2019年06月22日

女性グループ(ソムリエンヌ)拓本講座

5月26日(日)奈良女性センターにて、拓本の基礎知識や技法、拓本に必要な用具作り講座を実施しました。拓本の起源は古く、中国の唐の時代より前から始まったと考えられるそうです。

拓本の技法には湿拓と乾拓とがありますが、今回の講座では湿拓を学習しました。
湿拓法で一般的に知られているのが魚拓ですが、被拓物(刻石など)に墨をぬって紙に写しとる方法では、被拓物を汚し、大切な文化財を汚損してしまうことになります。また、とった文字も左文字となるのでNGな方法です。

20190622_01.JPG
ソムリエの会、会員前田昌善氏による特別講座です。まずは湿拓に用いるタンポ(丸めた綿を薄手の絹で包んだもの)の大と小、一個ずつを作ります。
タンポは書画でいう筆と硯の役目をする道具です。

20190622_02.JPG
<てるてる坊主を作る要領です>
拓本には欠かせない必須アイテムのタンポ作りです。表面に凹凸やシワのできないよう注意が必要です。

20190622_03.JPG
<板に彫られた百人一首や短歌を採拓します>

20190622_04.JPG
<名作を拓本にした作品のお披露目>
講師の手直しもあって、ようやく完成です。
早春賦・幾山河(若山牧水)・百人一首より、天の原 ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に 出し月かも(阿倍仲麻呂)

20190622_05.JPG
6月2日(日)拓本講座の第2回目です。
三輪の檜原神社から西へ下った、井寺池(桜井市茅原)周辺で実施しました。
拓本をとる気象条件は、風のない曇天が望ましく、適度に湿度があり、風の無い穏やかな日が好適です。この日はまさに条件ピッタリの拓本日和でした。

20190622_06.JPG
先週のおさらいを兼ねて、拓本のとり方のお手本を見ながら手順を頭に入れます。
さすが手慣れたもので、サクサクと作業をされています。
注意事項を受けたあと、各グループに分かれて、三々五々採拓をスタート!

20190622_07.JPG
<大和は国のまほろば たたなづく青垣山ごもれる大和し美し 倭建命 (川端康成揮毫)>
お互い協力し合いながら、和気あいあいと作業を進めていました

20190622_08.JPG
<かぐ山は 畝火ををしと 耳成と 相あらそひき 神代より かくなるらし いにしへも  しかなれこそ うつせみも つまをあらそふらしき 天智天皇(東山魁夷揮毫)>
拓本にすることで見えにくかった文字が鮮明に浮き上がっています。

20190622_09.JPG
<三諸は 人の守る山 本辺はあしび花咲き 末辺は 椿花咲く うらぐはし山ぞ 泣く児守る山 (久松潜一揮毫)>
こまかい部分が打ちこめなかったり、紙が破れてしまったり。簡単なようで、体力と根気の必要な作業です。

20190622_10.JPG
<いにしへに ありけむ人も わが如か  三輪の桧原に かざし折りけむ 柿本人麿(吉田富三揮毫)>

20190622_11.JPG
≪井寺池をバックに記念撮影≫
同じ碑を採っても、それぞれ個性が際立ちます。
拓本は天候に左右されたり、管理者の許可を得たり、限られた状況のなかで行う苦労の多い作業です。拓本をマスターするのは一朝一夕ならずと痛感しました。
いつか表装できるよう、腕を磨きたいと言う声もありました。


文・写真 女性グループ(ソムリエンヌ)道ア美幸
posted by 奈良まほろばソムリエ at 10:43| Comment(0) | 女性G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

記紀万葉サークル6月例会(屋外活動)「大安寺界隈を歩く」

6月8日(土)出席者27名

当日の行程
JR奈良駅―(バス移動)―神殿―東市想定区域―辰市神社―姫寺廃寺跡−大安寺塔院跡−大安寺―大安寺旧境内―杉山古墳―大安寺墓山古墳−野神古墳(解散)

今回は、久しぶりに大人数でのFWとなった。近場で半日の行程というのも良かったのだろうか。

20190621_01.JPG
(東市跡を行く参加者たち)

今回のエリアは、平城京での位置が判りやすく、現状との対比においても興味深いものだった。

東市は左京八条三坊、八条大路に面して4町を占めたとされる。一方西市は右京八条二坊、八条大路に面して4町を占めた。朱雀大路に対してこの非対称の位置取りは何故だったのか。恐らくは、今は消滅した東堀川をもう一坊西に寄せる困難さに原因があったのか。東堀川の源流が佐保川ではなく菩提川であった左証でもあるだろう。現在の東市跡の景観においては、広大な畑地が大路沿いの古い町家と現代の小規模開発の宅地に侵食されてゆく有様が印象的である。

20190621_02.JPG
(大安寺東塔跡にて)

大安寺は左京六条、七条に跨っておよそ16町を占め、伽藍を3重の僧房が取巻き、800人余の僧侶が居住する大寺院であった。特徴的なのは伽藍配置で、南大門と塔院を六条大路が隔て、南大門から見ると遥か南の塔院に七重の両塔が聳えていた。基壇規模は21m四方、高さ1.8m(現状は1m強が地中に埋まっている形で復原)というから凄い。

20190621_03.JPG
(南門を出る参加者たち)
 
現南門は旧南大門跡に当たる。南大門の規模は正面5間(約25m)奥行き2間(約10m)と朱雀門に匹敵する。現境内北に旧境内の経楼跡・北面中房の跡が復原表示されているが、部分的で判りにくい。

20190621_04.JPG
(杉山2号瓦窯復元模型を見学)

大安寺北方の杉山古墳(5C中頃、150mの前方後円墳)は旧境内に取り込まれ、740年代に成立した「資材帳」には池幷岳と記録されている。前方部には数基の瓦窯が構築され、寺の修理に必要な瓦を焼いたと見られる。2号窯の復元模型が傍らの施設で展示されている。

杉山古墳の東にある大安寺墓山古墳(5C中頃、80mの前方後円墳)は古墳らしい隆起はあるものの、近世からの墓地に隙間なく覆われ、言われなければ古墳とは気付かないだろう。

20190621_05.JPG
(野神古墳の石室と石棺)

更に東の野神古墳(5C中〜末、50〜60mの前方後円墳)である。墳丘はひどく改変されてしまったが、近世まで「野神さん」として祀られていたお陰で後円部が守られたのだろうか。竪穴式石室の天井石(縄掛突起付き)と石室の東側壁が遺存しコンクリートと鉄格子によって保護されている。中には2m程の阿蘇ピンク石製の繰抜式石棺(長持ち型と思われる)が納まっている。市街地にこれだけのものが見られるのは稀有な例である。

上記3基の古墳を築造したのは当然ながら同一氏族だろう。さらにまだこれら古墳の2km圏内に、坂上山(油阪町)・頭塔下(高畑町)・吉備塚(同左)といった同時期の古墳もある。奈良盆地北東部、佐保川の左岸一帯に展開する一つの勢力圏を想定する必要があるだろう。

  
文・写真:記紀万葉サークル 田中昌弘


posted by 奈良まほろばソムリエ at 21:40| Comment(0) | 探訪G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

保存継承グループ 橿原市:御厨子観音「花祭り」見学記

5月12日午後、橿原市東池尻町の御厨子(みずし)観音・妙法寺で、「花祭り」が行われました。昭和の中頃から始まった祭事で、奉賛会会員たちの協力により、毎年欠かさず行われているということです。

20190527_01.jpg
<磐余の里を練り歩く稚児行列>

20190527_02.jpg
<あまりの暑さに冠を外してしまう「お稚児さん」。きれいな冠は親御さんたちの手に>

午後1時、お稚児さんの衣装を着た、3歳から小学低学年の子供たちによる稚児行列が御厨子観音を出発。天香久山の麓、磐余(いわれ)の池跡近くなど、のどかな農道を10人ほどの僧侶を先頭に、親御さんに手を引かれた25人の稚児たちが神妙な面持ちで歩いていました。五月晴れに恵まれましたが、気温は夏日を思わせるほど上昇。あまりの暑さに、行列の途中で被っていた冠を外す子もいました。

20190527_03.jpg
<稚児行列が終わると、本堂前で読経が続き、散華をまく作法が>

15分ほど歩いて境内に戻ってくると、僧侶により散華がまかれました。稚児たちは競って散華を拾い、お母さんたちに渡していました。第二日曜日は、母の日。素晴らしいプレゼントになったことでしょう。本堂に僧侶たちが上がると、堂内で稚児たちへの加持が行われました。一人ひとり順番を待ち、小さな手を合わせて祈祷を受けました。一願祈祷ということで、何か一つ、お願い事をしたのでしょうか。

20190527_04.jpg
<本堂に上がり、加持を受ける稚児たち。神妙な面持ちで小さな手を合わせる姿が可愛い>

20190527_05.jpg
<本尊十一面観音の御前で僧侶たちによる大般若経の転読法要>

2時ごろから、いよいよ本尊十一面観音の御前で僧侶たちによる大般若経の転読法要が営まれました。大般若経の経本を、高く持ち上げた片方の手からもう一方の手にパラパラとめくっていく、迫力ある独特の転読が続きました。

20190527_06.jpg
<吉田明史住職が御厨子観音創建や磐余の里の歴史なども交えて法話>

法要が終わると、吉田住職から「御厨子観音妙法寺は、吉備真備が遣唐使として入唐し、学芸を修めて無事に日本に帰ることできたことに感謝して創建されました」という寺伝や吉備真備の功績が語られました。

20190527_07.jpg
<参道脇には、磐余の池を詠んだ大津皇子の辞世の句の歌碑が>

また、「御厨子観音横に広がる空き地が、発掘調査により、謀反の疑いで若くして絞首刑となった大津皇子が辞世の句に詠んだ磐余の池跡であることが明らかになった」など、磐余の里にまつわる古代史にまで話が及びました。

20190527_08.jpg
<私服に着替えた子供たちが、境内端に設けられた金魚すくいやスーパーボールすくいを>

すべての行事が終わると、境内端に準備されていた「金魚すくい」と「スーパーボールすくい」で、子どもたちは大はしゃぎ。思い出の一日になったことと思います。


文・写真  保存継承グループ 小倉つき子

posted by 奈良まほろばソムリエ at 19:56| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

女性グループ(ソムリエンヌ)春休み家族体験教室「集まれ!ちびっこ探検隊IN東大寺・五劫院」

20190425_01.png
3月27日、春休み期間を利用しての家族体験教室「集まれ!ちびっこ探検隊in東大寺・五劫院」を開催しました。
まだ肌寒く、時折薄日が差す空模様の下、本日の参加者13名が東大寺ミュージアム前に集合しました。今回は奈良を代表する観光名所東大寺を案内しました。たいていの修学旅行や観光客は南大門と大仏殿の往復で次へと移動してしまう方が多いようですが、これはとても残念なことです。広大な境内には国宝に指定されている建造物を含め、古い歴史をもつお堂や見どころがたくさん有ります。東大寺の大きさを実感してもらいながら、教科書には載っていない東大寺の豆知識などを楽しく学びながら探検をしました。

20190425_02.JPG
東大寺境内マップ。@〜Fの順番に回ります。

20190425_03.JPG
探検用に配った手作りの望遠鏡。

20190425_04.png
猫段、またの名を猫坂。東大寺大仏殿東側にある階段です。
ここで転ぶと生まれ変わったらネコになってしまという伝説もあるのだそうです。
ネコになりたくない子供たちは慎重に転ばないように登りました。

20190425_05.png
大仏殿の東の高台には鎌倉時代建立の堂々とした鐘楼が見えてきます。この梵鐘は大仏開眼の祈りに初めて鳴らされました。「奈良太郎」の愛称でも親しまれています。
鎌倉時代の武将朝比奈三郎が梵鐘を撞いたところ三日三晩、鐘の音がなりやまなかったので、その後は鐘木があたる撞座の下を撞くようになったという伝説が残されています。

20190425_06.png
こんなところにネコになってしまった人が…。子ども向けの楽しい演出もありました。

20190425_07.png
法華堂(三月堂)
外見は1棟のように見える建物ですが、寄棟造りの正堂と、重源上人によって増築された礼堂が一体となっています。
もともとは正堂と礼堂が軒を接して建つ配置でしたが、鎌倉時代に、礼堂を入母屋造りに改築して2棟をつないだもの。さて・・つなぎ目はどこでしょう!?
二月堂拝観後は、土塀に囲まれた静かな二月堂裏参道を通って、大仏殿の裏へ続く風情のある道を散策します。

20190425_08.png
正倉院
歴史の教科書で習った正倉院も東大寺の建物です。この日は平日だったので正倉外構を正面から見学しました。

20190425_09.png
転害門
かつて東大寺境内の西側にあった三つの門のうちの現存する唯一の門です。
節のある珍しい柱や注連縄のことを学びます。

全ての見学を終え、探検隊一行は東大寺の末寺五劫院へと向かいます。
五劫院では、修行した期間を髪型であらわした、おかっぱにも鉢をかぶったようにもみえる、阿弥陀さま(五劫思惟阿弥陀仏坐像・重文)がいらっしゃいます。
同寺のご厚意で特別に拝観させていただきました。

20190425_10.png
子ども支援活動のフィナーレは、恒例となった「奈良まほろばかるた大会」です。
奈良まほろばかるたを使って、今日の東大寺散策を振り返ります。
【に】二月堂春を告げるお水取り
【ら】蘭奢待(らんじゃたい)天下一の名香収める正倉院
【る】盧舎那仏(るしゃなぶつ)は東大寺の大仏さん

20190425_11.png
かるた大会優勝者。

20190425_12.png
参加者全員で記念撮影
  
文・女性グループ 道ア美幸 写真・横井洋子

posted by 奈良まほろばソムリエ at 21:25| Comment(0) | 女性G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

保存継承グループ 明日香村:飛鳥寺の「花会式」見学記

日本最古の仏像「飛鳥大仏」をまつる飛鳥寺で、お釈迦様の誕生をお祝いする「花会式」(灌仏会・花まつり)が4月8日に行われました。この日は各地のお寺で花会式が執り行われますが、日本で最初に花会式が行われたのは同寺とされます。

飛鳥寺は推古4年(596年)、日本に伝えられた仏教を保護した蘇我馬子の発願により国内初の本格的な寺院として建立されました。本尊の釈迦如来坐像(重要文化財)は推古17年(605年)、鞍作止利による銅造丈六(一丈六尺)仏で、飛鳥大仏の名で親しまれてきました。鎌倉時代、建久7年(1196年)の火災で伽藍の大半が焼失し、現在の本堂は江戸時代に再建されたものです。

4月8日朝は雨も相当降りましたが、午後2時の法要が始まるころは、春の日差しが降り注ぐ素晴らしい天候となりました。

20190420_01.JPG
<境内の入り口には花会式の看板も取り付けられていました>

20190420_02.JPG
<境内では、お寺の方による甘茶のふるまいがありました>

20190420_03.JPG
<本尊の釈迦如来坐像前には花会式の準備が整っていました>

20190420_04.JPG
<本堂の前では、釈迦誕生仏に甘茶をかけることができました>

20190420_05.JPG
<午後2時から花会式法要が行われています>

20190420_06.JPG
<本堂内で読経が続く中、招待の方々が釈迦誕生仏に甘茶をかける灌沐(かんもく)が行われています>

20190420_07.JPG
<続いて一般参列者の釈迦誕生仏への灌沐が行われます>

20190420_08.JPG
<堂内では僧侶による散華(さんげ)が行われます>

20190420_09.JPG
<法要の後は、特別講演で「大仏様の履歴書」と題して大阪大学文学研究科の藤岡穣教授の講演が行われました>

平成25年から28年にかけて飛鳥大仏の蛍光X線による青銅の組成分析が行われ、体部は火災後の補修によるものとみられるが、面部と右手は当初材と推定されるということです。

20190420_10.JPG
<花会式は午後4時には無事終了、1時間の講演も含め、大仏様の前で貴重な体験をすることができました。>

今回の花会式は、満開の桜の下で行われ、時折吹く明日香風に乗って桜の花吹雪が舞い散り、お釈迦様のご加護をひしひしと感じ取ることができました。


文・写真 保存継承グループ 橋詰輝己

posted by 奈良まほろばソムリエ at 16:22| Comment(0) | 保存G | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする