_e.jpg
<崇峻天皇陵>

15時半、多武峰街道沿いにある「式内 下居神社」の鳥居前に到着。

20161206_f.jpg
<下居神社>

ここから本殿までは約500メートルの距離がありました。下、浅古、倉橋の三地区の境に位置し、旧村社で式内社。ご祭神として彦八井耳命を祀るそうです。この地にゆかりのある崇峻天皇の皇子・蜂子皇子は出羽三山の開祖となり、そこで当社と同名の「下居社」を祀ったのだそうです。はるか遠い出羽三山と大和のつながりを感じることが出来るこちらの神社。境内には「いにしへの 皇子のみ跡 訪ぬれは 出羽三山に 下居大神」の句が刻まれた碑が立っていました。
下居神社をあとにし、聖林寺バス停に到着。さほど待たずに乗車することが出来、16時過ぎに桜井駅に到着しました。
ここで解散。結局一度も傘を使うことなく活動を終えることが出来ました。観音寺のご住職さんの「一番いい時に来られましたね!」のお言葉通り、深まる秋の一日を満喫。少しハードな活動でしたが参加者の皆さん、おつかれさまでした。

写真 小林誠一 文 藤原麻子
posted by 奈良まほろばソムリエ at 23:03| Comment(0) | 探訪G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする