2018年03月11日

東京の古墳巡り 〜南武蔵の首長墓群を訪ねて〜

東京にも古墳がある。しかも4世紀前半に造られた100m級の前方後円墳が。

関東グループでは「関東にある奈良」をテーマに、これまで関東各地の国府跡・国分寺跡・古墳などを訪ねてきたが、2月11日、メンバー8人が参加し、大田区から世田谷区にかけて多摩川沿いに広がる「田園調布古墳群」「野毛古墳群」を訪ねた。

20180311_01.jpg

スタートの東急多摩川駅から5分ほどの「多摩川浅間神社」。北条政子が源頼朝の武運を富士に祈ったのが創建の由来という。境内から多摩川越しに富士を望むロケーションは素晴らしい筈だがこの日は残念ながら見えず、残念。実は、ここは「浅間神社古墳」(5世紀末~6世紀初頭、前方後円墳・長さ約60m)の上、本殿が後円部墳頂に建っている。ただし、今では前方部は東急線でそっくり削られてしまっている。

20180311_02.jpg

多摩川沿いの尾根に広がる多摩川台公園。ここに100m級の前方後円墳「亀甲山(かめのこやま)古墳」(4世紀末〜5世紀初頭)がある。この古墳は本格的な調査はされておらず、さらに立ち入りも禁止されているため、後円部と前方部の高さがあまり違わないことや、中ほどのクビレの部分もよくわかり、比較的元の形を保っているように見える。

20180311_03.jpg

亀甲山古墳の脇には、大田区内の4〜6世紀の古墳のことがまとめてわかる古墳展示室がある。古墳内部を模した展示コーナーが見所。

20180311_04.jpg

多摩川台公園の中ほどに直径20mに満たない円墳や小さな前方後円墳が8個並んだ「多摩川台古墳群」(6世紀前半〜7世紀前半)がある。それぞれ横穴式石室を持ち、遺物の一部は古墳展示室で見ることができる。

20180311_05.jpg

公園の一番北側に、もう一つの100m級前方後円墳「宝莱山古墳」がある。田園調布古墳群の中で最も初期(4世紀前半)というから、最古の箸墓古墳から半世紀余り後には造られていたことになる。しかし、戦前の田園調布の住宅開発で後円部から鞍部がほとんど削られてしまった。掘削工事の最中に粘土で覆われた木棺が出土している。案内板が無いと古墳とは気づかないかもしれない。

20180311_06.jpg

昼食をとった「兵隊家」という田園調布の蕎麦屋。戦前に住宅開発された田園調布には軍関係者の入居が多かったとか。それも店の名前の由来らしい。

20180311_07.jpg

世田谷区に入って、「八幡塚古墳」(5世紀中)は直径30mほどの帆立貝型古墳。宇佐神社裏山の雑木林の中で住宅地に囲まれながらも異空間を保っている。

20180311_08.jpg

「狐塚古墳」(5世紀後)は今や区の緑地公園として整備され、周囲をコンクリートで固められている。案内板によると、墳形が円墳なのか帆立貝型なのか最終確認されておらず、粘土で覆われていると推定される木棺もまだ掘り出されていないとある。

20180311_09.jpg

「御岳山古墳」(5世紀中期)も住宅街の一角にある。向かいの等々力不動尊で許可をもらい墳頂まで登ることが出来た。規模は野毛大塚古墳に次ぐ直径57mの帆立貝型前方後円墳とされ、戦前の調査で周りに7個の鈴の付いた鏡(七鈴鏡)が出土している。

20180311_10.jpg

「等々力渓谷横穴墓」は、等々力渓谷の壁面に古墳時代から奈良時代にかけて使われ、須恵器や土師器とともに複数の人骨も発見されているという。第3号横穴墓はガラス越しに内部を見ることが出来るが。他は埋まってしまったのか見つけることが出来なかった。

20180311_11.jpg

直径60mの「野毛大塚古墳」は、野毛古墳群の中で最も大きく、玉川野毛町公園内にきれいに再現されている。墳頂にも簡単に登れる。墳丘上からは、裾にとりついた小さな帆立貝型の前方部や造出部の様子が見える。ここの出土品は、一昨年秋に国の重要文化財に指定され、東博でも一部公開された。

見てきたこれらの古墳を築造年代順に並べると、宝莱山→亀甲山→野毛大塚→八幡塚→御岳山→浅間神社→狐塚→多摩川台古墳群となるらしいが、初期にこそ100m級があるものの、南武蔵の古墳は次第に小さなものになっている。これに比べ、北武蔵の埼玉古墳群(行田市)には逆に大きな古墳が築造されるようになった。

6世紀半ば、武蔵国の覇権をめぐって南武蔵と北武蔵で争った歴史の舞台は、大都会東京に飲み込まれながらもかろうじて残っていた。ここから新たな歴史の光が見えてきたら嬉しいなと実感した探訪だった。

関東グループ  原 英男  撮影:宮下 清、西田 暢秀、原 英男

posted by 奈良まほろばソムリエ at 21:44| Comment(0) | 他国便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

王寺町・香芝市を訪ねて

歴史探訪グループの2018年最初の例会は「王寺町・香芝市を訪ねて」。
2月4日(日)小雪の舞う「JR王寺駅」に25人が集合しました。

まずは駅に隣接した「りーべる王寺」5Fにある王寺町観光協会で本日のコースを予習。その後王寺町一押しのゆるキャラ「雪丸」の足跡に沿ってまず「達磨寺」に向かいます。「達磨寺」では観光ボランティアの方から聖徳太子の「片岡山飢人伝説」や本堂内の仏像、境内の3基の古墳、修復勧進中の「方丈」などの説明を伺いました。

20180224_01.jpg
達磨寺本堂にて

20180224_02.jpg
達磨寺仏像

達磨寺から明神山の登り口へは奈良交通のバスで移動、厳寒の中、快適に距離と高度を稼ぎます。登山口の鳥居をくぐり、舗装された快適なハイキングロードを歩いて約30分で明神山山頂へ、歩いたおかげで温まった体も、立ち止まると強風で身も縮こまる寒さ!!それでもその強風のおかげか見通しは抜群。西は「明石海峡大橋」北は「比叡山」やその奥の「比良山系」まで360°の眺望を楽しめました。

20180224_03.jpg
明石海峡大橋

20180224_04.jpg
比叡山と比良山系

20180224_05.jpg
明神山の幸せの鐘

寒さのため昼食休憩もほどほどに切り上げ登山口へ戻り、「畠田古墳」へ、ニュータウンのすぐ脇に隠れた横穴式石室を持つ円墳を見学後、更に下って、香芝市に入り「尼寺廃寺」跡へ到着。

20180224_06.jpg
畠田古墳

日本最大級の塔の礎石が発見された現地は近年、史跡公園として整備され、併設された学習館では、発掘で分かった塔基壇の版築の断面などが見学できます。

20180224_07.jpg
尼寺廃寺跡

ここから磯長へ続く「太子道」に沿って南へ向かいます。少しそれて「平野1・2号墳」を道から眺めて「平野塚穴山古墳」へ、高松塚古墳にも通じる精緻な横口式石槨を見学しました。

20180224_08.jpg
平野塚穴古墳

太子道をさらに南へ、悪名高き「武烈天皇陵」、「志都美神社」を経て「念通寺」の不動明王石仏でこの日の見学は終了。JR「志都美」駅に戻って解散しました。

20180224_09.jpg
武烈天皇陵

天候には恵まれましたが、とにかく寒かった。参加者の皆様は風邪などひかれませんでしたでしょうか。

歴史探訪グループ  文・写真 小林誠一

posted by 奈良まほろばソムリエ at 09:53| Comment(0) | 探訪G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

長谷寺の「だだおし」 見学記

長谷寺は西国33所観音霊場第八番(真言宗豊山派総本山)の寺で、毎年2月14日に追儺会(だだおし法要)が行われている。

「だだおし」とは「修二会」の最終日に行われる鬼追いの儀式。開山徳道上人が閻魔大王より授かったとされる「檀拏印」(だんだいん)を押印し、法力を宿した「牛玉札」(ごおうふだ)の力により大松明を持った赤鬼、青鬼、緑鬼を退散させる行事。(長谷寺ホームページより)

行事は午後3時頃から法要が行われ午後5時過ぎ頃まで行事が行われる。

今回は、2月の寒中にも係わらず小春日和で見学の方々は例年に比べて多く見受けられました。法要の行事のチャンスを捉えようと多くのカメラマンがひしめきあい、シャッターを一生懸命切っている姿が印象的でした。

20180217_01.jpg
<階段の上には立派な長谷寺の仁王門が建ちます>

20180217_02.jpg
<長谷寺を印象付ける石段の登廊の様子>

20180217_03.jpg
<法要行事のために焚かれた火>

20180217_04.jpg
<参拝者・法要見学の方々は次々とつめかける>

20180217_05.jpg
<法要の行事が始まり参拝者は手を合わし・合掌>

20180217_06.jpg
<最初は青鬼が登場。回廊を3周回ると次第に鬼は弱っていきます>

大松明は、長さ一丈五尺余り(約4.5m)重さ30貫7超(約120キロ)という巨大なもの。本堂の周囲に火の粉を散らして東の広場に出ると、暴れ回った鬼達は何処ともなく退散する。(長谷寺ホームページより)

20180217_07.jpg
<勢いよく燃え盛る大松明に圧倒される>

20180217_08.jpg
<多くのカメラマンが法要行事に殺到する> 

青鬼は左回り。緑鬼は右回り鬼の後には松明がついていきます。両者の青鬼と緑鬼はお互いに逆同士に回るので途中で交差します。本堂内では僧侶さんがお札で鬼を弱らせ、回廊では松明の炎で鬼達を弱らせます。

20180217_09.jpg
<クライマックス赤鬼の登場。他の鬼よりひときわ大きい顔の赤鬼。迫力十分>

鬼が登場する場所はロープで確保されています。回廊に飛び散った火の粉は寺の関係者が水で直ちに消し止める。

20180217_10.jpg

20180217_11.jpg
<午後5時過ぎごろには今年のだだおしも終了、本坊へ向かいます>

奈良には様々な伝統行事が多く残されています。ここ長谷寺にもこのだだおしが終われば、もうすぐ春の訪れも聞こえます。

2018年2月14日に行われた桜井市長谷寺のだだおし行事の見学記でした。


文・写真  保存継承グループ  橋詰 輝己
posted by 奈良まほろばソムリエ at 11:35| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

大和ハープの調べで寿ぐ新年会

1月20日(土)、女性グループ(ソムリエンヌ)14名の参加による新年会がありました。
今回は中部公民館で井藤和美先生の大和ハープの演奏会と登大路ホテルでの昼食会という新年会でした。

20180127_01.JPG
(中部公民館にて)

大和ハープの演奏会は、昨年NHKテレビで放映された井藤先生の演奏を見た幾人かの会員の強い要望で実現されました。「星に願いを、テネシーワルツ、川の流れのように、月の砂漠、北の国から、糸・・・」と優しく美しいハープの音色が、心に沁みわたりました。

20180127_02.JPG
(井藤和美先生による大和ハープの演奏)

奈良で生まれた大和ハープは、「河合町からハープを世界に」という思いで、伊藤忍さんが奈良の桜の花びらをイメージに制作されました。響鳴箱はローズウッド、上にあるネックという花びらの形の部分はマホガニー、弦の下の板はスプレースという材木を用いたアイリッシュハープです。6sという軽さの小型のもので、誰もが弾きたくなるようなハープです。井藤先生は、子供から年配者まで喜んでいただき、いろんな方々との出会いを大事にしていきたいとおっしゃっていました。

20180127_03.JPG
(大和ハープ)

演奏のあと、ハープに触れる機会があり、皆笑顔いっぱいにつま弾くことができました。

20180127_04.JPG

20180127_05.JPG

20180127_06.JPG

ハープの歴史は古く、ポンペイに残る壁画にも描かれており、中国では竪琴といわれ、日本にも伝わり、正倉院に残る箜篌(くご)も竪琴の一種です。ハープに親しむ新年会は心に残るもので、新春を寿ぐのに相応しいものでありました。

20180127_07.JPG

20180127_08.JPG
(登大路ホテルThe・Diningにて)

演奏会が終わり、場所を登大路ホテルに移し昼食会があり、大和野菜や牛フィレ肉等を美味しくいただき、お開きとなりました。
    
(文) 平越真澄 (写真) 友松洋之子 寺田麻美 道ア美幸

posted by 奈良まほろばソムリエ at 11:32| Comment(0) | 女性G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

2018年1月1日「大神神社の繞道祭(御神火まつり)」見学記

(国内で歳始めの一番最初の祭り行事)

日本最古の神社である大神神社は、大物主命を祀る三輪山を御神体としている。平和の神・福の神・酒の神・薬の神として崇められており年間を通じて多くの参拝者が訪れる。

繞道祭(にょうどうさい)は、1年の始まりである1月1日午前1時から古式に従い執り行われる神事である。大和年中行事の諸本によれば、明和3年(1766年)の神事勤行日記に記されており、繞道祭とは御神火をもって境内諸社をめぐることから今では御神火まつりと言われ国家・御皇室の安泰と国民の幸福を祈って行われる。繞道祭に用いられる御神火は新年の始まりの午前零時より、拝殿の東方、禁足地内で宮司により切り出されて、拝殿大床の燈籠に移される。祭典では宮司祝詞の後、御神火を小松明に移され、拝殿前の斎庭で3本の大松明に火が継がれる。3本の大松明は先入道・後入道と称される(長さ3m)と少し小さめの神選松明の3本を氏子の若者が担ぎ、神職と共に山麓に鎮座する摂末社19社を巡拝する。(大神神社の繞道祭説明より)

20180106_01.jpg

拝殿前には3本の大松明が置かれている。(見た目は3m以上あるように思われる)。新しい年の戌干支も掲げられている。(午後11時ごろ)
氏子によると、1本長さ約3m、重さ160Kg、材料は松の薄板と竹とのこと。

20180106_02.jpg

午前零時をもって新年(2018年)の始まりです。早々新年の参拝が始まりました。(午前零時)

20180106_03.jpg

拝殿内では神事に大忙しの巫女さんたち(午前零時10分ごろ)

20180106_04.jpg

大松明の担ぎ手、氏子も宮司祝詞に耳を傾ける (午前1時45分ごろ)
 
20180106_05.jpg

重いので数人の氏子たちによって拝殿前の庭に降ろされる。(午前1時50分ごろ)

20180106_06.jpg

いよいよ大松明に御神火が移されている。(午前2時ごろ)

20180106_07.jpg

3本の大松明に移されこれから三輪山麓の摂社に巡拝に向かいます。この後我々一行は、摂社の一つである檜原神社に先回りしました。(午前2時15分ごろ)

20180106_08.jpg

最後の摂社檜原神社に大松明が入ってくる。折り返し地点の檜原神社に到着。(午前3時ごろ)

20180106_09.jpg

新しい大松明に後神火が受け継がれている。(午前3時30分ごろ)

20180106_10.jpg

氏子たちによって一路、後半の巡拝に向かう。(午前3時40分ごろ)

20180106_11.jpg

末社の富士神社・厳島神社で行われている神事。(午前4時10分ごろ)

20180106_12.jpg

厳かで神聖なる神事は未明まで執り行われる。遠くには大神神社の鳥居が見える。(午前4時ごろ)

ちなみに(繞)とは、(めぐる)という意味で、この御神火拝載所に移されると、待ちかねていた参拝者が持参の火縄やカイロに移しとりそれぞれ家に持ち帰るそうです。


(感想)今回初めての繞道祭でしたが、厳かで古来より受け継がれてきた伝統の重みをひしひしと感じ取ることができました。夜の神事でなおさらその趣きが強く印象に残る行事でした。会員の方々もぜひ一度は、見学をお勧めします。

今回の大神神社の繞道祭(御神火まつり)の見学は夜中の行事につき、地理的に弱い我々にとって地域に非常に詳しい奈良まほろばソムリエの会 地元桜井在住の東田理事さんのご案内のもと実施となりました。東田さんには同行、ご案内をいただきましてありがとうございました。

(文・写真)  保存継承グループ   橋詰 輝己

posted by 奈良まほろばソムリエ at 10:34| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする